地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

お知らせ

2014年03月25日

消費税

いよいよ年度末が近付き、4月1日より消費税が3%アップします。
昨年末頃から、今回の消費税の改定を予想して、様々な物が激しい動きを見せていました。
弊社の商品に対しても、何となく消費税アップ前の需要があるように感じられます。

続きを読む "消費税" »

2014年03月11日

東日本大震災

東日本大震災の発生から、満3年を迎えました。
マスコミ各社は、連日各地の現状を伝えていますが、まだまだ復興が続いており、震災に遭われた方々は苦労をされていることと思います。

続きを読む "東日本大震災" »

2014年03月06日

伊勢神宮

3月4日、商工会議所食品部会視察研修会に参加して、AGF鈴鹿株式会社の工場見学と伊勢神宮内宮への参拝をさせてもらいました。

続きを読む "伊勢神宮" »

2014年02月27日

大垣市観光物産展

先週2月20日から23日までの4日間、イオン名古屋ドーム店において、大垣市観光物産展が開催されました。

続きを読む "大垣市観光物産展" »

2014年02月12日

城下町シンポジウム

9日の日曜日に、大垣市観光協会主催による「日本どまんなか城下町大垣シンポジウム」が開催されました。

続きを読む "城下町シンポジウム" »

2014年02月05日

新年初しぼり

平成25酒造年度の仕込は、12月中にほぼ半分が終わり、年が明けてからは、吟醸酒を中心とした清酒の仕込が続いています。
その第一号として、昨日、「白川郷上澄み」が出来上がりました。
弊社のしぼり機は、昭和の初めから使用している大変古い酒槽(ふね)で、数年前、酒蔵が国の登録文化財の指定を受けた際、共に文化財登録をされた非常に貴重な機械です。
長年の使用により相当傷んでいましたが、昨年、専門業者に修理を依頼し、今しばらく使用することが可能となりました。
三輪酒造が造るお酒は「にごり酒」が中心であり、搾りを必要とする清酒の比率は大変少ないのですが、やはり吟醸酒はじっくりと腰を落ち着けて造らなければなりません。
お陰様で、大吟醸は、昨年、全国新酒鑑評会で金賞を受賞することができました。
杜氏は、今年もそれを目指して頑張っています。
二年連続で賞を獲ることにより、初めて実力が認められると言っても過言ではありません。
是非ともいい結果となることを祈っています。

続きを読む "新年初しぼり" »

2014年01月29日

地域文化

26日の日曜日、4年間にわたり開催された大垣市文化事業団主催の地域文化コーディネータ育成講座が終了しました。

続きを読む "地域文化" »

2014年01月23日

インターネットTV

昨年以来、GINET(グレートインフォメーションネットワーク)の新規事業について、皆で考えてもらっています。

続きを読む "インターネットTV" »

2014年01月15日

出初式

12日の日曜日、新年恒例の大垣市消防出初式が開催され、私も防火教会協力会の会長として出席しました。
出初式は、例年、真冬の朝の行事であるため、消防団員を始め、参加者は大変ですが、皆さんの規則正しい行動を間近で見て、身の引き締まる気持ちを感じることが出来ました。

続きを読む "出初式" »

2014年01月04日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり誠にありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い致します。

続きを読む "謹賀新年" »

2013年12月24日

今年一年、誠にありがとうございました

いよいよ今年も終わりに近づきました。
弊社も、23日の天皇誕生日並びに28日土曜日も営業日として、今年最後の注文に対応するべく頑張っています。

続きを読む "今年一年、誠にありがとうございました" »

2013年12月17日

アベノミクス

第二次安倍政権が誕生して、一年が経過しました。
マスコミはいろいろ書いていますが、前回の失敗を考慮して、慎重な政権運営がなされ、結果、円安株高により、とりあえず、大企業はどこも最高益を記録する状況にあるようです。

続きを読む "アベノミクス" »

2013年12月11日

和食

今回、日本の和食がユネスコの世界文化遺産に登録されることになったというニュースが流れました。
京都の職人さんの運動が実ったようですが、輪の文化にはいろいろなものがあり、日本酒もその代表的なものの一つです。

続きを読む "和食" »

2013年11月28日

御歳暮

年末が近づき、いよいよ慌ただしくなってきました。
寒気が流れ込み、連日寒い日が続く中、お陰様でお酒の出荷も日ごとに増えて、社内にも活気が溢れています。

続きを読む "御歳暮" »

2013年11月18日

イベント

当地では、10月11月と、毎週のように様々なイベントが開催されています。

続きを読む "イベント" »

2013年11月12日

秋の火災予防週間

今週11月9日から15日まで、全国秋の火災予防週間です。
10日の日曜日、大垣消防本部において、今年初めて、消防フェスティバルが開催されました。
当日はあいにくの雨となりましたが、消防車が大好きな子供達が、親さんに連れられて、大勢参加をしていました。
11日には、市内の事業所の方々による初期消火大会が開かれました。

続きを読む "秋の火災予防週間" »

2013年11月07日

65歳

一昨日、お陰様で満65歳を迎えました。

続きを読む "65歳" »

2013年10月29日

組合事業

来月に開催される「西濃酒造組合」と「岐阜県酒造組合連合会」の総会に先立ち、それぞれ理事会が開かれました。

続きを読む "組合事業" »

2013年10月23日

展示会

昨日、東京赤坂のホテルニューオータニで開催された、日本酒類販売さんの首都圏展示会に参加してきました。

続きを読む "展示会" »

2013年10月16日

白川郷どぶろく祭り

14日に、酒飲み友達20人と、白川郷どぶろく祭りに行って来ました。

続きを読む "白川郷どぶろく祭り" »

2013年10月08日

消費税

101日に、安倍総理より、消費税8%への移行が発表されました。

続きを読む "消費税" »

2013年10月02日

日本酒の日

昨日101日の「日本酒の日」は、全国各地で、様々な催しが開かれました。
当地では、3年前の「日本酒の日」に、西濃酒造組合によるきき酒会を開催しましたが、今回はそれが来年春に先送りとなり、大変残念です。

続きを読む "日本酒の日" »

2013年09月25日

彼岸

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる通り、今年も、台風18号が去った後、朝晩はめっきり涼しくなりました。
8月はお酒の売れ行きも鈍かったようですが、ここに来て少しずつ注文が増えています。

続きを読む "彼岸" »

2013年09月17日

台風18号

昨日、台風18号が近くを通過しました。

続きを読む "台風18号" »

2013年09月10日

台湾

97〜9日に、大垣商工会議所情報委員会の研修旅行として、委員長以下総勢12名で台湾へ行ってきました。
私は30年前に一度訪問していますが、他の委員は、ほとんど初めての訪台だったようです。
半分は観光なのですが、研修として新竹サイエンスパークなど4ヶ所の視察があり、結構ハードなスケジュールでした。

続きを読む "台湾" »

2013年09月04日

楽天市場

世の中は、インターネットを利用した通信販売がますます勢いを増しています。
特に楽天市場は、総売り上げが2兆円を超えるところまで拡大し、大垣の街でも年間1億円を売り上げる業者が何社か出来ました。

続きを読む "楽天市場" »

2013年08月27日

酒蔵バル無事終了

24日土曜日、真夏の蔵開きイベント「酒蔵バル」が、申し分のない天候にも恵まれ、大盛況のうちに無事終了しました。

続きを読む "酒蔵バル無事終了" »

2013年08月22日

残暑御見舞い

残暑お見舞い申し上げます。

続きを読む "残暑御見舞い" »

2013年08月05日

酒蔵バル

今月24日に「三輪酒造 夏の蔵開き 酒蔵バル」というイベントを開催する事になりました。

続きを読む "酒蔵バル" »

2013年07月23日

市史編纂

大垣市においては10年前より、大垣市史の編纂事業に取り組んでおられます。
これまでに古代から現代までの全十巻が発刊され、今年度、総集編の発刊で終了する予定のようです。

続きを読む "市史編纂" »

2013年07月17日

参議院選挙

現在、参議院選挙が行われていますが、選挙区があまりにも大きく、今一つ実感がわきません。
しかし、今後の政治の流れを司る中で、自公連立政権が安定するかどうか、大事な局面であることは間違いないところです。

続きを読む "参議院選挙" »

2013年07月08日

社長交替

本日78日より、これまで社長を務めておりました私三輪史が会長へ、専務であった三輪研二が社長へと替わります。

続きを読む "社長交替" »

2013年07月02日

祝賀会

27日に、全社員が揃い、ささやかではありますが、全国新酒鑑評会金賞受賞祝賀会を開催し、皆で御祝をしました。

続きを読む "祝賀会" »

2013年06月17日

福井丹巌洞

19日の日曜日に、鉄心会で、福井市にある丹巌洞と養浩園庭園を訪問しました。

続きを読む "福井丹巌洞" »

2013年06月12日

白川村

10〜11日に、専務と供に、白川村へ行ってきました。

続きを読む "白川村" »

2013年06月04日

酒蔵ツーリズム

このところ、「国酒プロジェクト」など、日本酒の需要促進のために、国主導の様々な政策が施されています。

続きを読む "酒蔵ツーリズム" »

2013年05月29日

SNS

最近、フェイスブックやツイッターといったインターネットを使ったコミニュケーション手段が流行っています。
三輪酒造においても、少し前からフェイスブックを始めており、徐々に書き込みが増えてきました。

続きを読む "SNS" »

2013年05月22日

全国新酒鑑評会金賞受賞

この度、全国新酒鑑評会におきまして、弊社の道三吟雪花大吟醸がめでたく金賞を受賞致しました。

続きを読む "全国新酒鑑評会金賞受賞" »

2013年05月15日

大垣祭り

11、12日の両日、恒例の、大垣八幡神社例大祭大垣祭りが開催されました。

続きを読む "大垣祭り" »

2013年05月08日

大型連休

晴天に恵まれた5月の連休は、あちらこちらでいろんなイベントが開催されました。

続きを読む "大型連休" »

2013年05月01日

新酒鑑評会

全国の酒蔵では今年度の仕込みはほとんど終了しています。
しかし、弊社の仕込みはまだ続いており、この連休後に10本程残っています。

続きを読む "新酒鑑評会" »

2013年04月23日

佐藤杜氏

昔お世話になった越後杜氏 佐藤熊夫さんが、一昨日亡くなりました。

続きを読む "佐藤杜氏" »

2013年04月16日

酒蔵ツーリズム

昨年末、民主党政権の元で作られた「国酒プロジェクト」の仕組みが、現自民党政権においても形を変えて引き継がれる事となりました。

続きを読む "酒蔵ツーリズム" »

2013年04月10日

市長選挙

今月7日、大垣市市長選挙の告知がされました。
今回、2人の候補者が立ち、現在、12年ぶりの激しい選挙戦の真最中にあります。

続きを読む "市長選挙" »

2013年04月03日

新年度

いよいよ平成25年度が始まりました。
弊社は3月末の決算期ですので、事業会計も4月1日が年度始めとなります。

続きを読む "新年度" »

2013年03月27日

蔵開き 御礼

3月23日に開催しました春の蔵開きは、天候にも恵まれ、家族連れのお子様まで入れると千人近いお客様が来場されました。
ご来場くださいました皆様、いろいろな面でお手伝いくださいましたすべての方々に感謝申し上げます。

続きを読む "蔵開き 御礼" »

2013年03月24日

三輪酒造 春の蔵開き

 

三輪酒造 春の蔵開き
2013年3月23日(土)10:00〜15:00

 

 

続きを読む "三輪酒造 春の蔵開き" »

2013年03月22日

イベント

いよいよ、春の蔵開きまで一日となりました。
今回のようなイベントは、社員にとっては初めての経験でありますが、来場されるお客様に、いかにご満足いただけるか、いろいろ意見を出し合って準備を進めてきました。

続きを読む "イベント" »

2013年03月13日

東日本大震災2周年

東日本大震災から2年が経過した311日、全国で追悼式が行われました。
一瞬にして命を落とされた18,000人余りの方々の、3回忌となる日です。

続きを読む "東日本大震災2周年" »

2013年02月28日

春の蔵開き

323日土曜日に、三輪酒造の蔵開きを開催することになりました。
20年ほど前に、何回か酒蔵でのコンサートを開き好評を得ましたが、それ以来となる蔵開放です。

続きを読む "春の蔵開き" »

2013年02月25日

三輪酒造 春の蔵開き

323日(土)に、三輪酒造が蔵開きイベントをおこないます。
皆さま、お誘いあわせの上、是非、お越しください。
 

 
 

続きを読む "三輪酒造 春の蔵開き" »

2013年02月20日

今、日本酒が熱い!〜関西が生んだ奇跡の一滴〜

日本酒に関する内容のテレビ番組が放送されます
※東海地方のみ
 
『ビーバップ!ハイヒール』 メ〜テレ 221 24:55〜25:15
今、日本酒が熱い!〜関西が生んだ奇跡の一滴〜
※関西(ABC・朝日放送)で、27に放送された内容と同じです
  
  
かつては古くさいイメージのあった日本酒。だが、いまでは世界から注目され、番組司会のハイヒールをはじめ、女性の人気も高い。海外ではフランスの三ツ星レストランに日本酒リストが登場し、イギリスでは伝統ある国際ワインコンテストに日本酒部門が誕生。さらに、自ら日本酒を造るイケメン蔵元が次々と現れるなど、日本酒は多岐にわたり、進化している。そんな日本酒の一大生産地が関西であり、なかでも、透明な清酒が誕生したのは伊丹。  そこで今回は、日本酒利き酒師にしてワインソムリエの資格を持つノンフィクション作家の山同敦子先生が日本酒の魅力をたっぷりと紹介する。
 
まずは、全国の酒蔵を取材してきた山同先生が厳選した関西の日本酒を紹介。大阪の「呉春」や兵庫の「櫻正宗」など様々な日本酒のなかで、山同先生が個人的にオススメするのは・・・!?また、たむけんは「焼肉に合う日本酒」を教えてもらう。
 
江戸時代、伊丹では日本酒の歴史に大きな転換期をもたらした奇跡の事件が発生する。それは、清酒の誕生だった。これにより、庶民の酒文化が花開き、伊丹 の酒はブランド酒となって、江戸で大人気を博す。そして、一大ブランドを築き上げた伊丹の酒蔵家たちは大きな富を得る。しかし、そんな伊丹から、なぜ、人 気は灘へと移っていったのか!?江戸の人々に熱狂的に愛された伊丹のブランド酒盛衰の物語を紹介する。
 
関西にはかつて、織田信長や豊臣秀吉に愛された極上の酒があった。それは、河内長野の天野山にある金剛寺で造られた「天野酒」。飛鳥時代、高級な酒は寺で造られており、なかでも、黄金色を放つ天野酒は群を抜く味わいだったという。しかし、造るには相当の時間と手間がかかり、希少価値の高い天野酒は高貴な身分の者しか味わうことができなかった。戦国時代には織田信長や豊臣秀吉に愛され、時代を生き抜いてきた天野酒が、江戸時代、忽然と姿を消す。天野酒が幻の酒となった理由とは!?スタジオでは、再現された天野酒を一同で味わう。
 
また、スタジオにはイケメン蔵元3人が登場!それぞれが造る日本酒を紹介し、その日本酒とベストマッチするイチオシのマリアージュ料理を発表。モモコとチュートリアル徳井、たむらけんじが試食し、ベストマリアージュを決定する。
 

2013年02月19日

国宝犬山城

日曜日に、家族で犬山へ行ってきました。
犬山の街は、この20年くらいの間によく整備され、なかなかの街並みとなっています。
犬山へは、仕事を含めて何度も訪れているのですが、今回、初めて、孫達と一緒に犬山城に入りました。
お城の入り口では、武将隊の面々が鎧を着てパフォーマンスをしたり、城下町は、観光客で大いに賑わっていました。

続きを読む "国宝犬山城" »

2013年02月13日

初しぼり

正月明けに仕込みを始めた吟醸系清酒の、1本目の上槽がようやく終わりました。

続きを読む "初しぼり" »

2013年02月06日

アベノミクス

先の衆院選で自民党が圧勝し、安倍さんが首相に返り咲いて以降、円安株高が続き、輸出型企業の業績は上向きの傾向にあります。

続きを読む "アベノミクス" »

2013年01月31日

「長良川」酒蔵イベントのご案内

「長良川」醸造元の小町酒造さん(岐阜県各務原市蘇原)が、33日()に、酒蔵イベント(※有料)を催されます。
自然音楽が響く酒蔵の見学や、限定隠し酒・しぼりたて新酒の試飲販売他、蔵周辺の里山トレッキング、蕎麦打ちの実演、地元で有名な屋台グルメ出店、バイオリンやハーモニカ演奏、日本くま森協会さんの紙芝居&特設ブース見学など、楽しい企画が盛りだくさんです。
この機会に、是非、蔵を訪れてみてください。

続きを読む "「長良川」酒蔵イベントのご案内" »

2013年01月29日

寒波

先週から今週にかけて、日本列島全体が非常に厳しい寒波に見舞われ、日本海側では、かなりの雪が降っているようです。
当地でも朝晩の積雪を覚悟していたのですが、お陰様で大した事がなくてほっとしています。

続きを読む "寒波" »

2013年01月22日

風邪

毎日、寒い日が続いていますが、皆さんはお元気ですか。
私はいたって元気なのですが、正月に孫が風邪を引いて以来、家内や娘達は大変な思いをしています。

続きを読む "風邪" »

2013年01月18日

天の戸

先週、秋田県横手市の清酒「天の戸」醸造元・浅舞酒造株式会社の柿崎社長がお亡くなりになりました。

続きを読む "天の戸" »

2013年01月17日

「香の泉」蔵元見学会のご案内

「香の泉」醸造元の竹内酒造さん(滋賀県湖南市石部)が、2月11日(月・)に、蔵元見学会を催されます。
酒造りについて詳しい説明を受けながらの蔵内見学や、醸造期にしか味わうことのできない無濾過生原酒の試飲など、貴重な体験ができます。
ご興味のある方、是非、この機会に蔵を訪れてみてください。

続きを読む "「香の泉」蔵元見学会のご案内" »

2013年01月08日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は何かとお世話になり誠にありがとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

続きを読む "謹賀新年" »

2012年12月25日

年末のご挨拶

いよいよ今年も終わろうとしています。
今年一年いろいろお世話になりました。来年も何卒よろしくお願い致します。

続きを読む "年末のご挨拶" »

2012年12月19日

衆議院議員総選挙

総選挙の投開票が実施され、自民党の圧勝に終わりました。
しかし、今回の選挙の結果を見てみると、自民党が十分に支持されていたとはとても思えません。
民主党の不甲斐なさはもちろんですが、多党化してしまった事が、自民党に有利に働いたのは間違いないようです。
実際に自民党候補者の選挙事務所へ何回か顔を出していましたが、当番の割り当てで来ている人が多く、熱狂的な支援者は少なく感じました。
それを象徴するかのように、周りの人達からは、何となく冷めた言葉が多く語られていました。
二大政党を作る事を目指して取り入れられたのが小選挙区制という制度であったはずですが、対立軸となる政党が弱体化してしまった今回のようなケースは、国民にとって、非常に残念な事だと思います。
しかし、3年間にわたって野党を経験した自民党の先生方は、今後、同じ間違いを起こさないよう、しっかりと国政の舵取りをしてもらいたいものです。
やはり、国のリーダーがしっかりしないと、我々国民は困ります。
自分たちの進む方向を決める事が大変難しい時代ですが、若い人達が安心して暮らせる世の中になるよう努力したいものです。

2012年12月10日

天皇陛下大垣行幸啓

ぎふ清流国体の時に、天皇皇后両陛下が大垣市を訪問される予定でしたが、台風の影響により、急遽中止となり、市民一同、大変残念に思っていたところ、陛下から「近いうちに」というお言葉があったそうで、先週5日、そのお言葉どおり、新たなスケジュールで大垣をご訪問くださいました。

続きを読む "天皇陛下大垣行幸啓" »

2012年12月05日

衆議院選挙

いよいよ衆議院選挙が始まりました。

続きを読む "衆議院選挙" »

2012年11月27日

酒造組合総会

昨日、岐阜県酒造組合連合会の総会が開かれました。

続きを読む "酒造組合総会" »

2012年11月21日

地域活性化

この土日(1718日)に、大垣駅前通り商店街で、「21回 芭蕉元禄まるごとバザール」が開催されました。
土曜日はあいにくの雨でしたが、日曜日は好天に恵まれ、大勢の買い物客で賑わいました。

続きを読む "地域活性化" »

2012年11月14日

組織流通

昨日は久しぶりに大手卸さんの本社を訪問しました。
ここ数年、卸業界の規模が著しく拡大し、私達ような小さな蔵元が、それについていく事が難しい状況になっています。

続きを読む "組織流通" »

2012年11月07日

新そば

新酒が出来上がるこの季節は、新そばが出てくる時期でもあります。
昨年、蕎麦屋さんとのコラボレーションによる「新酒と新そばを味わう会」を開催し、好評だったこともあり、今年は、セイノーサッポロ会の例会で、会員に新そばを振る舞ってもらう事にしました。

続きを読む "新そば" »

2012年11月04日

これでもかと社員の「満足度」に投資する会社

あの韓国サムスン電子が研修にくる!
これでもかと社員の「満足度」に投資する会社
産経ニュースwest(2012.11.4 07:00)
 

 「生き残るためには、未知の分野への挑戦と新しい市場の開拓が不可欠。それには、ますます人の力が必要になる。人への投資は削らない」と金田社長。
「社員の幸せ」に投資して社業を活性化へ。
同社の取り組みは人材育成のヒントになりそうだ。

  

続きを読む "これでもかと社員の「満足度」に投資する会社" »

2012年10月29日

新酒

9月中旬から仕込み始めた「白川郷 純米にごり酒」が、すでにタンク十数本分出来上がりました。
いよいよ11月から、この新酒の出荷が始まります。

続きを読む "新酒" »

2012年10月23日

国税局調査

先週一週間、名古屋国税局調査部門酒税担当の調査官6名による蔵内の調査がありました。

続きを読む "国税局調査" »

2012年10月16日

どぶろく祭り

14日から恒例の白川郷のどぶろく祭りが始まりました。
昨日は、得意先へのご挨拶も兼ねて、専務と一緒に、白川村を訪問してきました。

続きを読む "どぶろく祭り" »

2012年10月09日

十万石まつり

好天に恵まれた7日の日曜日、恒例の「芭蕉元禄十万石まつり」が、大垣駅前通り周辺で盛大に開催されました。

続きを読む "十万石まつり" »

2012年10月02日

天皇陛下

先週28日〜30日、天皇皇后陛下が、岐阜清流国体の開会式にご臨席の為、岐阜にお越しくださいました。
予定では、30日の午後、大垣の奥の細道むすびの地記念館にお立ち寄りいただくことになっていたのですが、台風17号が接近した為に、急きょ取りやめになってしまいました。
2ヶ月程前より、岐阜県、大垣市はもとより、県警関係者が度々記念館に集まり、綿密な打ち合わせをして、いざ当日を迎えようとした時に予定が変更になりました。

続きを読む "天皇陛下" »

2012年09月26日

鵜飼

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるとおり、朝晩はめっきりと涼しくなりました。ようやく日本酒の恋しい季節の到来です。
ここ2〜3日、連日飲む機会がありましたが、この涼しさのおかげで、ビールよりも、日本酒をおいしく飲むことができました。

続きを読む "鵜飼" »

2012年09月19日

国体水泳競技

13日から5日間に渡って開かれた「ぎふ清流国体 水泳競技」が、無事に閉会しました。
岐阜市で行われた競技には、オリンピック日本代表選手が多数出場し、連日、超満員の盛況だったようです。

続きを読む "国体水泳競技" »

2012年09月12日

いよいよ国体

いよいよ明日13日から、第67回国民体育大会競技会が始まります。
多くの人達が永い期間をかけて準備を進めてきた事が、ようやくすべて整い、開催を迎えることとなりました。

続きを読む "いよいよ国体" »

2012年09月04日

秋の仕込み開始

いよいよ今週から平成24BYの仕込みが始り、来年6月までの長い期間にわたりこの作業が続きます。
年間を通じてできるだけ新しいにごり酒を味わって頂く為に、冬期間に集中することなく、永い期間をかけて、社員蔵人だけで造ります。

続きを読む "秋の仕込み開始" »

2012年09月02日

天皇皇后両陛下 21年ぶりに来垣

地方事情のご視察のため、天皇皇后両陛下が、大垣市をご訪問(行幸啓)されることが決まりました。
ぎふ清流国体開幕の翌日、9月30日(日)に、「奥の細道むすびの地記念館」などをご視察される予定です。

 
尚、ご順路やご視察時間など詳細は、広報おおがき9月15日号にてあらためて発表されます。
 
 
大垣市公式サイト発表内容
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000015501.html
 
奥の細道むすびの地記念館
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000012751.html
http://urx.nu/1RIh
http://goo.gl/maps/Gcyay
 
 
 

2012年08月28日

ぎふ清流国体 炬火リレー

ぎふ清流国体の開催まで残す所いよいよ1か月余りとなった今日、炬火が大垣市内にリレーされました。

続きを読む "ぎふ清流国体 炬火リレー" »

2012年08月21日

残暑お見舞い

残暑お見舞い申し上げます。

続きを読む "残暑お見舞い" »

2012年08月07日

オリンピックから国体へ

ロンドンオリンピックでは、連日、熱戦が繰り広げられています。
深夜になり、そろそろ寝ようかなと思うと日本選手が出てくるため、ついつい見てしまい、なんとなく寝不足の毎日が続いています。
各競技とも今一歩のところで金メダルが取れず、残念な結果となっていますが、一生懸命やった結果であり、見ている者に感動を与えてくれます。
特に競泳の連中はよく頑張ったと思います。

続きを読む "オリンピックから国体へ" »

2012年08月05日

養老メガコンパ 『ヨロコン』

昨今、全国各地で、地域振興を目的とした大規模なコンパイベント、通称「街コン」が開催されています。
いわゆる個人レベルでの合コンのような異性との出会いだけではなく、地元のお店との出会い、他業種間の交流など、大きな意味での新たな出会いの場を町ぐるみで提供し、地域の活性化をはかりたいという気持ちから、各地の有志が頑張っていらっしゃいます。
弊社の地元である大垣市でも、地元を盛り上げようと、大垣コン街コン大垣など、いくつかの催しが開かれているようです。

続きを読む "養老メガコンパ 『ヨロコン』" »

2012年07月31日

水都まつり

今週2日から5日にかけて、大垣市の中心街で『水都まつり』が開催されます。

続きを読む "水都まつり" »

2012年07月25日

産業観光と観光産業

近年、「産業観光」「観光産業」という言葉を耳にします。
産業観光」とは、歴史的、文化的に価値のある工場、機械などの産業文化財や、産業製品を通じて、ものづくりの心に触れる事を目的とした観光のことをいうそうです。
JR東海の須田会長が提唱し、主に、愛知県を中心とした東海地方が熱心にこの運動を推進しています。

続きを読む "産業観光と観光産業" »

2012年07月17日

梅雨明け

いよいよ梅雨が明けました。
この時期、さすがの私も生ビールを飲む機会がぐっと増えています。
つめたく冷やした日本酒に氷を浮かべたロックも確かにおいしいですが、のどが渇いた時に飲む生ビールの美味さにはとてもかないません。
日本酒メーカーにとって、一番つらい季節です。

続きを読む "梅雨明け" »

2012年07月09日

スマートフォン

この1カ月余り、携帯電話をスマートフォンに替えようかと思いながら、ドコモショップを数回訪問しました。

続きを読む "スマートフォン" »

2012年07月04日

お中元

いよいよお中元シーズンとなりましたが、近年、お中元をやめる方が増えてきているような気がします。

続きを読む "お中元" »

2012年06月26日

皆造祝い

昨年9月より始まった酒造りも、今週ようやく終了します。
先週の金曜日、社員一同で、少し遅い皆造祝いをしました。

続きを読む "皆造祝い" »

2012年06月20日

総会

6月は各団体の総会が連日開催されます。
私が関係している団体においても、いくつかの総会があり、それぞれ出席をさせて頂いております。

続きを読む "総会" »

2012年06月14日

函館〜松前

先週、全国のデパートセミナーに参加するため、函館へ行ってきました。
全国の大手百貨店の方々やメーカーが集まり懇親を深める場を提供して頂いているこのセミナーでは、一年に一度、日頃なかなかお会いできない人達とゆっくり話が出来て、非常に有意義な時間を過ごさせてもらいました。

続きを読む "函館〜松前" »

2012年05月30日

神仏

近年の風潮として、神仏に対する日本人の気持ちが薄らいでいる事を感じます。

続きを読む "神仏" »

2012年05月22日

小原鉄心没後140年記念祭

19・20日の両日、奥の細道むすびの地記念館において、鉄心会の主催による「小原鉄心没後140年記念祭」を開催し、好評の内に事業を終える事ができました。

続きを読む "小原鉄心没後140年記念祭" »

2012年05月15日

創業300年

先週の11日金曜、東京の国分さんが、創業300周年記念のお祝いの会を催されました。
この「創業300周年感謝の集い」には、全国から1,000社以上の取引先の方々が集まり、とても盛大な会となりました。

続きを読む "創業300年" »

2012年05月08日

内見

今年も、いよいよ大垣祭りが近づき、6日には、踊り山車で演技をする踊り子さん達による、町内でのお披露目がありました。

続きを読む "内見" »

2012年04月24日

停電

今月初めから、社内の送電線や変圧器の更新作業を進めており、連休中の430日には、社内すべてが停電となる予定です。

続きを読む "停電" »

2012年04月18日

コーヒそば処 花の木

先月20日、近所に「コーヒそば処 花の木」というお店がオープンしました。
もともとコーヒー専門店だったお店を改装し、喫茶と蕎麦の両方を始めた為に、不思議なお店となっています。

続きを読む "コーヒそば処 花の木" »

2012年04月10日

奥の細道むすびの地記念館オープニング

素晴らしい天候に恵まれた48日、『奥の細道むすびの地記念館オープニングフェスティバル』が開催され、約5万人の来場者で賑わいました。

続きを読む "奥の細道むすびの地記念館オープニング" »

2012年04月03日

新年度

いよいよ新年度が始まりました。
弊社も3月決算ですので、4月が新しい年度の始まりとなります。

続きを読む "新年度" »

2012年03月26日

お休み処 芭蕉庵(奥の細道むすびの地記念館)

現在、48日のオープンに向けて、「奥の細道むすびの地記念館」の準備が慌ただしく進んでいます。

続きを読む "お休み処 芭蕉庵(奥の細道むすびの地記念館)" »

2012年03月13日

大震災から一年

311日、日本中を震撼させた東日本大震災から早一年が過ぎました。
多くの尊い命を一瞬にして飲み込んだ津波は、私たちの心に深く残っています。

続きを読む "大震災から一年" »

2012年03月08日

天領酒造(岐阜県萩原町)蔵開きのご案内

318日()に、岐阜県下呂市萩原町の天領酒造さんにて催される酒蔵開放イベントのご案内です。

続きを読む "天領酒造(岐阜県萩原町)蔵開きのご案内" »

2012年03月07日

苦節30年

いよいよ来月日に当地において、大垣市奥の細道むすびの地記念館がオープンします。

続きを読む "苦節30年" »

2012年02月24日

シンガポール

2021日の両日、シンガポールで開催された岐阜県主催の飛騨牛並びに地酒フェアに参加してきました。

続きを読む "シンガポール" »

2012年02月23日

瑞鷹株式会社(熊本県川尻市)イベント情報

熊本県川尻市の瑞鷹さんより、酒蔵まつりの案内が届きました。

続きを読む "瑞鷹株式会社(熊本県川尻市)イベント情報" »

2012年02月21日

第三回 西濃の地酒 きき酒会 のご案内

岐阜県西濃地域の地酒蔵元六社による「第三回 西濃の地酒 きき酒会」が開催されることになりました。

冬の仕込が終わる3月、蔵元自慢のしぼりたて新酒が出揃います。

是非とも、西濃の地酒をご堪能頂きたく、多くの皆様のご参加を、 蔵元一同、心よりお待ち致しております。

 

 

続きを読む "第三回 西濃の地酒 きき酒会 のご案内" »

2012年02月17日

蔵元関連動画 Vol.2

YouYubeには多種多様な動画がアップされています。

そんな中から、地酒道楽(地酒VANサービス)加盟蔵元さんに関連する動画をピックアップし、順次、紹介していきます。
2度目となる今回は、岐阜県大垣市の三輪酒造さんと、京都府宮津市由良のハクレイ酒造さんです。

 

続きを読む "蔵元関連動画 Vol.2" »

2012年02月08日

酒蔵開放

いよいよ新酒のしぼりたてが次々と出来てくる季節となり、各地の蔵元では、酒蔵見学のイベントが開かれています。

続きを読む "酒蔵開放" »

2012年02月03日

蔵元関連動画 Vol.1

YouYubeには多種多様な動画がアップされています。

そんな中から、地酒道楽(地酒VANサービス)加盟蔵元さんに関連する動画をピックアップし、順次、紹介していきたいと思います。
今回は、長野県南佐久郡八千穂の黒澤酒造さんと、岐阜県美濃加茂市太田の御代桜醸造さんです。

 

続きを読む "蔵元関連動画 Vol.1" »

2012年02月01日

鑑定官

本日、名古屋局税局の伊藤主任鑑定官が来社されました。
全国の蔵で吟醸造りの真最中であるこの時期、各先生方が蔵を訪問し、杜氏達から仕込み状況を聞き、また、様々な相談に乗ります。

続きを読む "鑑定官" »

2012年01月24日

大寒

21日は大寒でした。
全国的に、この2週間程、冬型の気圧配置になっており、関東地方でも雪が降っているようです。
当地方は、お陰様で、正月に少し降った後は、比較的天候に恵まれ、過ごしやすい日が続いています。

続きを読む "大寒" »

2012年01月17日

大垣ガス100周年

先週13日に、大垣ガス株式会社創立100周年記念祝賀会が開催され、主催者(取締役)の一人として出席しました。

続きを読む "大垣ガス100周年" »

竹内酒造(滋賀県湖南市石部)酒蔵見学会のお知らせ

滋賀県湖南市石部町の竹内酒造様より、酒蔵見学会の案内が届きました。

 

続きを読む "竹内酒造(滋賀県湖南市石部)酒蔵見学会のお知らせ" »

2012年01月12日

新年互例会

5日に行われた業界の新年互例会を皮切りに、連日、続いている各団体の互例会が今週中にはほぼ終わります。
互例会は、お互いに相手方を訪問する事なく、一同に挨拶を交わすことが出来る為、大変合理的だと思います。
本来であれば、得意先を訪問してご挨拶をすべきでしょうが、近年はご無礼しているのが実状です。

続きを読む "新年互例会" »

2012年01月06日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い致します。

続きを読む "謹賀新年" »

2011年12月28日

年末のご挨拶

いよいよ今年も終わろうとしています。
この一年間には、311日の東日本大震災を始め、様々な出来事がありました。
被災された方々はもちろん、すべての日本人が、いろんな意味で、人生を考えさせられ、また、生かされていることへの感謝を痛感した一年だったと思います。

続きを読む "年末のご挨拶" »

2011年12月22日

そばと日本酒

20日に市内のレストランにおいて、「西美濃源流そばと地酒を食する会」が開催されました。

続きを読む "そばと日本酒" »

2011年12月13日

カルチャーショック

先日、私が代表を務めるG・I・NETの懇親会を一年半ぶりに開催し、約40名の社員が一同に会して懇談しました。

続きを読む "カルチャーショック" »

2011年12月07日

イルミネーション

先週、2・3日と相次いで街中のイルミネーションの点灯式が開催され、市内のあちらこちらで光り輝いています。

続きを読む "イルミネーション" »

2011年11月28日

地酒太平記セット

いよいよ御歳暮の季節となりました。
お陰様で、弊社でも、ギフトセットの注文が増えてきております。

続きを読む "地酒太平記セット" »

2011年11月22日

新酒

いよいよ本格的な酒造期に入り、全国の酒蔵で酒造りが始まりました。
弊社では、今年も、早々と9月中旬より「白川郷純米にごり酒」の仕込みを始め、既に、タンク30本程の新酒が出来上がっています。
今月初めから、『白川郷純米にごり酒 新酒』または『純米にごり酒白川郷 出来たて』として出荷しています。

続きを読む "新酒" »

2011年11月15日

遺作展

昨日まで、名古屋市栄にある両口屋是清のギャラリーで、3年前に亡くなった小母が残した絵の遺作展を開催しました

続きを読む "遺作展" »

2011年11月08日

カンブリア宮殿


テレビ東京系『カンブリア宮殿』に
我が地元大垣市の地方銀行「
大垣共立銀行 」が登場します


続きを読む "カンブリア宮殿" »

御歳暮商戦

年末が近づき、各得意先から、御歳暮商品の注文が入るようになりました。
実際には、今月末から本格的な出荷となるのですが、各売り場では、来週くらいから体制が整い、御歳暮商戦が始まります。

続きを読む "御歳暮商戦" »

2011年11月01日

ジャパンナイト

27〜30日の3日間、香港で開催されていた『香港ワイン&ダインフェスティバル』に参加してきました。

続きを読む "ジャパンナイト" »

2011年10月26日

農業フェスティバル

22、23日の両日、「第25回岐阜県農業フェスティバル」が開催されました。

続きを読む "農業フェスティバル" »

2011年10月18日

仙台

先週、大垣商工会議所のメンバーと仙台へ行って来ました。
東日本大震災以、来様々な報道がされておりますが、一度、自分の目で確かめたいと思っており、今回、ようやく訪れる事ができました。

続きを読む "仙台" »

2011年10月05日

地酒が飲める店

昨日、「大垣の地酒が飲める店を支援する会」の創立準備会が開かれました。

続きを読む "地酒が飲める店" »

2011年09月27日

シンポジウム

24日土曜日の午後、大垣共立銀行の若手行員主催のもと、大垣シンポジウムが開催され、私もパネリストとして参加しました。

続きを読む "シンポジウム" »

2011年09月20日

きき酒会

いよいよ日本酒のシーズンとなり、各地できき酒会や展示会が開催されています。
912日に催されたニューヨークのマンハッタンでの展示会には、当日都合がつかなかった社長、専務に代わって、私の家内が出席させてもらいました。
ちょうど
9.11と重なり、一人で行かせる事に多少心配はありましたが、お陰様で、役目を果たし、無事に帰りました。

続きを読む "きき酒会" »

2011年09月14日

山口国体

910日〜12日の3日間、山口県山口市に於いて開催されている、山口国体水泳競技の大会に岐阜県水泳連盟の役員として参加してきました。

続きを読む "山口国体" »

2011年09月08日

「第二回 西濃の地酒 きき酒会」開催のお知らせ

今月16日金曜日に、岐阜県西濃地域の地酒蔵元6社による「第二回 西濃の地酒 きき酒会」が開催されます。
夏も終わりに近づき、少しずつ秋めいてきたこの季節に、西濃の地酒を一同にご堪能いただける機会です。
より多く皆様のご参加を、心よりお待ちし致しております。

続きを読む "「第二回 西濃の地酒 きき酒会」開催のお知らせ" »

2011年09月05日

楽しく造る

台風12号がゆっくりと日本列島を進み、各地に被害をもたらしました。
被害に遭われた地方の方々にはお見舞申し上げます。
この時期の台風には、いつもながらはらはらさせられますが、幸い当地は雨風ともに大したことがなく、無事に済みました。

続きを読む "楽しく造る" »

2011年08月30日

残暑御見舞

残暑御見舞申し上げます。

少しずつ秋の気配が感じられるようになってきました。
しかし、まだまだ暑い日が多く、我々日本酒業界にとって、はもう暫く辛抱しなければならないようです。

続きを読む "残暑御見舞" »

2011年08月23日

風評被害

大震災から5ヶ月が経過し、少しずつ復旧の兆しが見え始めました。
しかし、被災地の方々は、まだまだ、これから大変なご苦労があると思います。

続きを読む "風評被害" »

2011年08月17日

高校野球

お盆休みの間、出掛けることもなかったので、高校野球のテレビ中継を観ていました。

続きを読む "高校野球" »

2011年08月16日

ドリカム・ミニライブ in 宮城 - 8月20日(土) on YouTube

 

この夏、
DREAMS COME TRUE
被災地でミニライブを開催します。
 
 
その歌声を、
一人でも多くの人に届けるために。

 
 
歌声に集う想いを、
被災地の支援につなげてゆくために。

 
 
 
 


 
 

 
 
 

2011年08月14日

大垣ひまわり畑 8月13日の様子


大垣市の夏の風物詩となっている『大垣ひまわり畑』

平成2年から始まったこのイベントは
毎年開催場所を移動して行われています


続きを読む "大垣ひまわり畑 8月13日の様子" »

2011年08月09日

お盆休み

暑中御見舞申し上げます。
誠に勝手ながら、三輪酒造ならびに地酒VANサービスは、13日から16日までの4日間を、お盆休みとさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご配慮の程宜しくお願い申し上げます。

続きを読む "お盆休み" »

2011年08月02日

ネット通販

先週からの一週間で、インターネットを利用した方法でのお酒の販売についての協力依頼が3件ありました。
ここに来て、大手企業も中小事業者も、新規事業へのチャレンジが多くなっており、その中でも、通販事業への参入というのは、誰もが考える事です。

続きを読む "ネット通販" »

2011年07月26日

通信と放送の融合

24日にアナログ放送が終了しました。
今回のデジタル化は、国の方針として、10年程前から着々と進められてきましたが、世の中では、それほど重要な事として受け止められていないように思います。

続きを読む "通信と放送の融合" »

2011年07月20日

岐阜の地酒に酔うin岐阜

17日日曜日、岐阜市の十六プラザにおいて、岐阜県酒造組合連合会主催「岐阜の地酒に酔うin岐阜」が開催され、弊社を含む県内28社の蔵元が出展をしました。

続きを読む "岐阜の地酒に酔うin岐阜" »

2011年07月13日

梅雨明け

今年の日本列島は早々と梅雨明けし、毎日、暑い日が続いています。
電力不足もさることながら、私達日本酒業界にとっては、この長い夏場をどう乗り切るかが永遠の課題です。

続きを読む "梅雨明け" »

2011年07月04日

地酒太平記

昨年から始めた「地酒太平記」企画の中で、今年、NHKが大河ドラマ「お江」で戦国時代を取り上げていることもあり、それぞれの蔵元に関係のある戦国武将を選び、その家紋をデザインとしたラベルを作成しました。

続きを読む "地酒太平記" »

2011年06月28日

大村益次郎(村田蔵六)

最近、司馬遼太郎の「花神」という作品を読みました。
日本の幕末には、西郷隆盛や坂本竜馬を始め、誰もが知っている英雄が数多くいます。
しかし、「花神」を詠み進めるうちに、主人公である村田蔵六ほど、まったく目立たずに、日本の明治維新に大きな役割を果たした人はいないのではないかと思うようになりました。

続きを読む "大村益次郎(村田蔵六)" »

2011年06月26日

今日の出来事

今朝10時20分頃なんですが
東京駅日本橋口で
偶然にも凄〜い人に会っちゃいました!!


ギタリストの古川昌義さん!!!


チャゲアスやASKAファンの方なら
知らない人はいないでしょう


目が合った瞬間
思わず声をかけてしましました

続きを読む "今日の出来事" »

2011年06月21日

岐阜の地酒に酔う in 岐阜 2011

来月717日()に、JR岐阜駅に隣接する「じゅうろくプラザ」にて、岐阜県酒造組合連合会による試飲イベントが開催されます

続きを読む "岐阜の地酒に酔う in 岐阜 2011" »

2011年06月20日

コロプラ物産展

69日から1週間、東京吉祥寺の東急百貨店において、株式会社コロプラ主催の「全国うまいもの物産展」が開催され、三輪酒造も出展しました。

続きを読む "コロプラ物産展" »

2011年06月08日

健康であることの有り難さ

最近、私の回りで、何人かの人が病院へ入院されました。
私には高齢の両親がいるので、病気に対して、割合詳しくなっていますが、やはり、心筋梗塞、脳梗塞といった循環器系の病気が怖いように思います。

続きを読む "健康であることの有り難さ" »

2011年05月31日

私の履歴書

5月の日本経済新聞『私の履歴書』に、アサヒビール元会長の瀬戸雄三氏が執筆されていました。

続きを読む "私の履歴書" »

2011年05月25日

消臭力

今、話題となっている「エステー消臭力」のCM

ラーラー ララーラ ララララララー♪

そう
金髪の少年が抜群の歌唱力で歌い上げるあのCMです


続きを読む "消臭力" »

2011年05月24日

全国新酒鑑評会

先週、平成22酒造年度全国新酒鑑評会の入賞酒が発表されました。
広島にて、2510時より製造技術研究会が開催され、今年出品された875点の吟醸酒が一同に展示されます。

続きを読む "全国新酒鑑評会" »

2011年05月17日

大垣祭り

14、15日の両日、晴天に恵まれて、大垣祭りが盛大に開催されました。

続きを読む "大垣祭り" »

2011年05月15日

大垣まつり(平成23年5月14日・試楽)

5月14日、大垣まつり(試楽)の様子です






2011年05月11日

白川村

今年も、白川村へ、一年の御礼に行ってきました。
世の中の移り変わりは激しく、白川村も、最近では本当に整備されて、少し田舎らしさがなくなってしまったような気がします。
ちょうど4月の村長選挙で新しい村長が決まりましたので、当選の御祝を兼ねてお会いしてきました。
新村長はご自身の抱負をいろいろ語っておられましたが、同時に、世界文化遺産となり、年間200万人に近い観光客が訪れるようになった白川村においても、様々な悩みはあるようです。
「白川郷にごり酒」は、この新村長の叔父にあたる方が村長であった時代に誕生し、以来、今年で35周年を迎えます。
弊社において、35年という月日は、長い様であっという間の出来事でした。
この間に、会長である父から私に、そして、そろそろ次を担う専務へと代変わりしようとしています。
三輪酒造は、今後共、白川村とのご縁を大切にしながら、お客様に喜んでいただけるようおいしいにごり酒やどぶろくを造り続けていきたいと思っています。

2011年05月01日

99%ダメ?? あと1%あるやん

 


頑張ろう!日本!!







2011年04月26日

大震災支援

今回の東日本大震災により被害に遭われた方々に対する支援の輪が、国内にとどまらず、世界中で広がっています。

続きを読む "大震災支援" »

2011年04月19日

自粛ムード

大震災以来、日本中の様々なイベントが中止や延期になり、旅行業界や飲食業界にも、様々な影響が出ているようです。

続きを読む "自粛ムード" »

2011年04月11日

大震災一ヶ月

東日本大震災から一ヶ月経過し、私達の経済活動にも様々な影響が出ています。

続きを読む "大震災一ヶ月" »

2011年04月10日

満開

 

大垣市内(船町湊・大垣城・ソフトピア近郊・杭瀬川など)の桜が
ようやく満開の時期を迎えました桜**

続きを読む "満開" »

2011年04月05日

東北の酒

被災地のお酒でお花見を!
過剰な自粛「ちょっと待って」・・・「二次的な経済被害」の声も

(産経ニュース 2011.4.5 20:31)

続きを読む "東北の酒" »

2011年04月04日

白川郷にごり酒の効用 A

平成23年度が始まりました。
遅れていた桜もようやく咲き始め、春らしくなってきました。

続きを読む "白川郷にごり酒の効用 A" »

2011年03月28日

岐阜県新酒鑑評判会入賞

この度、第18回岐阜県新酒鑑評会吟醸酒の部において、久しぶりに入賞することが出来ました。

 

 

続きを読む "岐阜県新酒鑑評判会入賞" »

2011年03月22日

震災

東北関東大震災から10日が過ぎました。
国は、復旧に向けて全力で取り組んで頂いていると思いますが、何しろ日本人全員が経験した事のない事が起きたのであり、問題は山ほどあるのではないかと推察されます。
もちろん、福島原発の事も大変心配であり、何とか閉じ込めてもらいたいものです。

続きを読む "震災" »

2011年03月19日

この時代に生まれた約束を思い出そう


まさか自分たちが生きている間に
この星が、とか
この宇宙が、この地球がなんてね
そんな言葉で、普通の会話の中で
それが議論されるなんてことなかっただろうし・・・

きっとね
今こそ世の中が
初めて一つにならなきゃいけない時を迎えよう
そういう気がするんですね


それまで
こんなに世の中ひとつになろうなんてことね
考えることなかったと思うんですよ


でもそうだもんね
今ね・・・



僕らはね
この星の窮地に、この今世の中に
僕らは知って生まれてきました


きっとこの時期、このタイミング
今生きている僕らじゃなければ
ここを通り抜けること、潜ぐり抜けることができなかった
僕らだけしかできなかった


そういう人たちが
今、世の中に生まれてきてるんだと思います


そう思えば元気も湧きます



  ------------------------------------------------------
   by ASKA
     CAHGE and ASKA Concert tour 2007 DOUBLE
     2007.5.24 NHK HALL
  ------------------------------------------------------




          http://ameblo.jp/yumesake/day-20110319.html

 

続きを読む "この時代に生まれた約束を思い出そう" »

2011年03月15日

大震災お見舞

この度の東北大震災においては、想像を絶する事態となり、言葉を失っております。
直接被災された方はもちろんですが、東日本の広い範囲で大なり小なり被害を受けておられ、心からお見舞申し上げます。

続きを読む "大震災お見舞" »

2011年03月14日

台湾の方々からのメッセージ


YouTube より
台灣如何看待日本311(台湾は日本国民に捧げます)





------------------------------------------



ありがとう!台湾!!

とてもありがたく
そして勇気づけられます


ありがとうございます

日本は負けることなく
頑張ります


本当に本当に
ありがとう!!



謝謝!台灣! !



2011年03月13日

謹んでお見舞い申し上げます

連日、東北地方太平洋沖地震および長野県北部を震源とする地震による痛ましい情況が、新聞やテレビで報道されております。
被災された皆様方のご心中はいかばかりかと、心よりお見舞い申し上げます。
また、ご家族、ご親族、お知り合いの中で、災害に遭われた方も多いかと存じますが、併せて心中をお察し申し上げます。
くれぐれも健康に留意され、一日早く復旧されますようお祈り致します。

 

株式会社 三輪酒造
株式会社 地酒VANサービス
有限会社 澤田屋本家

2011年03月04日

国登録有形文化財 A

昨年12月、文化庁にて決定された三輪酒造の酒蔵の有形文化財登録について、この度、大垣市より、登録証と、建物に表示するブロンズ製のプレートを贈呈されました。

続きを読む "国登録有形文化財 A" »

2011年03月01日

白川郷にごり酒の効用 @

昨年末、NHK「ためしてガッテン」という番組で、酒粕の件が紹介されました。
それをきっかけに、日本中の酒蔵で酒粕が売れたようです。

続きを読む "白川郷にごり酒の効用 @" »

2011年02月25日

天領酒造 蔵開きのご案内

岐阜県下呂市萩原町・天領酒造さんより、蔵開きの案内が届きました。

続きを読む "天領酒造 蔵開きのご案内" »

2011年02月24日

「川尻の酒蔵まつり2011」のご案内


熊本市・瑞鷹さんより、「川尻の酒蔵まつり 2011」の案内が届きました。

--------------------------------------------------------------

続きを読む "「川尻の酒蔵まつり2011」のご案内" »

2011年02月22日

立春しぼり

先週は京王百貨店での試飲販売に立ち、久しぶりに、お客様の生の声を聞くことが出来ました。

続きを読む "立春しぼり" »

2011年02月10日

京王百貨店試飲販売会

来週15日火曜日から、25日月曜日まで、東京新宿の京王百貨店酒売場において、地酒太平記の試飲販売を実施することになりました。
2階酒売場入口に、地酒太平記の銘柄を中心に、1424種類の地酒と本格焼酎を並べ、販売致します。

続きを読む "京王百貨店試飲販売会" »

2011年02月04日

滋賀県石部・竹内酒造酒蔵見学会のお知らせ 

 
滋賀県石部・竹内酒造さんより、酒蔵見学会の案内が届きました

-------------------------------------------------------------
 

続きを読む "滋賀県石部・竹内酒造酒蔵見学会のお知らせ " »

2011年02月03日

恵方呑み

今日は節分です。
日本各地で、福を呼ぶための豆まきが行われていると思います。
また、近年では、太い巻き寿しを恵方に向かって食べる『恵方巻き』という習慣が、全国的に広まりました。

続きを読む "恵方呑み" »

2011年01月28日

吟醸造り

年初めより本格的な吟醸造りが始まり、それぞれのもろみが順調に醗酵しています。

続きを読む "吟醸造り" »

2011年01月17日

大雪

日曜日から降り続いた雪が、日本列島各地に大雪をもたらせています。
当地方でも、月曜日の朝は30cm程の積雪となり、鉄道や道路は大混乱で、朝の出勤は大変な状況になりました。
そんな中、何人かの社員が、朝7時過ぎから出勤をし、会社の雪どけを手伝ってくれ、通常通りの営業並びに壜詰めがスタートしました。
とてもありがたい事だと感謝しております。

続きを読む "大雪" »

2011年01月16日

白川郷

 
一度は訪れてみたいですよね
 
冬の白川郷・・・
 
 
 
 
 
白川郷ライトアップ開催スケジュール
 
 
 

大きな地図で見る
 

2011年01月13日

チェンジ

先週4日の仕事始め以来、5日の業界賀詞交換会に始まり、商工会議所、銀行、体育連盟、消防、町内と、連日、新年会が続きました。

続きを読む "チェンジ" »

2011年01月06日

謹賀新年

続きを読む "謹賀新年" »

2010年12月28日

感謝

今年一年も暮れようとしています。
会社も今日でほぼ終わりです。
今年もいろいろありましたが、お陰様で、家族全員、社員全員共々、無事に年を越せそうです。

続きを読む "感謝" »

2010年12月26日

今年のX'masは(も!?)…


特に何もなく
淡々と過ぎていきましたあせあせ


年末で忙しい時期だし
なんたって日本酒業界に勤めてるわけですから
X'masだからって浮かれてる場合じゃないですよね



・・・と
何となく言い訳じみたことを言ってみましたあせあせあせあせあせあせ


唯一
嬉しかった出来事は・・・



あおきりみかん手嶋仁美 から
手書きのXmasカードが届いたこと目がハート


とある企画のサービスではありますが
あの手嶋ハート達(複数ハート)の手書きカードですもん

ついつい頬が緩んじゃいましたウッシッシ


これさえあれば
ごはん何杯でも食べられる・・・かもexclamation & questionあせあせ 






劇団あおきりみかん  手嶋 仁美


http://www7.plala.or.jp/lifu/hp2/dan3/teshima.htm
http://www7.plala.or.jp/lifu/hp2/dan2/tesima.htm

続きを読む "今年のX'masは(も!?)…" »

2010年12月24日

Merry X'mas

 
 
  Wishing You A Merry Christmas.


 http://www.youtube.com/watch?v=rZj48HJB0yk&sns=em




 http://www.youtube.com/watch?v=S_nh3P-TiLw&sns=em




 『世界にMerry X'mas 


2010年12月23日

奉祝 天長節

 
天皇陛下におかせられましては、
本日、77回目のお誕生日を迎えられましたこと、
謹んでお慶び申し上げます。


益々の御健勝と皇室の弥栄を、
心よりお祈り申し上げます。







2010年12月19日

大垣 芭蕉元禄イルミネーション&ウォータークリスマス

大垣城公園と水門川新大橋周辺で催されているイルミネーションイベントです。


芭蕉元禄イルミネーション&ウォータークリスマス
1225日まで 毎日17時〜2130


http://www.city.ogaki.lg.jp/0000005037.html
http://special.mapion.co.jp/local/illumination/info/71/
http://www.jalan.net/ou/oup2000/ouw2002.do?rootCd=&afCd=&screenId=OUW1301&eventId=91809



2010年12月13日

国登録有形文化財

弊社の酒蔵が、国の文化審議会にて、国登録有形文化財に登録されるが決まりました。

 新聞掲載記事
読売新聞 (20101211日)
岐阜新聞 (20101211日)

中日新聞 (20101212日)
毎日新聞 (20101211日)

続きを読む "国登録有形文化財" »

2010年12月07日

干支ラベル

12月に入り、お歳暮商戦も真っ只中となり、弊社においても、一年で、一番忙しい季節となりました。

続きを読む "干支ラベル" »

2010年12月03日

凄い!

3DCGもここまで進化すると
「凄い!」
という言葉しかでてきませんね

このような技術を
何に活用できるのか
何に活用していくのか…

ますます目が離せません



 

 

 
 


 

2010年12月02日

天寿

先週25日の早朝、家内の父親が亡くなりました。
前日の夜中に実家から連絡があり、家族全員と私達夫婦が集まり、それが最後のお別れとなりました。
翌朝眠ったまま、静かに息を引き取られたようです。

続きを読む "天寿" »

2010年11月21日

紅葉

市町村合併により大垣市となった上石津町
市内中心部の
船町湊の紅葉です



続きを読む "紅葉" »

2010年11月08日

コロプラ

先週、三輪酒造の店が、株式会社コロプラが運営するゲームのコロカ取扱店に指定されました。

続きを読む "コロプラ" »

2010年11月03日

人は 支えられて 生きていく

 
 姉と遊びに行った
 スケート場で
 フィギュアに出会った。

 
 私が頑張ると、
 みんな喜んでくれた。
 それが嬉しかった。

 
 私が飛べるのは、
 たくさんの人に
 支えられているから。

 
 フィギュアスケート 浅田 真央
 
 
 
 
 ドラフト育成枠。
 華々しいスタートではなかった。

 
 母は、どんなに小さくても
 僕の記事を見つけてくれた。

 
 少しでも大きな記事になる。
 チームのため。母のため。

 
 読売巨人軍 松本 哲也
  
 
 

 今年3月に、左ひざを手術。
 辛いリハビリが続いた。

 
 でも、私には
 帰らなければいけない場所がある。

 
 最高の仲間が待つ、
 あのコートの真ん中へ。

 
 パイオニアレッドウィングス 栗原 恵
  
 

 
 人は、支えられて、生きていく。
 
 

2010年10月26日

岐阜県農業フェスティバル

23、24日の両日、岐阜県農業フェスティバルが開催されました。
今年は残暑の影響で野菜が高くなっている事もあり、朝から大勢の人で賑わいました。

続きを読む "岐阜県農業フェスティバル" »

2010年10月19日

関ヶ原合戦410年祭

101617日の両日、岐阜県関ヶ原町において、『関ヶ原合戦410年祭』が開催され、そのイベント会場にて、地酒太平記のお酒を販売させてもらいました。

続きを読む "関ヶ原合戦410年祭" »

2010年10月18日

秋ですね


ここ大垣も
例年よりちょっぴり遅い秋を迎えましたもみじもみじもみじ





2010年10月05日

きき酒会 盛会

10月1日、「日本酒の日」に、大垣駅前のロワジールホテルに於いて、『第1回 西濃のきき酒会』が、盛大に催されました。

続きを読む "きき酒会 盛会" »

2010年09月30日

純米にごり酒 白川郷 出来立て

平成22年度の酒の仕込みが早くも始まり、今週、第1号〜3号が、相次いで上槽され、「純米にごり酒 白川郷 出来立て」の出荷が始まりました。

続きを読む "純米にごり酒 白川郷 出来立て" »

2010年09月29日

観光協会

私達の街にも、以前より、観光協会という団体があります。
一年間に様々な行事を主催したり、後援したりと事務局の人達は大変忙しいようです。

続きを読む "観光協会" »

2010年09月15日

西濃の地酒きき酒会

長らく続いた残暑も和らぎ、ようやく過ごしやすくなりました。
いよいよ日本酒のおいしい季節が到来します。

続きを読む "西濃の地酒きき酒会" »

2010年09月09日

「地酒太平記」スタート

かつてより準備を進めていました地酒太平記のキャンペーン企画が、お陰様で、今月より始まりました。

続きを読む "「地酒太平記」スタート" »

2010年08月31日

関ヶ原合戦410年祭 江戸の陣

関ヶ原での天下分け目の戦い(西暦1600年)から410年目となる今年1016日〜17日に、岐阜県関ヶ原町において「関ヶ原合戦410年祭」が開催されます。

続きを読む "関ヶ原合戦410年祭 江戸の陣" »

2010年08月26日

居酒屋産業展報告

先週の17日から19日まで、東京ビッグサイトで開催された「居酒屋産業展」に出展してきました。 

 

続きを読む "居酒屋産業展報告" »

2010年08月16日

大垣ひまわり畑 2010.08.16


大垣ひまわり畑(大垣市青野町美濃国分寺跡東)
816日の様子です

 

続きを読む "大垣ひまわり畑 2010.08.16" »

2010年08月14日

大垣ひまわり畑 2010.08.14

大垣ひまわり畑(大垣市青野町美濃国分寺跡東
8月14日の様子です
 

 

続きを読む "大垣ひまわり畑 2010.08.14" »

2010年08月10日

居酒屋産業展

いよいよお盆休みが始まりました。
誠に勝手ながら、弊社は、今週13日(金)より16日(月)までを休業期間とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいます様お願い申し上げます。

続きを読む "居酒屋産業展" »

2010年08月08日

大垣ひまわり畑 2010.08.07

大垣ひまわり畑(今年は青野町美濃国分寺跡東
昨日87日の様子です

続きを読む "大垣ひまわり畑 2010.08.07" »

2010年08月03日

酷暑

暑中御見舞申し上げます。
毎日大変な暑さが続いていますが、いかがお過ごしですか。
この暑さは全国的のようですが、昨日、39.5度という日本一の暑さを記録した
多治見市に近い、ここ大垣市においても、私の車の温度計が41度となっていました。

続きを読む "酷暑" »

2010年08月01日

大垣ひまわり畑 2010.08.01



今年の「大垣ひまわり畑」は
青野町(美濃国分寺跡東)にて


今の様子は・・・



続きを読む "大垣ひまわり畑 2010.08.01" »

2010年07月27日

ごんべー

地酒道楽のサイト内に、各蔵のブログをリンクしています。
酒蔵ブログ http://www.jizake-van.co.jp/kuramotoblog/

続きを読む "ごんべー" »

2010年07月25日

大垣ひまわり畑

大垣市の夏の風物詩となっている『ひまわり畑』 

続きを読む "大垣ひまわり畑" »

2010年07月20日

梅雨明け

今年の梅雨は例年に比べて激しい雨でした。
特に最後の一週間は全国各地に被害をもたらし、岐阜県でも中濃地方において大きな被害を受けました。

続きを読む "梅雨明け" »

2010年07月14日

上海

先週の金曜日から3日間、大垣市商工会議所の一員として、上海へ行ってきました。
上海へは、3年前に一度、プライベートで行きましたが、その時は万博開催に向けての突貫工事の真最中で、街中がひっくりかえっていました。
しかし、今回はそれらの工事がすべて終わり、素晴らしく整然としてゴミ一つ無く、その変わり様にびっくりしました。

続きを読む "上海" »

2010年07月08日

ガキロック (大垣ロックフェスティバル)

74日、大垣公園城西広場周辺で、地元の音楽イベント「大垣ロックフェスティバル」が催されました。
通称「ガキロック」と呼ばれているこのイベントは、市内、西濃地区の、30代の若者達を中心に、音楽から始まるまちづくり・人づくりを大垣から発信しよう、という志により、一昨年から、年一回開催されています。

続きを読む "ガキロック (大垣ロックフェスティバル)" »

2010年07月06日

大垣商工会議所

今週始めより、大垣商工会議所の事務局が、ソフトピアジャパン地内にある大垣市情報工房に引越ししました。
もともと大垣市情報工房は、岐阜県のソフトピアジャパンの建設計画の中で、大垣市の情報産業都市の基盤整備の一環として、商工会議所が出来る予定となっていました。
しかし、時の会頭が建設計画を断念し、新たに、県と市が情報工房という名前で建設をしたものです。
 

続きを読む "大垣商工会議所" »

2010年06月28日

皆造(かいぞう)

お陰様で626日をもって、平成21酒造年度の酒造りがようやく終わりました。
昨年の914日に第一号の仕込を始めてから、約10ヶ月、本当にご苦労様でした。

続きを読む "皆造(かいぞう)" »

2010年06月17日

白川村

昨日、白川村役場へ、毎年の御礼に行ってきました。
岐阜県大野郡白川村(通称:白川郷)は、昔、陸の孤島と言われ、冬期間は出入り口が大変な地域でした。
一昨年の東海北陸道の開通により、今では、冬でも観光客が訪れ、また、住民も、いつでも高山や富山へ買い物に出掛ける事が可能になりました。

 

続きを読む "白川村" »

2010年06月09日

孤高の名手 仁志敏久 引退

米国で決断 仁志 現役引退「飛躍は望めない」 SponichiAnnex 2010.6.9 8:09
仁志引退 米独立リーグのチームが発表
nikkansports.com 2010.6.9 8:29

米独立リーグの仁志が引退 SANSPO.COM 2010.6.9 8:33
仁志引退…米挑戦も右太もも痛悪化で決断
nikkansports.com 2010.6.9 9:51

元巨人の仁志が引退を発表 (産経ニュース 2010.6.9 10:30

続きを読む "孤高の名手 仁志敏久 引退" »

地酒太平記

地酒道楽では現在、「地酒太平記」という企画を立案中です。
なかなかトンネルから抜け出せない地酒業界を、なんとか少し違った角度から攻めてみようという事で、昨年から、いろんな方の意見を聞きながら練り上げています。

続きを読む "地酒太平記" »

2010年06月02日

全国新酒鑑評会

526日、平成21年度全国新酒鑑評会入賞酒が、独立行政法人酒類総研究所から発表されました。

続きを読む "全国新酒鑑評会" »

2010年05月21日

モバイル・カフェ

市内にあるソフトピアジャパンにおいて、毎週、『モバイル・カフェ』という集まりが開かれています。
この会は、岐阜県立情報科学芸術大学の赤松教授を中心に始まった会合で、主にアップルコンピュータのiPhoneを利用するソフト開発を考えるメンバーの交流会となっています。

続きを読む "モバイル・カフェ" »

2010年05月19日

日本酒担保に融資

 

日本酒担保に融資、熟成中の資金も安心…  

 (読売新聞 -201051908:57)

  

続きを読む "日本酒担保に融資" »

2010年05月18日

決算

大手上場企業の21年度決算が次々と発表され、70%以上の会社が業績の回復を達成しています。
これだけを見ると景気が良くなったような印象を受けますが、内容的には企業内の懸命なリストラと海外への生産シフト、並びに為替の安定等が起因している所が多く、決して余裕のある利益ではなさそうです。

続きを読む "決算" »

2010年05月12日

大垣祭り

恒例の大垣祭りが、89日の両日共、天候に恵まれて、賑々しく開催されました。
当町内の玉の井車山は、朝8時に、5名の踊り子さんを乗せて、山車蔵のある愛宕神社を出発し、大垣の氏神様である八幡神社へ向かいました。
10町内の屋台(山車)が集合した後、8時半から市内を巡行します。
祭りの2日間は、夜の9時まで頑張りました。

 

続きを読む "大垣祭り" »

2010年04月30日

ゴールデンウイーク

いよいよ春の大型連休が始まりました。
会社によっては、11日間お休みというところもあるようですが、幣社はカレンダー通りにお休みを頂きます。

続きを読む "ゴールデンウイーク" »

2010年04月20日

観光協会

昨日、大垣市観光協会の役員会があり、総会の前の常任理事会で、21年度の事業報告、会計報告、並びに22年度事業計画、予算案等が承認されました。

続きを読む "観光協会" »

2010年04月13日

お宮参り

先月第一子を出産した次女が、先週、お宮参りを済ませました。
私にとって3人目の孫となったのですが、嫁ぎ先の家にとっては初めての子であり、皆さん、とてもお喜びです。

続きを読む "お宮参り" »

2010年04月11日

桜まつり

先週から今週にかけて、近郊の桜が一斉に満開となり、いつもながら日本に生まれてよかったという気持ちにさせてくれます。
幣社がある船町湊においても、川面に伸びた枝々に満開の花が咲き誇り、訪れる人々がシャッターを押しています。

 

 

続きを読む "桜まつり" »

2010年04月08日

いかにも甘すぎる

飲酒運転、免許再取得に「日記」義務付けへ (YOMIURI ONLINE)

 

続きを読む "いかにも甘すぎる" »

2010年03月31日

皆造祝い

平成21年度が終わり、いよいよ22年度が始まります。
先週、三輪酒造の忘年会を皆造(かいぞう)祝いという形で行いました

続きを読む "皆造祝い" »

2010年03月27日

海角七号

この映画は必見・・・ですよね

 

 

続きを読む "海角七号" »

2010年03月25日

竜馬が行く

先月から、1ヶ月ほどかけて、司馬遼太郎の『竜馬がゆく8冊を読みました。
NHK大河ドラマの『竜馬伝』の放映があり、坂本竜馬の人気は今後、ますます高まるものと思われます。

続きを読む "竜馬が行く" »

2010年03月17日

卒寿

昨日、316日は父(会長)の満90歳の誕生日でした。

続きを読む "卒寿" »

2010年03月15日

蒔かぬ種は生えぬ

 
痛みなくして得るものなし

虎穴に入らずんば虎児を得ず
 

続きを読む "蒔かぬ種は生えぬ" »

2010年03月14日

“孤高の天才” 仁志 敏久

 
独立リーグだろうと関係ない!
燃え尽きるまで頑張れ〜〜〜!!!

 

続きを読む "“孤高の天才” 仁志 敏久" »

2010年03月08日

蔵開きのご案内 岐阜県萩原町・天領酒造

314日()、岐阜県下呂市萩原町・天領酒造さんにて、蔵開きイベントが催されます。 
 
  ************************************************* 
 

 

続きを読む "蔵開きのご案内 岐阜県萩原町・天領酒造" »

魂の酒、秘伝の技 『プロフェッショナル 仕事の流儀』

波瀬正吉氏(『開運』静岡県大東町・土井酒造場 )、三盃幸一氏(『満寿泉』富山市・桝田酒造店 )、中三郎氏(『天狗舞』石川県松任市・車多酒造 )と並び、能登四大杜氏として知られる、農口尚彦氏(『常きげん』石川県加賀市・鹿野酒造 )が、NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演されます。

続きを読む "魂の酒、秘伝の技 『プロフェッショナル 仕事の流儀』" »

酒蔵開放のご案内 石川県小松市・加越

石川県小松市・加越さんより、酒蔵開放イベントの案内が届きました
 
 
    *************************************************
 

続きを読む "酒蔵開放のご案内 石川県小松市・加越" »

2010年03月07日

反省中…

昨日
Dreamweaver」関連本を物色しにいったのに
何故だか「
GIMP」の本を買ってきちゃいました (; ̄ー ̄A

相変わらずの衝動買い癖を反省中…

 



2010年03月02日

吟醸

年始より仕込み始めた吟醸酒が、ようやくすべて出来上がりました。
今年は、大吟醸2本、純米吟醸2本だけでしたが、どれも例年に比べてきれいな
仕上がりになったような気がします。

続きを読む "吟醸" »

2010年02月25日

酒税

私達が製造している商品には酒税がかかっています。

先週一週間、名古屋国税局から4名の方が調査にこられ、いろいろとチェックして頂きました。

お陰様で大きな問題はなく調査は終わりましたが、社内は一週間落ち着かない様子でした。

 

続きを読む "酒税" »

2010年02月18日

美肌

最近、幣社が運営する日本銘醸会地酒屋(楽天ショップ)で、「富翁 純米酒 美肌」という商品が、口コミにより売れています。

続きを読む "美肌" »

2010年02月17日

酒蔵開放のご案内 美濃加茂市・御代桜醸造

岐阜県美濃加茂市・御代桜醸造さんより、酒蔵開放の案内が届きました。
 
 
  ************************************************* 
 

続きを読む "酒蔵開放のご案内 美濃加茂市・御代桜醸造" »

酒蔵まつりのご案内 熊本市川尻・瑞鷹

 
熊本市川尻・瑞鷹さんより、酒蔵まつりの案内が届きました
 
 
    *************************************************
 
 
【川尻の酒蔵まつり2010】のご案内 
 
川尻の酒蔵まつり実行委員会と瑞鷹株式会社では、川尻地区イベント「川尻月間」の開催に合わせ、恒例の酒蔵まつりを、下記の内容にて実施いたします。 
 
おかげさまで今年で16回目となるこの催しは、地域の方や左党の方だけではなく、広く多くの皆様に愛される「まつり」としておなじみとなり、昨年は過去最高来場者数4,900名を記録し、盛況の中開催することができました。 
 
今年も、できたての新酒をご用意して、皆様にお酒と人がふれあえる楽しいひとときを提供できればと考えております。 
 
早春の一日、「伝統の町かわしり」へ、皆様お誘い合わせの上お越し下さいませ。 
 


 

続きを読む "酒蔵まつりのご案内 熊本市川尻・瑞鷹" »

2010年02月13日

『10days』 & 『好きよキャプテン』

私ごとですが・・・

  

続きを読む "『10days』 & 『好きよキャプテン』" »

2010年02月12日

酒蔵見学会のご案内 横手市・阿桜酒造

 
いよいよ今週末より、秋田県横手市・阿桜酒造さん酒蔵見学会が催されます。 
 
 
  ************************************************* 

続きを読む "酒蔵見学会のご案内 横手市・阿桜酒造" »

2010年02月09日

週末また雪が降りました。
大垣でも10cm程の積雪がありましたが、お陰様で、もうほとんど消えています。

続きを読む "雪" »

2010年02月05日

新酒ガーデンイベントのご案内

211日(建国記念日)に、岐阜県各務原市の東部に位置する鵜沼地区にて、各務原の歴史遺産と新酒を味わうイベント『新酒ガーデン』が催されます。

続きを読む "新酒ガーデンイベントのご案内" »

酒蔵見学会のお知らせ 滋賀県石部・竹内酒造

 
滋賀県石部・竹内酒造さんより、酒蔵見学会の案内が届きました
 
 
  ************************************************* 
 

続きを読む "酒蔵見学会のお知らせ 滋賀県石部・竹内酒造" »

2010年02月04日

酒蔵見学のご案内 磐田市・千寿酒造


静岡県磐田市・千寿酒造さんの、酒蔵見学のご案内です。
通年を通して予約制にて酒蔵見学を受付ていらっしゃいますが、この時期は、実際の酒造りをご覧になることができます。

 
 
  ************************************************* 
 

続きを読む "酒蔵見学のご案内 磐田市・千寿酒造" »

2010年02月02日

吟醸仕込み

いよいよ2月となりました。
蔵内は、正月明けから続く吟醸造りの真っ最中であり、ピーンと張り詰
めた緊張感が漂っています。

続きを読む "吟醸仕込み" »

2010年01月31日

君が想うよりも・・・

 

僕は君が好き

 

 

続きを読む "君が想うよりも・・・" »

2010年01月27日

街づくり交流会

先週の土日曜日に、大垣商工会議所と七尾商工会議所の交流会が七尾市で開催され、大垣商工会議所の一員として参加してきました。  

続きを読む "街づくり交流会" »

2010年01月18日

心筋梗塞

毎日大変寒い日が続き、北陸から飛騨地方には例年にない大雪が降り続いています。
白川村は昔から豪雪地帯ですが、ここ数年は比較的雪が少なかったのですが、今年は2メートル近い積雪があり毎日除雪に追われているそうです。
実は私の親しい方がお二人この年末年始に相次いで心筋梗塞で倒れられました。
お一人は幸い運よく一命をとりとめ、今も元気でおられますが、もう一人の方は先週お亡くなりになってしまいました。
私達地酒VANサービスの仲間で酒蔵の社長をしておられたのですが、なんと50歳の若さで奥様と3人のお嬢さんを残しての他界でした。
地酒VANサービス設立の時からのメンバーで、会としても大変惜しい方を亡くし残念でなりません。
心臓の病気はいつ起きるか分からないようで、これまでにも何人もの人が私の周りで倒れておられますが、普段から気を付けていてもなかなか防ぐことが出来ないようです。
医学が発達した今日、ほとんどの病気が早めに発見すれば治るようになってきましたが、心筋梗塞と脳溢血だけはなかなか予測がつかず、未然に防ぐことが難しいようです。
今後医学の進歩により、早めに治療をすれば命が助かる確率は高くなって来るかもしれませんが、無理をしない事が一番ではないかと思います。
私達のように酒を造って皆さんに呑んで頂いている者からすると、酒を飲み過ぎて脳溢血で倒れるような飲み方だけは是非とも避けて頂きたいと願っています。
どちらにしても命があっての人生です。
無理をしないようにと自分に言い聞かせていますが、身近にそんな方々を見るに付けて人生の無情を感じずにはおられない今日この頃です。
お互い体には充分気をつけて過ごしたいものです。

2010年01月12日

新年

 先週からの一週間は、各団体の新年互例会を中心に、新年のあいさつ廻りで終止しました。どの団体も、この厳しい状況は今しばらく続きそうだとのお話が多く聞かれました。 
 今年一年がどのような年になるかは誰にも分からないと思いますが、これまでのような平穏な状況が続くことが無い事だけは、誰もが予想できます。 
 しかし、そのような中で自分の会社をどのようにもっていけばよいか各経営者は悩む所です。広く、太くアンテナを張って、素早く対応出来るように、常日頃から準備していることが大切だと思っています。 
 酒造業界はもともと厳しい状況が続いていますが、各社が益々知恵を出し合って、いろいろな場面で地酒を飲んで頂けるように努力する必要があります。 
 現在、地酒VANサービスでは「地酒太平記」なる企画を進めています。 
 これは、全国にある酒蔵をお城に見立てて地域をアピールし、その蔵の商品をネット上で売り込もうというものです。 
 昨年からいろいろな角度から検討を重ねていますが、大分煮詰まってきました。 
 地域興しと連携し、何とか地酒振興の一助になればと考えています。 
 このブログの読者の方々にもご意見を伺いたいと考えおりますので、その節には何卒ご協力の程よろしくお願いします。 

 

2010年01月06日

謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます。 
 旧年中はご愛顧賜り誠にありがとうございました。 
 本年も何卒よろしくお願い致します。 

続きを読む "謹賀新年" »

2009年12月28日

今年もありがとうございました

2009年も残すところあと僅かとなりました。
今年は、政権交代、先の見えない不景気など、いろいろなことがありましたが、 こうして無事一年を過ごせましたのも、皆様の多大なご支援のおかげであり、大変感謝しております。ありがとうございました。

来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

今年一年の、心からの感謝を込め、歳末のご挨拶を申し上げます。
皆様お揃いで、穏やかな良い新年をお迎えになられます様お祈り申し上げます。

2009年12月23日

奉祝

 天皇皇后両陛下におかせられましては、御即位満二十年、御大婚五十年をお迎えになられましたこと、謹んで御慶び申し上げます。
 
 両陛下の益々の御健勝と皇室の弥栄を心よりお祈り申し上げます。

2009年12月22日

  
 先週末、日本列島に寒気団が南下して日本海側に大雪を降らせました。 
 それまでのぽかぽか陽気から一転、厳しい寒さとなり驚いています。 

続きを読む "雪" »

2009年12月15日

忘年会

 いよいよ年の瀬も押し迫り、どなた様も慌しい毎日をお過ごしのことと思います。 
 関係者の方々には今年一年大変お世話になり、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。 
 私も先週から今週にかけて各団体の忘年会やあいさつ廻りがあり、今年も終わりだなあと感じる毎日です。 
 12月に入ってから、夜の会合に街に出掛けるとこれまでのような賑わいがありません。 
 昨年末はリーマンショックの影響で企業の忘年会が取りやめになったという話を聞きましたが、今年は普通のサラリーマンの人達が飲み歩いていないようで、居酒屋さんやスナックといった安いお店に人がいなくなっています。 
 インフルエンザの影響もあるそうですが、やはり一番大きいのは先行き不安の心理的要因によるものではないかと思います。 
 来年以降の景気がどうなるのかわかりませんが、一生懸命考え動いてこの難しい時代を乗り切っていこうではありませんか。 

2009年12月08日

イルミネーション

 5日土曜日の夕方、大垣城周辺の中心市街地において、『芭蕉元禄イルミネーション』の点灯式が開催されました。 
 25日までの約3週間、街の中に様々なイルミネーションが輝いています。 
 
 http://www.mapple.net/sp_illumi/details.asp?NEWSID=62463 
 大都会のような盛大なものではありませんが、市民手作りの心のこもった作品が川辺の公園や広場、店頭に飾られ、冬の寒々とした景色に暖かさを演出してくれています。 
 しかしながら、景気が今一つで、商店や飲食店のオーナーさん達も大変苦しんでおられるようです。 
 これまでも世の中の景気は良くなったり悪くなったりしてきましたが、どのような経済状況であろうと、自社については経営者が責任を持たなければなりません。 
 現状をしっかり見据えて可能性のある売場を開拓していかなければならないと思います。 
 最近幣社でも力を入れているのは、インターネットを使った通販部門です。 
 インターネットというとすぐにショッピングモールということになりがちですが、やはり現在中心的に売れているスーパー、量販店を含めたリアル店舗と、インターネット通販のようなバーチャル店舗をうまく融合させて商売を進める必要があります。  
 その為には、商品に物語性を持たせることが大切であり、酒蔵を中心とした街づくりを展開することによって、商品の特性をしっかりと消費者にアピールすることのできる環境づくりが不可欠となります。 
 街づくりという大きな目標を掲げた中で、酒蔵が置かれた立場を明確にしながら、いろいろなイベントを繰り広げることによって自分達の街に目を向けてもらえるようにしたいと思いつつ、この冬も街のイルミネーション事業に協力しています。 

2009年12月01日

師走

いよいよ今年も残り1ヶ月となりました。 
年令を重ねるとともに1年がだんだんと早くなるような気がします。 
そろそろ忘年会のシーズンとなっていますが、どうも街の中は人通りが少なくひっそりとしています。 
円高や株安といった暗い話題ばかりで、各個人の収入は極端に減った訳ではないと思うのですが、先行き不安で何となく飲みに行く気分にならないという所ではないでしょうか。 
又、大手チェーンの間で価格競争が益々厳しさを増し、いろんな物が安くなっています。 
アルコール業界だけではなく、あらゆる消費財がとんでもない価格で売られています。 
私達のように、海外での生産をするわけにもいかない現在の価格水準は非常に厳しいものがあります。 
まじめにこつこつと造っている人達の苦労がなんとか報われる世の中であって欲しいと思います。 
大量生産、大量消費の時代はもうとっくに終わったように思うのですが、大手企業の経営者の人たちは益々大きくする為にM&Aを繰り返しています。 
来年もこの流れが変わる訳はありませんが、私達地方の酒屋はこれからも一生懸命おいしいお酒を造り続けますので、是非ともこれから始まる年末忘年会では白川郷にごり酒を始め地酒を飲み交わしていただきたいと節にお願い致します。 

 

2009年11月28日

リニューアル!!

リニューアルします!!

昨年の7月に、全面的にリニューアルをして、もう、一年が過ぎました。

早いものです。

で、今回のリニューアルは。。。。。

続きを読む "リニューアル!!" »

2009年11月25日

お歳暮

 今年もいよいよお歳暮商戦が始まりました。 
 夏前から各百貨店やスーパーの商談があり、今月始めより各店への納品がされております。 
 今年は景気が今一つで、お歳暮を贈られる方も多少減るのではないかと思われますが、一人でも多くの方に幣社の商品をお買い求め頂けることを願っています。 
 近年は蔵元直送の商品が徐々に増えており、産直のイメージからちょっと変わったギフトということで白川郷のどぶろく仕込み等も喜ばれています。 
 又、6年前より始めた臼井秀泉女史による干支ラベルの吟雪花大吟醸も大変人気を博しています。  http://www.miwashuzo.co.jp/ 
 ギフト商品は長年いろいろな商品を造りましたが、なかなかお客様の要望にお答え出来たものは少ないように思います。 
 生産者がこれは絶対にいけると思ってもお客様の希望とはずれがあるようで、大手メーカーでもマーケティング等を実施して売れ筋商品を一生懸命造っておられるはずなのですが、うまくいっている事は少ないようです。 
 私達のように小さな蔵元は出来るだけ自分の所しかないものを考えて造る必要があり、又地域を代表する商品になることを目指して頑張ることが大切です。 
 その為には地元の方々に愛して頂ける様、普段のお付き合いも含めて努力していきたいと思っています。 

 

2009年11月18日

専務NY出張報告

 社長がブログで書いていたように、専務がニューヨーク出張から戻りました。 
 その滞在記(?)を兼ねた報告がありましたので、この場を借りて紹介致します。  

 
 
  ************************************ 
 
 
NewYork with 利守さん 
 
 
 そもそも、アメリカから端を発した現在の世界同時不況。 
 今回訪れたNewYorkは、まさにその中心にあり、さぞ景気が悪いであろうと思いながらの訪問でした。 
 
 しかしながら、たまたまヤンキースがMLBプレーオフで優勝した時期と重なっていたからなのか、滞在中に入った日本食レストランは何処も満員で、いったいどこが不況なのかと疑いたくもなるような混雑ぶり…。 
 そして、その客の2〜3割は「SAKE(日本酒)」を飲んでいました。 
 
 日本国内では消費が冷え込んでいる日本酒を、現地のアメリカ人が楽しそうに飲んでいる姿を目にし、また、器用にお箸を使っているのを見ると、海外で、確実に日本食が浸透してきているという実感がわきます。 
 だからこそ、不況と言いながらも、日本酒関係者が、営業としてNYを訪れるのでしょう。 
 
 今回の滞在中は、かなり時間を、岡山の利守酒造さんとご一緒させていただきました。 
 利守さんといえば、“赤磐雄町”という幻の酒米の復活や、古酒・長期熟成酒、純米酒で造った梅酒などで知られる、まさに看板銘柄の如く“酒一筋”の蔵元さんです。 
 海外では、清酒もさることながら、古酒や梅酒も、とても人気があるとのことで、一緒に回っている中で、様々なことを教えてもらいました。 
 

     


 一般的な古酒には独特の甘味と香りがあり、人によって好き嫌いが激しく、ワインに慣れ親しんでいる欧米人でさえも苦手とする方が多いようです。 
 その点、利守さんの古酒は、酸がワインに似通っていて、非常に上品な味わいがあり、欧米人から絶賛されているとのこと。 
 また、今回、NewBottleを携えて回られたという純米酒ベースの梅酒にはベタつく甘さが無く、上品なプライムワインといった感じで大人気だったようです。 
 
 今回のNY。まさに“MATSUI”フィーバーで、優勝パレードは、想像を絶する凄い人手があり、情報乏しい我々外国人が入り込む余地無しの賑わいでした。 
 日本食、そして日本酒共々、その恩恵をいっぱい受けたという面では、酒の神「松尾」様ならぬ、「松井」様でございました。 
 
 アメリカ本土にいながら、日本食をはしごして回ったNY紀行。 
 中でも印象深かった、その先駆けともいうべき日本酒バー「DECIBEL」は、日本で言うところの“ワインバー”で、日本人から見たワインの、全く逆を考えればこうなるんだなというお店でした。 
 
http://www.sakebardecibel.com/ 
 

     


 利守さんと共に『酒一筋』を呑み、『白川郷ささにごり』を呑みながら、セントラルパークにあるメトロポリタン美術館について語り合い、少しお洒落な夜は過ぎてゆきました。 
 
 
株式会社三輪酒造 専務 三輪研二 
 
 
  ************************************ 
 
 
 専務の報告にもある海外での日本食(日本酒)ブーム。 
 何らかの形で逆輸入できないものか・・・、と考えてしましました。 
 
 それにしても、ワインバーやメトロポリタン美術館はともかく、ヤンキースの優勝パレードを生で観たかった。。。 
 

ニューヨーク

 専務がニューヨークで開催されたワインオブジャパンの展示会に出展することを主目的に、市場視察を兼ねて10日間程アメリカへ出張し、無事帰国しました。  
 幣社では10年程前より、日本酒類販の売海外事業部を通じて『白川郷純米吟醸ささにごり酒』の輸出が始まり、今では20kl強の商品がアメリカ全土で販売されております。 
 10年以上前からアメリカで日本食ブームが起き、その流れの中で日本食レストラン等で日本食が売れるようになったのですが、『白川郷ささにごり酒』も徐々に売上げを伸ばし、現在では弊社の売上げの一割近くに達しています。 
 国内での販売がなかなか伸びない中で、大変有り難いことですが、遠いアメリカでのことであり何回も訪問するという訳にはいきません。 
 一昨年、私も始めて行かせてもらった時には先方の会社の方から 
「売らせてもらってありがとうございます。」 
と御礼を言われて恐縮した経験があります。 
 今回、専務は少し滞在期間を延ばして飲食店等を訪問させてもらったようですが、昨年のリーマンショック以来、高級な大吟醸等は影響が大きかったようです。 
 『白川郷ささにごり酒』は単価が低いため影響は少なかったのですが、これまでのような伸びは期待できないと思われます。 
 アメリカでの日本食ブームは肥満対策が原因だったそうですが、最近の日本人も肥満を含めた成人病対策の為に様々な健康食品が売られています。 
 洋風化された日本人の食生活が今一度見直されて日本食の良さが再認識されれば、国内においても日本酒が見直される日も遠からず訪れるのではないかと思います。 
 これからも国内、海外を問わずあらゆる方面に『白川郷にごり酒』を宣伝して、少しでも多くの方々にご愛飲頂けることを願っています。 

2009年11月11日

札幌

 昨日、久しぶりに札幌へ行ってきました。 
 北海道の市場はお陰様で30年前よりお世話になり、毎年1〜2回お伺いをしております。 
 今回は鹿児島の焼酎メーカーさんと一緒に、白川郷並びに地酒VANの商品についてお願いをしてきました。 
 北海道の市場はもともと甲類の焼酎が強い地域ですが、近年は本格焼酎も飲まれる様になってきたようです。 
 冬の寒い間、室内の暖房はいき届いており喉が渇く為なのか、昔からサッポロビールを中心として冬でもビールの消費が多い土地柄ですが、それとは別にアルコール濃度の高い焼酎も多く消費されます。 
 確かに私も真冬に札幌へ行く事が時々あります。 
 少々飲んでも外へ出るとすぐに酔いがさめてついつい飲む量が多くなるのではないかと感じることがあります。 
 東海道の温暖な地域に住んでいる私達は、割合低濃度のお酒を飲む傾向があるように思います。 
 世界的に寒い地域と暑い地域のアルコールは濃度が高いお酒が多く飲まれています。 
 例えばイギリスのスコッチウィスキー、ロシアのウオッカなどがその一例です。 
 清酒とかワインが発達した地域はどちらかというと温暖な地域です。 
 アルコール濃度と気温との関係はそんなところにも影響しているようです。 
 白川郷にごり酒は最近全国のお客様に飲んで頂けるようになりましたが、やはりどこでも合うという訳にはいかないのですが今後とも北海道の方々にも一人でも多くの方に味わって頂きたいと思います。

2009年11月02日

新潟

 いよいよ11月となり、全国の酒蔵において本格的な仕込みのシーズンになりました。
 幣社においては9月から仕込みは始めていましたが、先週岩手花巻より杜氏が蔵入りしてメンバーが揃い、これから来春まで吟醸を含めて酒造りが続きます。
 先月2223日に一泊二日で新潟県佐渡市と十日町市へ大垣商工会議所の情報委員会で研修旅行に行ってきました。
 数年前より委員長に就任されたセイノーホールディングの田口社長の日程に合わせて持ち出しの役員会を開催しているのですが、この日も有意義に会を持つことができました。
 ちょうど23日は中越地震の5周年にあたり当時の話をいろいろ聞くことができました。
 十日町商工会議所においては経済への打撃はかなり厳しいものがあり、地域の産業の活性化については私達の東海圏とはなお一層の厳しさがあるようです。
 長岡市のお福酒造さんへも訪問させて頂きましたが、岸専務より5年前の惨状を記録したスライドを見ながら説明を受け、よくぞ立ち直られたと感心しました。
 しかしながら依然厳しさが続いているようで、今後の頑張りを期待したいものです。
 2日間とも晴天に恵まれ、佐渡の景色は普段見られない日本海の素晴らしい眺めを体感することができました。
 近年地酒の世界では新潟、山形といった所に負けていますが、私たち岐阜県ももっと努力をして地域ブランドを確立しなければいけないと思っています。
 情報産業については新潟県よりも岐阜県のほうが進んでいるように感じました。

2009年10月20日

竜馬がゆく

 来年のNHK大河ドラマは「竜馬がゆく」が放映され、年末には「坂の上の雲」がドラマ化されるそうです。 
 実は私は若い頃から歴史小説が好きで、特に、司馬遼太郎のファンです。 
 「竜馬がゆく」はその中でも最初に読んだ本です。 
 先月から今月にかけての連休で時間があったので、本屋へ行って「城塞」と「燃えよ剣」を買ってきて、二つの小説を並行して読みました。 
 たまたま豊臣政権と徳川政権が滅亡する時の話を、「城塞」は小幡勘兵衛 、「燃えよ剣」は土方歳三を主人公にして書いてあるのですが、登場人物を個々に調べ上げて、それぞれの心理描写を、司馬遼太郎特有の手法でうまく表現されており、楽しく読むことが出来ました。 
 関ヶ原合戦はもちろんですが、大阪の陣においてもリーダーがしっかりしていればどうにかなったのかもしれません。 
 幕末における鳥羽伏見の戦いにおいても、徳川慶喜がその気(辻方歳三側から見た場合)になっていれば、圧倒的軍事力によって薩長は負けていたかもしれないという状況であったとされています。 
 しかし、時の政権が倒れる時というのは、やはりそれなりの流れがあるわけで、後になってこうしていればという話は出来ますが、なかなかその流れを止めることは難しいものだと思います。 
 今回、自民党が大敗北をしましたが、自民党の中にいる人達もこんな負け方をするとは思っていなかったのではないでしょうか。 
 私達日本酒類業界も、ずるずると他の酒類に負け続けているのですが、自分達でどうしたらよいかということが分からないでいるのが現状です。 
 業界の若い人達が一生懸命努力をしてくれていますが、それをもっと業界上げて応援をして、これまでの感覚を変えていかなければ、ますます大変なことになりそうです。 
 なんとかしたいものです。 

2009年10月12日

秋祭り

 先週から今週にかけて各地で秋祭りが行われています。 
 当地においても11日の日曜日に十万石祭りがあり、素晴らしい好天に恵まれ大勢の市民で賑わいました。 
 岐阜市においては信長祭り、山市では山祭り、そして今週14日からは白川村のどぶろく祭りが始まります。
 白川郷どぶろく祭りは白川郷にある5つの集落のお宮さんで氏子が造ったご神酒をふるまう事が始まりであり、近年も特別に認められたどぶろくを観光客にふるまわれます。
 幣社の白川郷純米にごり酒は、30年余り前よりこのどぶろく祭りにこられるお客様に祭り以外の時にお買い求め頂ける様にという村からの依頼により、商品化されたのが始まりです。
 以来白川村だけではなく、全国のお客様にどぶろく祭りの味を味わって頂く事により白川郷をPRすることをその時にお約束しました。
 近年では年間に200万人もの人が訪れる一大観光地となりました。
 もともと秋まつりは五穀豊穣を記念して行われるものですが、弊社としましても今年も無事お米が穫れてお酒を造らせて頂けることを感謝したいと思います。

2009年10月08日

台風18号

 台風が久しぶりに東海地方に上陸しました。  
 
 50年前、伊勢湾台風が東海地方を襲い、私達の地域も大変な被害を受けました。 
 先月、新聞各紙が伊勢湾台風の特集を組み、当時の様子を伝えていました。 
 私は小学5年生でしたが、父が消防団長で家におらず、恐ろしい思いをしていた記憶があります。 

 
 近年は、マスコミやインターネットで刻々と詳細を流してくれるのでしっかりと準備も出来て安心な世の中になりました。  
 
 昨日は午後4時過ぎから東京で結婚式があり、東京に泊まるつもりでいましたが、宴が終わり次第、急いで新幹線に乗って帰ってきました。 
 専務も、今日、大阪で展示会の予定があり、昨夜の内に大阪へ向かったようです。 
 お陰様で予想した程の雨風もなく、ほっとしました。 
 
 
 災害は忘れた頃にやってくると言いますが、様々な天災を受け止めて備えを万全にしていきたいと思います。  

2009年10月06日

焼酎蔵びらきのご案内

熊本市川尻・瑞鷹さんより、焼酎蔵びらきの案内が届きました  
 
 
    *************************************************
 
 
【川尻の焼酎蔵びらき2009】のご案内 
 

 
恒例の秋の酒蔵まつり「川尻の焼酎蔵びらき2009」を、本年も、下記の日程で開催いたします。 
当日は、普段、ご覧いただけない焼酎の製造工程のご案内や、秘蔵酒等の試飲販売、模擬店出店によるおつまみの販売など、美味しい、楽しい催しをご用意しています。 
秋の一日、「かわしり」ならではの、人とお酒との楽しいふれあいのひとときをお過ごしください。 
皆様お誘い合わせの上お越し下さいませ。 

 

 
 
 
川尻の焼酎蔵びらき2009 
 
 
日時 :平成21111日(日) 
    10:00〜15:00 

 
場所 :熊本市川尻1丁目3-72 
    瑞鷹株式会社 東肥蔵 内 

 
主催 :川尻の焼酎蔵びらき実行委員会 
 
共催 :瑞鷹株式会社、川尻青年協議会 
 
協力 :川尻六工匠 
 

 
 
《イベント内容》 
 
■お一人様一杯の無料試飲 
■当日限定「秘蔵焼酎」「特醸どぶろく」「梅酒」等の試飲販売 
■焼酎製造工程見学 
■各種模擬店による美味しいおつまみ等の販売 等々 

 
 
[その他注意事項など] 
 
・入場は無料。 
(事前に入場整理券を配布しております。お持ちでない方には、当日入口でお渡しいたします。) 
・飲酒を伴うイベントですのでお車での来場はご遠慮ください。 
(駐車場は準備しておりません。また、自転車も飲酒運転処罰対象となりますのでご注意下さい。) 
・公共の交通機関をご利用の上お越し下さい。 
JR川尻駅下車 徒歩約7分、産交バス・熊本バス川尻線 くまもと工芸会館前下車 徒歩約1分) 
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。 
※飲酒運転は犯罪です。絶対におやめ下さい。
 
 
 
◇入場整理券をプリントアウトし、あらかじめ必要事項にご記入頂いてお持ち頂ければ、スムーズにご入場いただけます。 
※入場整理券の印刷はこちらから(PDFhttp://www.zuiyo.co.jp/wp-content/uploads/2009/09/2009-seiriken.pdf 
 
 
お問い合わせは、瑞鷹株式会社(TEL:096-357-9671)まで 
 
 

 
詳細 蔵元WEBサイト http://www.zuiyo.co.jp/news/649/ 
 

2009年09月30日

日本酒の日

 101日は日本酒の日です。
 日本酒の日を定められたのはだいぶ前のことだったと思いますが、最初の頃は組合あげて全国でこの日に様々なイベントを行ったように記憶しています。
 しかし近年では一部においてイベントを開催されているのでしょうが、特にマスコミに取り上げられるようなこともなくなりました。
 日本は四季がはっきりしている国です。
 四季折々の野菜や果物が栽培されて私達の食卓を賑わしてくれます。
 ところが最近は物流の発展や冷凍技術の進歩によっていろいろな食材が一年中手に入るようになり、季節の変わり目を感じることが少なくなりました。
 人間は五感というものを持っています。
 暑さ寒さも彼岸までと言いますが、めっきり秋らしくなってきました。
 寒くなったら熱燗で、というのが昔からの習慣であったのですが、その言葉や行動も段々忘れ去られようとしています。
 101日は是非皆なで日本酒を飲むことにしようではありませんか。

2009年09月24日

シルバーウィーク

 秋の大型連休(シルバーウィーク)も終わりいよいよ日本酒のシーズンが到来しました。
 気候もすっかり秋らしくなり、さわやかな晴天が続いています。
 蔵の方も、第一号の仕込みがそろそろ上槽の時期にさしかかってきます。
 しかしながら、世の中の景気は一向に回復する様子はなく、スーパーの安売り合戦が日増しに激しくなっているようです。
 マスコミ各誌に、今売れている商品について書いてありますが、ほとんどがディスカウントされた物が目立つ今日この頃です。
 大手企業は生き残りをかけて様々な手段を打つのですが、我々零細企業はその荒波に翻弄されながら体力を弱めていくことになります。
 鳩山民主党政権は、国民に優しい政治を掲げていますが、自分勝手な企業論理の前にどれだけ効果が上がるのか疑問な点も多くあります。
 いい物を安くということは昔からよく言われることですが、物流も商流も大きく変わった現在、このことだけで生き残れるとは思いません。
 幣社のスローガンにしている
「英知を結集して決断の勇気を持って実行しよう」
という行動を今こそ実行する時ではないかと思います。
 「窮すれば通ずる」という言葉が昔からありますが、地酒VANサービスを立ち上げた時の原点に戻って、会員の皆さんのお考えをお聞きしながら新しい方向を見つけ出したいものです。

2009年09月15日

酒造組合

 いよいよ明日16日より民主党政権がスタートします。
 私達酒造組合はこれまで日本国の為に酒税確保という名目で貢献をしてきたという自負があります。
 しかし近年では、全アルコール飲料の一割にも満たない生産量となり、すっかり昔の力は無くなってしまいました。
 今回の民主党の戦術をみていると、国民目線でという事を強く国民に伝えることで、一部の人で行われていた政治を少しでも分かりやすいものにしようという試みがなされるような気がします。
 酒造組合の一員として事業に携らせて頂いていて最近感じるのは消費者目線ではなく監督官庁の指導の下、なんとなく守ってもらっている事に甘えて本来のお客様にどうしたら買って頂けるかということをおろそかにしてきたのではないかと思います。
 戦後教育を受けた私達60歳以下の人達は自分の気持ちをはっきり主張することを教えられて育ちました。
 しかし、業界にはまだまだ先輩諸兄がたくさんおられる為、組合の中ではついつい遠慮してしまいがちになります。
 世の中は大変なスピードで日々変化していますが、私達の日本酒造組合中央会は私が大学を卒業した40年前と余り変わっていません。
 常々私は微力ながら酒造組合の変革を訴えているのですが一向に進みそうにありません。
 このままでは益々日本酒が呑まれなくなってしまうと思うのですが、何とか私達よりももっと若い人達の意見を取り入れて業界の変革を進めてもらいたいと思っています。

2009年09月01日

いよいよ9月

 まだまだ日中は暑い日が続きますが、朝晩はめっきり涼しくなり秋を感じさせる今日この頃です。 
 幣社は白川郷にごり酒を年中商品として販売していることもあり、壜詰作業はもちろん、酒の仕込みも9月から6月まで約10ヶ月行います。 
 その為仕込み蔵の作業が止まるのは7月、8月の2ヶ月に限られます。 
 今年もこの2ヶ月の間にいろいろな所の手直しを行い、来週から始まる仕込みに向けて着々と準備を進めています。 
 今朝も今年最初の酒米が入荷しました。 
 日本中に多くの酒蔵がありますが、こんなに長い期間仕込みをする蔵は他にはないのではないかと思います。 
 このことは幣社の最大の特徴であり、武器でもあります。 
 外気温が30℃近くある中で、日本酒の仕込みをするという事はかなり無理があるのですが、最近はタンクを冷却する装置を使って出来るだけもろみの温度を低く抑える努力をしています。 
 10月中旬には新酒が出来上がり、11月にはお客様の前に平成21酒造年度産のお酒をお届け出来ると思います。 
 今酒造年度においても、何とか皆様にご満足頂けるお酒が出来上がることを今から期待しています。 

2009年08月28日

衆議院選挙

 いよいよ2日後に衆議院選挙が行われます。 
 政権選択という大きな流れの中で、永年政権を維持し続けた自民党が逆風を受けて各候補者が苦戦をしいられています。 
 しかし私は、今回の選挙の前から政治家と官僚の戦いではないかと思っています。 
 戦後60年を過ぎて政治だけではなく、あらゆる場面において制度不良を起こしてきていることは間違いのない事実です。 
 4年前の選挙においては郵政民営化が大きな争点になりましたが、私達酒類業界においてもここ数年の規制緩和の目玉にされて、全国の小売酒販店や卸店の方々は大変な状況に追い込まれました。 
 確かに規制にあぐらをかいてしまうことは良くない事だと思いますが、極端な変化は通常の人間はなかなか受け入れがたいものがあります。 
 日本人すべての中に変わって欲しいけれど、余り大きく変わって欲しくないという気持ちがあるのではないかと思います。 
 第二次世界大戦の敗戦によって日本は大きな革命を経験しましたが、現在の日本人の大半は戦前の経験がなく、平和な現状の中で何か小さな変化を求めているのではないかと思います。 
 私は常々変革の勇気を持つということを心がけて事業運営にあたっています。
 私も含めて今後日本がどうあるべきかをよく考えて大切な一票を投じたいものです。 

2009年08月26日

居酒屋産業展U

 先週横浜で開催された居酒屋産業展が無事終了しました。 
 搬入日を含めて4日間、10数社との蔵元の方々の協力を得て、初期の目的は達成したように思います。 
 3日間で合計3万数千名の来場者があったそうですが、私達のブースにこられた方々に約4000部のパンフレットを配布し多くの方々に試飲をして頂くことが出来ました。 
 最近は問屋さんの展示会においてもなかなか試飲をして頂けなくなってきましたが、今回は居酒屋さんの店主を始め、地酒に興味のある方が多く、大変熱心に私達の話に耳を傾けて下さいました。 
 近年、ビール系の飲料を始め、アルコール分の軽めの商品がもてはやされていますが、料理や雰囲気を変えればまだまだ地酒のファンを増やせるのではないかと思います。 
 これからもグループの蔵元さんの力をお借りしながら、地酒の振興に努力していく気持ちが大いにもてた4日間でした。 
 今後はあらゆる場面で地酒が話題になるよう頑張りたいと思います。 

2009年08月15日

居酒屋産業展

 818日より20日まで、パシフィコ横浜において第2回居酒屋産業展が開催されます。http://www.izakayaexpo.com/top.html
 昨年より始まった展示会ですが、第1回を見学した所、これまでの展示会にはないエネルギーを感じたので、今回地酒VANサービスの会員蔵元に声をかえさせて頂き、鹿児島の焼酎メーカー4社を含めて、13社にて地酒道楽の名前で出展することになりました。
 地酒蔵は酒販免許の自由化により、益々販売ルートが限られてきました。
 ここ数年で、全国のスーパーコンビニ量販店等に免許がおりて、売り場は拡大したように思えるのですが、実際には大手メーカーを中心としたごく限られたメーカーの商品が流通しているだけで、どこの店も同じような商品構成となっています。
 逆に商品を求められる居酒屋さんにおいては地域の酒販店がどんどんなくなってしまい、小さな飲食店においては現金でディスカンウントストア等で商品を求めておられるお店も増えているようです。
 郵政の民営化で地方の郵便局が困っている話はよくマスコミに取り上げられていますが、私達の酒類業界における売り場の変わりようはそれ以上に厳しいものがあります。
 全国の地酒蔵元で構成される地酒VANサービスとしては、少しでもお客様の利便性を図れることを主願として、今度とも商売を続けていく覚悟でいます。
 その為に今回新たなチャレンジをして飲食店様に直接話しかける場面を演出しました。
 関心のあるお方は期間中是非とも横浜までお出かけ下さいます様お願いします。

2009年08月11日

暑中御見舞

 暑中御見舞申し上げます。
 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
 今年は天候不順な日が続き、昨年のような暑い夏は短いような感じです。
 このような天候ですと夏物商品の売れ行きにも大きく影響することと思われます。
 景気不景気も気になりますが、四季の移り変わりも大いに商売に影響します。
 天候に左右されない商売をしたいものですが食品業界にいる以上は大なり小なり関係があります。
 清酒の場合は寒いほどよく売れるのですが、最近は真冬でも暖房がよくきいて一年中ビールが消費されるようになりました。
 アメリカ市場では日本酒を燗にして呑む人が少なくワイン感覚で召し上がって頂けるようで一年間平均して売れているようです。
 日本国内でも、温めたり、冷やしたりせずに常温でゆっくり味わって頂けるともう少し均一な消費になるような気がします。
 しかし暑い時のビールは又格別なものがありこれにはまさるものはないと思われます。
 一杯ビールを飲んだあとは是非清酒に切り替えて頂けるようお願いします。
 短い夏となりましたが、お体を充分に気を付けて下さいます様お祈り致します。

2009年08月07日

動画配信

この度、三輪酒造の「白川郷どぶろく仕込み」についての商品説明の映像を不十分ではありますが自社で製作し、地酒道楽のサイトに掲載させて頂きました。 
http://www.jizake-van.co.jp/doburoku/index.html 
 
以前から私はこの日のくるのを待ち望んでいました。 
動画配信については、少し前より可能にはなっていましたが、コンピューターの容量不足や、光通信のインフラ構築が未完成であった為にコストがかかり、私達が自由に利用することは難しい状況でした。 
しかし、ここに来て、国の政策によりいつでもどこでも誰でもというユビキタス社会の到来が現実のものとなりました。 
これまで文字や画像によるPRを行ってきましたが、音声が入った動画像によるお客様へのアプローチはこれに勝るものはないと思っています。 
若い頃、百貨店の店頭に立って試飲宣伝販売を繰り返しました。 
お店にこられるお客様に直接自分の思いを伝え、商品を試飲して頂くのですが、偶然その場を通って頂いた方にしか伝えることが出来ませんでした。 
しかし、インターネットによる動画配信は日本中のどこかにおられるか分からない方に自社の商品に対する思いを直接聞いて頂き、感じてもらうことにより購買意欲を持って頂く事がより高まる可能性があります。 
今後、他の会員蔵元にも呼びかけて、自社製品を社長自らがお客様に語りかける動画をビデオで作ってもらい、多くの地酒をPRしていきたいと思います。 
最終目標は地酒道楽のポータルサイトを地酒専門チャンネルにすることです。 
決して難しいことでは無いと思います。 
ICTの技術の進歩は目ざましいものがあります。 
この技術を使わずに放っておく必要はありません。 
各蔵元ももっともっとチャレンジしてもらいたいものです。 

2009年08月04日

G.I.NET

私は10数年前より、グレートインフォメーションネットワーク株式会社(通称G.I.NET)という会社の代表をさせて頂いてきました。 
社長就任当初は資本金2億円で売上1億数千万、累損1億円、従業員6名という状況で今にも終わりそうな感じでした。 
もともと岐阜県大垣市中心、並びに大垣商工会議所が中心となって、地域の情報化という大きな目標のもと、第三セクターの方式で作られた会社でしたが、思うようにいっていませんでした。 
それから10数年、会社を続ける為にいろいろな施策を行い、定款も変更して、情報関連事業にこだわることなく事業運営をすすめてきました。 
行政はもとより、地元財界の強力なバックアップもあり、なんとか昨年創立20周年を迎え、累損もなくなり、売上げも5億円、従業員も30名を越えるまでになりました。 
今年からはソフトピアジャパンという県が管理する情報団地の指定管理者としても係わることが出来るようになり、又、大垣市を始め、周辺地域の情報管理業務にも係らして頂いております。 
20年以上前にグレートインフォメーションネットワークというとってもスケールの大きな名前を付けられた先輩諸兄の思いを感じつつ、いよいよ到来したネットワーク社会において、株式会社地酒VANサービスも共に地域社会の情報を発信していくことがこれからの課題ではないかと考えています。 
国内のネットワークインフラはほぼ整備されたように思います。 
これからはこのインフラをいかに活用するかが大きな問題です。 
これを使いこなした人が次の時代の勝者になるのではないでしょうか。 

2009年08月01日

個人情報

公的機関、民間企業、団体を問わず、いかなる業務であれ、守秘義務が生じます。 
 
平成174月、誰もが安心してIT社会の便益を享受するための制度的基盤として、個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)が全面施行されました。 
個人情報の有用性に配慮しながら、個人の権利利益を保護することを目的とし、民間事業者が個人情報を取り扱う上での、細かいルールを定めています。 
5,000件以上の個人情報を保有している企業等は、個人情報取扱事業者に該当し、例外なく、この法律に対応しなければなりません。 
 
 
内閣府国民生活局のパンフレットには、該当企業が守らなければならないルールとして、 
 
****************************************************** 
 
利用・取得に関するルール 
個人情報の利用目的をできる限り特定し、利用目的の 
 達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱ってはな 
 りません。 
偽りその他不正な手段によって個人情報を取得するこ 
 とは禁止されます。 
本人から直接書面で個人情報を取得する場合には、あ 
 らかじめ本人に利用目的を明示しなければなりません。  
 間接的に取得した場合は、すみやかに利用目的を通知 
 または公表する必要があります。 
 
適正・安全な管理に関するルール 
顧客情報の漏えいなどを防止するため、個人データを 
 安全に管理し、従業者や委託先を監督しなければなり 
 ません。 
利用目的の達成に必要な範囲で、個人データを正確か 
 つ最新の内容に保つ必要があります。 
 
第三者提供に関するルール 
個人データをあらかじめ本人の同意を取らないで第三 
 者に提供することは原則禁止されます。 

 
開示等に応じるルール 
事業者が保有する個人データに関して、本人から求め 
 があった場合は、その開示、訂正、利用停止等を行わ 
 なければなりません。 
個人情報の取扱いに関して苦情が寄せられたときは、  
 適切かつ迅速に処理しなければなりません。 

 
****************************************************** 
 
などが挙られています。 
 
また、これらに違反した場合、人に対しては、1ヶ月以上6ヶ月以下の懲役、又は、1万円以上30万円以下の罰金、企業等に対しては、1万円以上30万円以下の罰金が科されるという罰則も定められています。 
 
 
この法律が施行されてから、4年以上経過しましたが、法の対象として定められている「5,000件以上の個人情報を保有している企業」に限らず、国内ほとんどの良識ある企業では、当然のこととして、ルールに基づき、日々の業務をされていることでしょう。 
 
もちろん、我が社も例外ではありません。 
個人情報をお預かりしている企業として、守るべきことは厳格に守る… 
 
お客様にご迷惑をお掛けすることのないよう、信用を失うことのないよう、さらなる努力を重ねて参る所存です。 
今後とも、宜しくお願い申し上げます。 
 
 
 
余談となりますが、お客様の個人情報同様、社内の個人情報に対しても、守秘義務は守られるべきことです。 
 
例えば、経理に従事する者が、ある社員の給与や家族に関する情報等を、他の社員に漏らすなど、以ての外な例の一つと言えるでしょう。 
もちろん、この例であっても個人情報保護法に触れ、これにより、個人や会社が不利益を受けた場合、その責任を問われることは免れません。 
 
もっとも、このような極端な例の場合、法律云々以前に、社会人として明らかに間違った行為であり、また、一人の大人として、人間性そのものを疑われて当然でしょう。 
 
もし、このような非常識な人間が、本当にいたとしたならば、社内の個人情報のみならず、顧客情報、社の業績内容等も、時には、外部にまで漏らす恐れが少なからずあり、充分な警戒が必要となります。 
万が一の事態となった場合、そんな常識のない者を放置していた会社にも責任が生じること必至ですから…。 
 
 
【参考】 
内閣府 国民生活局 個人の情報保護 
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/houritsu/index.html 
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/index.html 
 
 

2009年07月28日

皆既日食

 722日、46年ぶりという皆既日食が日本国内で見られるということで、多くの人が期待をしていましたが、当日は残念ながら曇りがちで肉眼ではうまく見ることが出来ませんでした。 
 
 日食が始まると共に廻りが暗くなり360度で夕焼けのような現象が起き、解説の人のコメントが 
「何とも言葉では言い表せないような状況です」 
というのが印象的でした。 
 たぶん実際にその場にいればさぞかし感動するのではないかと思いました。 
 私達は毎日太陽の光で生活し、昼と夜が繰り返し訪れる事を当たり前のこととして日々暮らしています。 
 しかしこの日は太陽と月と地球が一直線に並ぶことによって昼の午前11時半頃にもかかわらず、何秒かの間空が暗くなり、夜の世界が訪れました。 
 もしこの太陽の光がずっと当たらないこととなれば私達人間は生存出来なくなる可能性があり、この日ほど太陽光の恵みについて感じたことはありませんでした。 
 毎日むし暑い日が続いていますが、暑いと思う事を太陽光のおかげであり、文句を言ってはいけないなと思いました。 
 しかしこれからしばらく暑い日が続きます。 
 くれぐれもお互い体に気をつけて過ごしていきたいものです。 

2009年07月22日

酒水まんじゅう

 大垣の和菓子店、金蝶園総本家さんが『酒水まんじゅう』という新製品を発売されました。 
 大垣市は昔から自噴水が湧き出ることで水の都として有名です。 
 近年は工業用水の利用により、水位が下がってきましたが最近は紡績等の工場の地下水利用が減り、幣社の井戸水も休日には自噴するようになりました。 
 その地下水と共に食する夏のお菓子として、水まんじゅうが市内のお菓子屋さんで製造販売してこられました。 
 今回、金蝶園総本家の専務さんが幣社の専務と相談の上『酒水まんじゅう』なる新製品を造ってくれました。 
 もともと金蝶まんじゅうは、大垣藩家老の小原鉄心にヒントをもらい酒まんじゅうを造ったのが始まりと聞いていますが、夏の風物史である水まんじゅうにお酒を入れるという発想は大変ユニークでおもしろいと思います。 
 そこで小原鉄心にゆかりのある、幣社バロンテッシンを使用してもらう事になったようですが、今回出来上がった商品を試食させて頂いた感想としては、お酒の風味がほのかにただよい適度な甘味と水まんじゅう独特の冷たさが合わさって、私達酒飲みにも大変おいしく食べることが出来ました。 
 昔からブランデーの入ったケーキは洋菓子店でよく見かけますが、この酒入り水まんじゅうも大垣の名物として育ってくれることを期待しています。 
 何はともあれ若い人達がいろいろ考えてチャレンジすることはとっても良い事だと思います。 
 これからもいろいろな商品開発をしてもらうことを祈っています。 

2009年07月16日

政局

 都議選の結果を受けて政局が一気に動き出しました。 
 最近の自民党の混乱ぶりは目を覆うばかりです。 
 一国を預かる総理大臣が毎年ころころと変わっていては、おかしくなるのも当たり前のような気がします。 
 国を治める為にはそれなりの思いがいるでしょうし、一定の時間がなければその実現力は難しいと思います。 
 昔の総理大臣は、例えば池田勇人の「所得倍増論」や田中角栄の「列島改造論」のように非常に国民にとって分かりやすい指針を示してくれていました。 
 どなたがなっても物事には功罪があり、すべてがうまくいくはずはありません。 
 しかし、ある一定の方向を示して政治を進めてくれなければ国民は戸惑ってしまいます。 
 今日日本は物質的には大変恵まれた国になりましたが、このグローバルな社会において日本の置かれた立場は徐々に小さくなっているような気がします。 
 豊かさを味わっている日本人は、それが当たり前になっているのではないでしょうか。 
 先人達が戦前戦後の苦しい時代を越えて今の豊かな日本を創ってくれました。 
 それを欲しいままに享受している我々として、将来に向けてどうしていくのかを考えるよい機会ではないかと思います。 
 私はイビデンの最高顧問の多賀さんとお話させて頂く機会が時々ありますが、ある時多賀さんが私に 
「三輪君、何をやってもいいけど100年とは言わないがせめて50年先を考えてやりなさいよ」
と言われたことがあります。 
 誰もが目先の欲得で行動する人が多い中で、そんな事を言って頂ける方はなかなかおられません。 
 三輪酒造も170年余りの歴史の中で、世の中の体制の変化や自然災害等幾多の困難に順応しつつ今日まで事業を続けてまいりました。 
 今回の政局の混乱は国の体制としてはそんなに大きく変わるようには思われません。 
 官僚依存をなくすと民主党は言っていますが、むしろ政治家はしっかりしてくれと言いたいです。 
 国政を預かる政治家の人達にもう少し骨のある人が出てきてもよいのではないでしょうか。 
 これからの日本の将来の為に私達国民はよく見極めて選挙に望みたいものです。 

2009年07月14日

とんでもございません!?

最近、耳にして驚いた言葉 
 
「とんでもございません。」 
 
 
・・・。 
 
なんじゃそりゃ ( ̄▽ ̄; 
 
 
 
そもそも、『とんでもない』が一つの形容詞であり 
【とんでも】と“ない”を勝手に切り離し 
“ござません”や“ありません”に置き換えたところで 
丁寧語になるはずもなく… 
 
 
あえて丁寧な言葉に置き換えるとするならば 
 
「とんでもないことです。」 
 
もっと丁寧に言うならば 
 
「とんでもないことでございます。」 
 
が正解 
 
 
 
ならば、そう使えば全く問題ないのかと言えば 
どうやら、そうとも言い切れないようで… 
 
 
『とんでもない』の意味を調べてみれば 
 
・全く思いがけない 
・常識では考えれらない 
・意外である 
・途方もない 
・(非難する気持ちを込めて)大変なことだ 
・冗談じゃない 
・もってのほかである 
・けしからん 
 
などなど 
相手の言うことを強く否定するというのが 
本来の意味であるらしい 
 
 
 
となると 
ありがちな会話 
 
「忙しいところ悪いね。」 
 
「いえいえ、とんでもない。」 
 
って受け答えは 
ある意味、相手に喧嘩売ってることになるのかも… 
 
 
 
難しいですよね 
正しく美しい日本語を使うって
(^^;)  
 
 

2009年07月06日

法事

 日曜日に叔父(父の長兄)の法事で、神奈川の横須賀まで行ってきました。 
 来週の土曜日には同様に先日亡くなった別の叔父(父の次兄)の忌明けの法要に大阪の泉南市まで行くことになっています。 
 私の父(現三輪酒造会長)は6人兄弟の三男で男の兄弟が3人いました。 
 3人とも戦争に行ったのですが、お陰様で無事生きて帰還し、お互いそれぞれの人生を歩んで90歳近くまで生きることができました。 
 私の父は今年満89歳となりましたが元気に毎日の生活を送っています。 
 私の町内では隣近所の方々が戦死をされた方が多く、父が戦地から帰って来た時に母親が 
「謝って歩いてきなさい」 
と言ったそうですが今となっては生きていてよかったと思います。 
 特に長兄は満州で終戦の折、ソ連の捕虜となり2年間音信不通となりました。 
 本来であれば三輪酒造の長男として育てられ、大阪大学の醗酵を卒業した人でしたので三輪酒造を継べき人であったのですが、私の父が先に戦地から帰ったが為に父が継ぐことになったそうです。 
 私も家の長男として生を受け、なんとなく周りからの期待を感じつつ大学を卒業して、今の家業である酒造業を継ぐことになりましたが、これまでの人生を振り返ってみると決して当たり前のことではなかったと思います。 
 長兄の叔父が亡くなる10年位前に私に 
「自分は、家の跡は継がなかったけれども長男としての役目は果たしたつもりでいる」 
ということを言われた事がありました。 
 父はそれ程家を継ぐ事について強く思っていなかったようですが、長男として育てられた叔父の気持ちには強い思いがあったようです。 
 最近では家に対する意識が非常に小さくなってしまいましたが、私達はもう少し親はもちろんの事、祖先のお陰で現在があることを感謝すべきではないかと思います。 

2009年06月30日

平成20年度酒造年度

 酒造年度は毎年71日に始まり、630日に終わります。 
 三輪酒造の白川郷にごり酒の仕込みも年度末ぎりぎりの627日に最後のもろみが上槽され、当日火入れ貯蔵されて、平成20年度酒造年度のすべての造りが終わりました。 
 日本中を探してもこんなに長い仕込みをやっている蔵は珍しいものではないかと思います。 
 にごり酒ならではの特異な条件なるがゆえに可能となり、又そのようになってきました。 
 以前は他の蔵と同じように3月末で終わってしまいましたが、そうすると秋の仕込みが始まるまでタンク貯蔵され、どうしても原酒に色がついてしまいます。 
 にごり酒ですので濾過をすることできず徐々に仕込みの時期をずらすようになりました。 
 最近では新酒が10月には出来るようになり、10月下旬には新酒の出荷が始まります。 
 通常清酒の場合はこの古酒と新酒の入れ替わりが2月から3月頃になります。 
 この時期にいかに味の変化がないように商品造りをするのも蔵の技術の一つでもあります。 
 どちらにしましても約10ヶ月にわたる今年度の仕込みが無事に終わったことに感謝しつつ、造りに関わっているメンバーの労をねぎらいたいと思います。 
 本当にお疲れ様でした。 

2009年06月23日

梅雨

 先週梅雨入り以来、私達の地方は晴天が続いていましたが、今週になってようやく梅雨らしい気候になりました。 
 酒屋にとってこの梅雨の時期は一番気をつけなければならない季節です。 
 蔵内はいつも清潔に保つのは当たり前ですが、特にじめじめとしたこの季節は雑菌が繁殖しやすく、酒の管理に大変気を使います。 
 タンク貯蔵されている酒はもちろんの事、毎日瓶詰めされる酒についても一本一本の火入れ温度が下がらないようにしなければなりません。 
 火落ち菌の繁殖がすさまじくタンク内は一日で菌が増殖してしまいます。 
 特に白川郷にごり酒は菌の繁殖には条件が充分にそろっている為、製品の雑菌についても二重に殺菌をしてお客様の手元に届いても大丈夫なように充分気を付けています。 
 どちらにしてもこの季節は人間の体もなんとなく憂鬱になる時ですが、お互い充分に体調を管理して蒸し暑い季節を乗り切りたいものです。 

2009年06月16日

白川郷 「結(ゆい)」 

 先週、白川村へ行って来ました。 
 32年前に白川村より、どぶろく祭りに売れるどぶろくを造って欲しいという依頼により生まれた『純米にごり酒白川郷』は、今日では村内はもちろん全国のにごり酒ファンの方々にご愛飲頂いております。 
 そのお礼の気持ちを込めて毎年白川村に寄付をさせて頂いています。 
 現在では合掌集落が世界文化遺産に登録され、東海北陸道も全通して年間200万人に近い観光客が訪れる村になりましたが、30年前までは陸の孤島と呼ばれ、村からどんどん人が出て行ってしまい合掌の建物も散逸していました。 
 そんな中、村の人々の努力で合掌の保存活動が始まり、結(ゆい)という互助の精神で村内の様々な行事をお互いに助け合いながら暮らすということを推し進めた方々の努力によって、今日の白川村の繁栄が造られました。 
 互助の精神は、昔の日本人は誰もが持ち合わせていたのではないかと思いますが、戦後の間違った自由主義の普及により、自分中心の考え方が当たり前の世の中になってしまいました。 
 私は時々白川村へお邪魔しますが、村の人達はとても温かくのんびりと暮らしておられます。 
 しかし最近は村外の人達も多くなって少しずつ変わってきたようにも感じられます。 
 これからもずっとずっと白川村の環境を守りつつ、村が発展していくことを望んでいます。 
 弊社も微力ながらお手伝い出来ることから実行していくつもりです。 

2009年06月09日

google(グーグル)

 昨日の日経新聞の一面に「グーグル創業者の覚悟」という記事が掲載されていました。 
 近年、IT業界においては、ヤフー、マイクロソフトといった大企業が出現しましたが、ここにきてグーグルの存在が大きくなっています。 
 グーグルは2人の天才創業者によって2004年に創立されてましたが、彼らはそれまでの常識を破って、誰もが参加できるコンピュータネットワークの社会を実現させ、人間の行動様式を変えていこうという、とてつもない理想の元に、検索エンジンとしてのグーグルを基本として、今も進化し続けています。 
 我々企業人は、事業は何の為にあるかということをいつも考えながら会社経営を行っています。 
 もちろん、利益を追求するというのは当然のことでしょうが、それとはまったく違う次元で、社会の為になるかどうかは大切な要素の一つだと思います。 
 しかし、グーグルの2人の創業者は、もっと大きくコンピュータネットワークを使って社会を変えようという、大きな理想に向かって突き進んでいます。 
 グーグルの世界に集まるエンジニア達は、その理念に共感して、世界中からグーグルのネット社会に参加しています。 
 私は、この20年間、コンピュータのネットワーク社会の進化を間近にみてきました。 
 IT革命と言われて久しいのですが、ようやくその革命が完了する日が近づいているように思います。 
 人間の知恵は際限なく進化しますが、そこには欲得がついてまわります。 
 会社経営においても、どうしても利益中心主義にならざるを得ません。 
 しかし、グーグルのようなとてつもない理想は、無理にしても自分たちが是非とも実現したいという目標は、もっと地域の為、社会の為になるような事に向かって努力することも大切なように思います。 
 甘いと言われるかもしれませんが、人間の一生なんていうのは、本当に短いものです。 
 残されたわずかな人生を、社会の為に何かお役に立てるという気持ちを忘れないで今後頑も張りたいと思う今日この頃です。 
 

2009年06月02日

GM破綻

 61日米ゼネラル・モーターズ(GM)が米連邦破綻の申請をし、事実上破綻しました。 
 以前から予想されていた事で、市場は冷静に判断しているようです。 
 しかし、アメリカ経済の反繁栄の象徴であったGMの倒産は一つの時代が終わったことを表しています。 
 100年という長いようで短い年月ですが、どんなに大きな企業であっても時代の変化に対応出来なければ消えていかなければならないということのようです。 
 私達の事業は、日々の生活の中で必要とされている事を商いとさせて頂いていますが、例えば私の会社の事業である清酒の製造業などは、近年では本当に必要ないのではないかと思えるくらい衰退をしています。 
 しかしながら、清酒製造業に代わる事業もいろいろ考えましたが簡単には事業転換が出来るものでもありませんでした。 
 最近は清酒製造業を中心として、それに出来るだけ関係のある仕事に限定して事業転換をするようにしています。 
 時代に合わせてとよく言われますが、今回のような激変にはどの事業者も苦しい思いをしておられることと思います。 
 窮すれば通ずという言葉がありますがこんな時代こそじっくりと落ち着いて考える時ではないでしょうか。 

2009年05月26日

全国新酒鑑評会

 平成20年酒造年度全国新酒鑑評会の入賞酒が発表されました。 
 地酒VANサービスの会員蔵元のメンバーも多数入賞され、誠におめでたい事でありお祝い申し上げます。 
 この酒鑑評は明治44年以来今年で97回目を迎えるそうで、全国の蔵元の技術を高める為に長年続けられてきました。 
 近年は各県ごとに醸造試験場の先生方を中心に酵母を含めて、研究が進み年々華やかな吟醸酒が出品されています。 
 残念ながら岐阜県内の蔵元の成績は今一つで、今年の金賞受賞蔵は4社と大変さびしい数となっています。 
 ただ、最近のアルコール業界の中での清酒の存在が非常に厳しい状況にある中で、過度な技術競争はいかがなものかと思います。  
 蔵の杜氏たちが新酒酒鑑評に入賞するべく、酒造りに一生懸命になるのはいいのですが、それ以外の本来消費者の方々が求めている酒造りがおろそかになっては何もなりません。 
 普段飲んで頂けるお酒が評価されてこそ、日本酒を飲む人が増えてくるのではないでしょうか。 
 近年のアルコール消費の動向をみていると低アルコール、低カロリーの商品の方向へ消費が傾いています。 
 そんな中で清酒のアルコール濃度やカロリーは最も高い数値を示しています。 
 おいしいという評価と飲みたいという気持ちは比例するわけではなく、特にメーカーの思いと消費者の思いはなかなか一致しません。 
 金賞受賞は確かに素晴らしいことですが、もう少しお客様の立場に立った商品作りを心がける必要があるのではないかと考えます。 
 私もこれまでいろいろな商品を世に出してきましたが、白川郷純米にごり酒のようなヒット商品は作ろうと思っても作れるものではないということを、身をもって体験させてもらいました。 
 清酒業界に今何を求められているのかについて、今一度真剣に考え直す時ではないでしょうか。 

2009年05月20日

事業改革

 先週位から、3月末決算の企業が、順次、決算内容について発表しています。 
 上場企業の約半分が赤字決算とういことで、今回の景気がいかに大きな影響を及ぼしているかが分かります。 
 幣社におきましても、厳しい状況は他と変わりません。 
 小売の大手についても、決して楽な状況ではないようで、昨年まで順調に売れていた白川郷にごり酒も、2月以降確実に売上げが低下しています。 
 得意先からも様々な問い合わせがあるようですが、なかなかすぐに売上げに結びつくような事にはなりません。 
 こんな時に何をすべきかということになりますが、まずは経費の見直しを、今後しっかり行うことが大切になります。 
 今週に入って新型インフルエンザの拡大により、様々な形で経済活動にも影響が出始めています。 
 100年に一度という大改革の時代を向かえて、今私達は何をどのようにすべきかについて、皆の英知を結集して取り組んでいかなければならないと思います。 

2009年05月12日

大垣祭り

   

 

 910日の両日、大垣市内において360年の伝統を誇る大垣祭りが7年ぶりの好天に恵まれ、勢大に開催されました。 
 両日共雲一つない青空となり、日中は気温がどんどん上がり大変な暑さでした。 
 私は昨年より亡くなった先輩の後を受けて、船町玉の井車山の担務委員長として2日間午前6時より午後11時までしっかりと参加させてもらいました。 
 2日目は10キロ以上の道のりを羽織袴を着て車山と一緒に練り歩くのですが、さすがに参りました。 

 

    


 一昨年までであれば途中で抜け出してなんとなく休むことが出来たのですが、今年は責任上それもならず最後は気力で歩いていました。 
 町内の方々も皆さん一生懸命協力して頂き、事故もなく無事に祭りを終えることができました。 
 伝統を守るという事はなかなか難しい事ですが、80代の方から20代の若者まで町内が一つになれる唯一の機会です。 
 普段町内に住んでいない人もこの日に合わせて祭りに参加する為に実家に戻ってくる人もいます。 
 そんな思いが永い伝統文化を支えていてくれているのだと実感しました。 


 
    

2009年05月11日

蔵元イベントのご案内

 
岐阜県各務原市・小町酒造さんより、イベント情報が届きました
 
 
    *************************************************
 
 
長良川蔵元イベント情報 
 
 
200966日(土)、地元でふるさときゃらばん講演を企画してきた「かがみはら げんきかい」主催による“尺八メインの音楽”と、“そば”、“日本酒”のコラボライヴイベントが、長良川醸造元・小町酒造にて催されることになりました。 
 
 
長良川蔵元 酒蔵ライヴ 
虚無僧 尺八 
 
 
日 時 :平成2166日(土) 
     午前11時〜午後2時 
 
場 所 :〒504-0851 岐阜県各務原市蘇原伊吹町2-15 
     小町酒造株式会社 内 
 
     アクセスマップ 
     
  
 
入場料 :1,000円(そば・酒付)
 
 
【イベント内容】 
 
■酒蔵ライヴ 
  演奏者  尺八 : 長谷川 斗石 / 古田 虎山 
  演奏曲  本手調子 阿字観(薩慈) 虚空 
  賛助出演 ハーモニカ : 尾崎 順彦 
 
■そば打ち実演 
  打ったそばを「ぶっかけそば」で食べていただきます 
  手打ちうどんもあります 
 
■日本酒 きき酒、銘柄あて 
  豪華商品を用意します 
  奮ってご参加ください  
 
 
[その他注意事項など] 
 
・駐車場が限られていますので公共の乗り物をご利用ください 
お車を運転される方のご飲酒はお断りいたします  
飲酒運転は犯罪です 絶対におやめ下さい 
お酒は20歳になってから お酒はおいしく適量を 
 
 
 
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております 
 
 
チケット売り場 小町酒造 他 
 チケットご購入希望の方は、その旨、小町酒造へお問合せ願います 
  
お問い合わせ 
 〒504-0851 岐阜県各務原市蘇原伊吹町2-15 
 小町酒造株式会社 
 TEL 0583-82-0077 FAX 0583-71-1027 
 http://www.nagaragawa.co.jp/ 
 

 

 

娘の嫁入り

 今年は、2日が土曜日となり、幣社も5日間の連休となりました。 
 先月から始まった高速道路の1,000円乗り放題を利用して大移動があり、高速道路は自家用車でいっぱいとなったようです。 
 私は今月次女が嫁ぐこととなり、2日に嫁入り道具を新居に運びました。 
 長女の時は、近くのマンションに少しずつ必要な物をそろえていけばよかったのですが、今回は1ヶ月以上前から、家内と娘が色々な物を買い揃えて準備を進めていました。 
 こういう時は父親は何も役に立たないもので、近くで見ている存在となってしまいます。 
 当日は天候に恵まれ、引越しの業者の方々と一緒に荷物を運び入れる事ができました。 
 30年近く自宅にいてくれた娘がいなくなると思うと何となくさびしい気持ちになりますが、何とか幸せになってもらいたいなと思っています。 
 子供はいつかは親から巣立って行くのですが、様々な苦労を乗り越えて子供が成長していく姿を見ていると親としては大変嬉しく思います。 
 何事もない人生なんてあるはずがありません。 
 苦労しただけ身になるように思います。 
 嫁に行った後も、さぞかし苦労することと思いますが頑張ってもらいたいものです。 

2009年04月21日

天平の甍

 先週の日曜日奈良へ行って来ました。 
 午前中に薬師寺を拝観し、お昼は奈良公園の春日ホテルで昼食をとり、午後は唐招提寺に戻って、拝観しました。 
 両寺ともどなたもご存知の大変高名な寺院ですが、私は40年ぶりに訪れる機会を得ました。 
 薬師寺は境内の修復がかなり進み、新しい建物がいくつか出来て、整然と整備されていました。 
 国宝の薬師三尊像も変わらず煌々しいお姿を拝むことができて嬉しく思いました。 
 唐招提寺は本堂の修復も終わり、天平の時代から続く建物がなんとも言えない静けさの中にしっかりと守り継がれた精神を感じさせてくれました。 
 残念ながら鑑真和尚像は奈良公園の国立美術館の方へ展示されていて、拝むことが出来ませんでしたが、ほんの一時、平城京の昔を味わうことが出来て、日頃の忙しさを忘れさせてくれました。 
 同じ西の京にある2つの代表的な寺院を拝観したのですが、新しく造営された建物が多い薬師寺と昔ながらの建物が多く残る唐招提寺ですが、それぞれの生き方を見せられて何となく感じるものがありました。 
 同じ仏の心を伝えるお寺でありながら、その心の伝え方はそれぞれ違いがあるようです。 

2009年04月15日

桜島噴火

 先週9〜10日と商用で鹿児島へ行ってきました。 
 9日の3時頃ホテルについてしばらくしてから、ホテルの玄関から桜島を眺めてみると、まっすぐに空に向かって噴煙が立ち上っているのが眺められました。 
 他のお客様と会話をしながら携帯のカメラで写真を撮りました。 
 後で分かったのですが、爆発したのが330分頃だったのですが、私がシャッターを切ったのは36分でした。 
 9年ぶりの噴火だったそうです。 
 
 
 
 
 
 その時はすっかり晴れわたっていましたので、そのまま4時から始まった会議に出席し、会議終了後に再度表を見た時は鹿児島市内は一面真っ黒で先程までホテルの前に止まっていたタクシーはピカピカであったのがどれも灰をかぶって真っ白になっていました。 
 ホテルの人が、今夜街を歩かれるときは傘を持っていかれたほうがいいですよと言われました。 
 以前から鹿児島の人々はたえず桜島の噴煙に悩まされているという話は聞いていましたが、それを目の当たりにして事の大変さに驚かされました。 
 雪国の人々の除雪の大変さはよく知っていますが、火山灰が降ったときの状況はなかなか味わうことの出来ないことだと思います。 
 自然の力は計り知れないものがありますが、私達の地域は永年水の脅威にたえず脅かされてきました。 
それぞれの地方でいろいろな自然災害があります。 
 私達人間は多くの自然の恩恵を受けて生活していますが、時々災害にも遭います。 
 それ等の自然の力と向き合いながら日々暮らしていきたいと思います。 

2009年04月01日

新年度

 平成20年度も無事に終えることができ、本日より平成21年度が新たに始まりました。 
 昨年度は9月まで順調であった景気が10月以降あっという間に冷え込んでしまいました。 
 政府を始め関係者が様々な対応をしていますが、お陰様で少しずつ落ち着きを取り戻しているようです。 
 しかし、本当の厳しさはこれから来るような気がします。 
 最近の消費動向を見ていると、酒、食品だけはそれほど影響がなかったようですがここにきてスーパーの売上げも徐々にかげりが見えています。 
 私の廻りの社長さん達も、6月頃には何とか少しは回復する事を願っておられるようですが、このまま年末まで進むようであれば資金繰りにも困る企業が増えてくると思われます。 
 どちらにしても平成21年度は大変厳しい一年となることは間違いないようですので、手綱を引き締めて事業運営にあたらなければならないと思っています。 
 先週末には杜氏も岩手に帰りましたので蔵の中は夜は誰もいなくなりました。 
 今月からは製造部長が中心となって6月まで20本程にごりの仕込みを続けます。 
 近くの船町湊の桜もようやく半分近く開いてきました。 
 もっと早く咲くだろうと思っていたのが、先週からの急な冷え込みで開花が遅くなりましたが今度の土日には見事に咲きそろうのを楽しみにしています。 
 今年も一年間いろいろな事がありそうですが、四季を感じつつ、あせらずゆったりした気持ちで過ごしていきたいものです。 

2009年03月30日

蔵開きのご案内

 
木曽福島・七笑酒造さんより、蔵開きイベントの案内が届きました
 
 
    *************************************************
 
 
七笑蔵元 『酒蔵開放』 開催 
 
 
 
平成20酒造年度(平成2071日〜21630日)の酒造りも、無事、終了致しました。 
 
つきましては、日頃、七笑をこ愛飲の皆様、お世話になっている地域の皆様へ、感謝の気持ちを込めて、来る418日に、酒蔵を開放致します。 
 
当日は、お酒の試飲の他、蔵の見学、七笑特製豚汁の振る舞い、楽しいゲームなど、様々な企画を用意し、大人の方からお子様まで楽しめるよう、社員一丸となって運営します。 
また、当日だけの限定酒(秘蔵酒)も、特別に用意します。 

 
 
 
 
第4回 七笑蔵開き 
 
 
日時 :平成21418日() 
    午前11時〜午後3時  
 
場所 :397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5135 
    七笑酒造株式会社 
     ・中央道塩尻ICより 車で45分 
     ・中央中津川尻ICより 車で30分 
     ・松本空港より 車で1時間 
     ・名古屋から 「特急しなの」で約2時間 
     
http://www.nanawarai.co.jp/kaisha.html#map 
 
 
【イベント内容】 
 
七笑樽の「関所門」でのお出迎え 
 
酒蔵見学 
 
試飲会 
 人気の「しぼりたて」他、各種美酒 
 
限定商品販売
 蔵開き当日初披露秘蔵酒「長期熟成純米吟醸」 
 地元木曽町産酒米使用「純米しぼりたて」  など 
 
名物「七笑特製豚汁」の振る舞い 
 今年も もちろんあります!(先着300名様) 
 
出張販売 
 「御菓子 田ぐち」様 「木曽駒高原アルパイン」様 
 
蔵元自慢「自家製お漬物」試食販売 
 
家族みんなで楽しめるゲーム   
 
 
 
[その他注意事項など] 
 
入場は無料です 
お車を運転される方のご飲酒はお断りいたします 
 (飲酒による事故防止のため試飲をご遠慮いただく場合がございます) 
飲酒運転は犯罪です 絶対におやめ下さい 
お酒は20歳になってから お酒はおいしく適量を
 
 
 
 
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております 
 
 
 
◇ お問い合わせ 
七笑酒造株式会社 
〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5135 
TEL 0264-22-8073 FAX 00264-22-4164 
http://www.nanawarai.co.jp/toiawase.html
 
 
 
 
詳細 蔵元WEBサイト 

http://www.nanawarai.co.jp/index.html 
 

2009年03月27日

酒蔵開放のご案内

 
 
石川県小松市・加越さんより、酒蔵開放イベントの案内が届きました
 
 
    *************************************************
 
 
酒蔵・加越 酒蔵開放 のご案内 
 
 

勧進帳のふるさと、歌舞伎のまち、こまつ。 
霊峰加賀白山の伏流水で醸す酒蔵・加越の酒。 
 
 
高精白による雑味のない純粋な酒の旨味と、 自然で、奥ゆかしい控えめな香りを特徴としており、雪国北陸でも極めて繊細な造りを行っている酒蔵です。 
 
加越の歴史は江戸末期まで遡り、 
「お客様に喜んでいただける酒」
を目指し、技に磨きをかけ、近年の吟醸造りには高評価を得ております。 
 
 
酒蔵開放当日は、いろいろな楽しいイベントを行いますので、
皆様お誘い合わせの上、是非、ご来場ください。 

 
 
 
 
 来まっし、見まっし、酒蔵・加越 
 しぼりたての新酒を味わってみませんか? 
 
 
日時 :平成21412日(
    午前10時〜午後3時(酒蔵見学は午後2時半まで)
    天候に関わらず開催致します 
 
場所 :石川県小松市今江9丁目605番地
    酒蔵 加越 敷地内 
 
 
【イベント内容】 
 
説明を聞きながらの酒蔵見学 
  混み合いますのでお早めに!

当日限定販売!!
 新酒大吟醸にごり(1,000円 / 500ml入) 
 他、加越商品の展示即売会
 
グルメコーナー 
 元気源エ門の豆腐・うどんでおなじみの「織田屋」さんが出店 
 他にも、甘酒、焼き鳥などグルメが充実 
 
きき酒」大会開催 
 全問正解で商品がもらえる! 自慢の舌で挑戦してください 

 
輪投げ」有料) 
 高額商品(酒)をゲットできるかも… 

 
仕込み水 無料提供 
 どうぞ、仕込み水を汲みにきてください! 
 ペットボトルでも水筒でも、ポリタンクでも… 
 いっぱい汲んでください 
 
他「マジックショー」など 
 
 
 
[その他注意事項など] 
 
入場は無料です 
イベント当日、駐車場はございますが、お車を運転される方の 
 ご飲酒は御遠慮ください 
 (自転車も飲酒運転処罰対象となりますのでご注意下さい) 
飲酒運転は犯罪です 絶対におやめ下さい 
お酒は20歳になってから お酒はおいしく適量を 
 
 
 
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております 
 
 
 
◇お問い合わせ 
株式会社加越 
〒923-0964 石川県小松市今江町9丁目605番地 
TEL 0761-22-5321 FAX 0761-23-1444
電話受付 月〜金 午前9時〜午後4時 
URL 
http://www.kanpaku.co.jp/ 
E-mail 
info@kanpaku.co.jp
 
 
 
 
詳細 蔵元WEBサイト 

http://www.kanpaku.co.jp/even/H21kurakaihou.html
 

2009年03月25日

金融大崩壊

 今回、多賀塾の課題図書として金融大崩壊という本を読む機会を得ました。
 三菱UFJ証券参与でチーフエコノミストの水野和夫さんの書かれた本で、現在起きている大不況がなぜ起きたかについて分かり易く説明されていました。
 アメリカのサブプライムローン問題に端を発したと言われていますが、なぜここまでの事になってしまったのかについては誰もが理解に苦しむ所です。
 くわしくは是非この本を読んで頂ければよいのですが、どうも頭の良いアメリカ人が高度の金融工学を駆使して、リスクの高い住宅ローンをいろいろな金融商品に紛れ込ませて証券化し一般の投資家に分からないようにして販売した為のようです。
 しかし私は今回もそうですが日本で10年以上前に起きたバブル経済も根本的には人間の欲望のなせる業ではないかと思います。
 世界中の人を巻き込んで賭博場を開いたようなものです。
 特に現代の株式を含めた金融商品はIT技術の発達により世界中どこにいても簡単に商品が売買できるようになり、尚且つ36524時間動いている為に、売買の判断をコンピュータのシステムにゆだねている人も増えています。
 ある金融商品の価格が一定の価格になると自動的に売り入るシステムになっています。 
 ですから昨年のある時期に一気にあらゆる証券が大暴落したのもなんとなく頷けます。 
 人間の欲望というのは再限がないのですが、地道に毎日商売をしている私達にとっては非常に迷惑な話です。
 今後の展望については、来年の年末には何とか復調の兆しが見えて数年後には元にもどるのではないかというのが多賀塾の結論でした。
 世の中の事象に惑わされることなく与えられた仕事をこつこつとこなしていきたいと思います。

2009年03月17日

高速道路乗り放題

 今月28日から全国の高速道路が1,000円でどこまでも行く事が出来る事になります。 
 土曜、日曜で一般車両のみという限定ではありますが、全国の行楽地に向かう家族連れであちらこちらで渋滞が起きることが予想されます。 
 当地方では白川郷インターや郡上インター、そして一宮インター周辺は大渋滞となるのではないかと思います。 
 昨年7月に東海北陸道が開通し、白川郷に寄って北陸方面に向かう人が一挙に増えました。 
 お陰で白川郷への観光客は今年度200万人を突破する勢いです。 
 昨年10月、11月の3連休では、白川郷インターから清見インターまで10km以上の渋滞が起きました。 
 今回の経済対策の中で最も効果のある対策になるのではないかと思いますが、日本中の人が遠出をして、それぞれの観光地でお金を使ってくれれば大変な経済効果が生まれると思います。 
 給付金の12,000円は1回使ってしまえばそれで終わりですが、高速道路1,000円というのは、2年間続けられるそうですから、私もかなり利用させてもらうのではないかと思います。 
 それと人間はどこかへ出掛ければ自然と財布のひもは緩むのもので、特に奥さんと一緒となればなおさらです。 
 土曜日の深夜0時から日曜の24時までに高速道路に入れば、この制度が適用されるようなのでいろいろ考えて、出来るだけ有効に利用させてもらいたいと思います。 
 今までなら月曜の朝出発していたのをちょっと無理をして日曜の夜中に走ってしまうとか、金曜日に帰るのを土曜日まで延ばすとかいろいろ考えることが可能です。 
 どちらにしても今の急激に冷え込んだ景気を少しでもよくする為にもいろいろな施策を考えてもらいたいものです。 

2009年03月11日

指定管理制度

 数年前より行政が諸施設を民間に委託する指定管理制度が始まりました。 
 岐阜県においてもいくつかの施設がこの制度を取り入れて民間委託が始まっています。 
 昨年の4月より大垣市の情報工房がGINETグループに管理委託され、今年4月からは隣に位置するソフトピアジャパンのセンタービルについても、運営管理に参加することになっています。 
 最近郵政公社が所有するかんぽの宿の売却についていろいろと問題になっていますが、岐阜県も十数年前に建てられた諸施設の運営費を抑制する為に苦労しておられます。
 私は立場上、行政の方々と接する機会が多くありますが、基本的な部分で私達民間企業の人間と大きく違う事があります。
それは役人の方々は、年度末の議会に上程出来るように毎年10〜11月位までに次年度の事業計画を立案します。
そして年度が変わるとその予算を使って1年間それぞれの事業を推考して行きます。
 しかし私達民間企業は毎度年度の始めまでに次年度の売り上げ目標を作成し、その為の生産計画や販売計画を立て、年度が始まるとともにその売上目標に向かって最大限努力をしています。
 行政の方々は議会が終わった時点で私達でいう売上、いわゆる予算が立ちます。
 建物管理においても、それぞれの諸施設をどのようにして有効活用して収入を増やすのという発想が欠けているように思います。
 ソフトピアジャパンの諸施設についても梶原前知事のもと多額の税金をつぎ込んで造られましたが、現在では充分に活用されているようにはとても思えません。
 GINETとしては今後岐阜県並びに大垣市との間に入ってIT関連企業だけでなく、地元企業の方々はもちろん幅広い産業を視野に入れながら、ソフトピアジャパン全体の活性化を目指すつもりでいます。
 いよいよ世の中はIT社会が到来し、あらゆる業種においてITインフラを使いこなしていかなければならなくなりました。
 行政の方々におまかせしているだけでは地域はよくなりません。
 もっともっと知恵を出す必要があると思います。

2009年03月09日

リアル大垣合同企業展

 先週225日に大垣商工会議所主催による第2回「リアル大垣合同企業展」を開催し、成功裡に終了することが出来ました。 
 この企業展は来春卒業予定の学生さんに、大垣地域の企業を知ってもらう為に昨年から始めました。 
 昨年は第1回ということもあり、参加企業をお願いするのも学生さん達に当日来場してもらうことも大変苦労しましたが、今年は参加企業は早く決まり、又学生さん達についても現在のような経済状況の中でしたので、非常に関心が高く大変タイムリーな企画であったと思われます。 
 学生さん達にとって、自分の人生を左右するであろう就職先を決めることはとても大切な事ですし、企業側にとってはより優秀な人材を確保することが求められます。 
 昨年までの大垣地域は、愛知県の特にトヨタを始めとした自動車関連の企業が好調であった為に非常に求人難の状況でした。 
 それが秋以降の激変により、一挙に人余り現象が起き、今年はチャンスであると考えておられる企業もいくつかあります。 
 昔から企業は人なりといいますが、いい人材が揃っている企業は自然と雰囲気もよく、業績も伸びているように思います。 
 残念ながら弊社は新卒の学生さんを育てる力もなく、中途採用の方が多く働いてくれています。お陰様でそれぞれが一生懸命頑張ってくれていますので、徐々にではありますが会社内の様子もよくなってきましたが、まだまだ不十分であり、将来若い人たちが入ってきたくなるような会社になる事を願っています。 
 どちらにしましても、会社の方針に向けてそれぞれの社員が立場をわきまえて仕事をしてくれる事が最も大切なことではないかと思います。 

 

2009年03月08日

mixi

ネットを利用されている方ならば 
一度は耳にしたことがあるであろう 
SNS(ソーシャル・ネットワーキング サービス)『mixi』 
http://mixi.co.jp/ 
 
 
20044月のスタートから今年で5周年を迎えた同サイトは 
今や、会員数1,630万人を超え 
月間ページプレビューは約147億アクセスを誇る 
国内最大級のSNSとして知られています 
 
 
で 
ちゃっかりとその『mixi』会員でもあるボクが 
偶然にも見つけちゃいました 
 
 
mixi コミュニティー 『にごり酒 白川郷倶楽部』 
 
  白川郷っったまんねー!!!  
  って方のための、コミュです。  
  毎日飲みたい・・・。       (コミュ説明文より)
 
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3333476 
(※ご免なさい mixi会員の方しかご覧になれません) 
 
 
 
嬉しい反面 
ちょっぴり気恥ずかしいような… 
 
でも 
ホントありがたいことです 
 
 
地酒の中でも 
更にニッチな世界であるにごり酒 
 
その中から 
あえて『白川郷』を好きだと言ってくださる方々… 
 
「支えられているんだなぁ。」 
と、感慨深い気持ちになると同時に 
「期待を裏切らぬよう、益々、頑張らねば…。」 
と、身の引き締まる思いです 
 
 
本当にありがとうございます 
 
これからも『白川郷 にごり酒』を 
宜しくお願い申し上げます 
 
 
 
そして『にごり酒 白川郷倶楽部』以外にも 
地酒VANサービス会員蔵元さんのコミュがありました 
 
『開当男山』(福島県:開当男山酒造さん) 
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1282977  
 
『飛騨の名酒 「天領」』(岐阜県:天領酒造さん) 
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2472288 
 
『開明』(愛媛県:元見屋酒店さん) 
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2237904  
 
他にも探せばあるのかもしれませんね 
 
 
日本全国の蔵元は 
地酒ファンの皆様に支えられながら頑張っています
 
 
末永く応援くださいます様
何卒宜しくお願い申し上げます 

 

2009年02月26日

酒蔵開放のご案内

過日ご紹介させていただきました岐阜県美濃加茂市・御代桜醸造さんの酒蔵開放(37日〜8日開催)につきまして、イベント詳細の案内が届きました。 
 
 
  ************************************************* 
 
 
『酒蔵開放 2009』 イベント詳細 
 
 
本年度開催の酒蔵開放のイベント詳細が決定いたしましたのでご案内いたします。 
社員一同、皆様の御来場をお待ち申し上げております。 

 
 
 
日時 :平成2137日() 〜 38日() 
     両日とも10:0015:00 
 
場所 :御代桜醸造 酒蔵 
     岐阜県美濃加茂市太田本町3-2-9 
     TEL 0574-25-3428 
 
料金 :入場料無料(一部、有料のサービスがございます) 
    ※ 車を運転される方の試飲はご遠慮ください 

 
 
イベント内容 
年に1度、2日間限りとなる春のしぼりたての蔵元限定販売 
 さらにお楽しみ大抽選会へチャレンジ 
ノスタルジックな空間で味わう御代櫻『SAKE BAR 
酒造の副産物って凄い 
 自社製造の酒粕を使った『パン・和菓子・酒粕飴』等の限定販売 
吟醸粕仕込みの『杜氏特製甘酒』の無料サービス 
ご来場いただいたお子様に『綿菓子』の無料プレゼント …等 
    ※ 車を運転される方の試飲はご遠慮ください 
 
 
 
皆様にお会いできることを何より心待ちにしております。 
 
 
 
【交通アクセス】 
 
最寄り駅からの所要時間 
  JR高山線美濃太田駅より徒歩約10分 
  名鉄日本ライン今渡駅より車で約7分 
 
最寄り駅までの所要時間/公共交通機関をご利用の場合 
[名古屋から] 
特急ひだ号でJR高山線美濃太田駅へ約40分 
名鉄特急で鵜沼駅経由JR高山線美濃太田駅へ約40分 
名鉄特急で犬山駅経由広見線日本ライン今渡駅へ約45分 
[大阪から] 
直通特急ひだ号でJR高山線美濃太田駅へ約2時間30分 
新幹線と特急ひだ号でJR高山線美濃太田駅へ約1時間30分 
 
お車をご利用の場合 
名神高速道路「小牧I.C.から国道41号線 約30分 
中央自動車道「多治見I.C.から国道248号線 約30分 
東海北陸自動車道「関I.C.
」から国道248号線 約20分 
 
 
【詳細蔵元WEBサイト】
http://www.miyozakura.co.jp/intro/ 
 
【お問い合わせ】 御代桜醸造株式会社事務所 
        TEL 0574-25-3428 
 
 

2009年02月24日

地産地消

 近年地産地消という言葉をよく耳にすることがあります。 
地元で出来た商品を地元で消費しようということですが、最近のようにこれだけ流通が複雑になるとなかなか地産地消が難しくなっています。 
 現に幣社においても、地域の小売店で売ってもらおうと思うと個人商店は直接お願いすれば大丈夫ですが、スーパーのようなチェーン店になるとそれぞれの本部におられるバイヤーにお願いしなければなりません。 
 チェーン店においても地元のお客様の為にわざわざコーナーを作って地元で出来た食材を並べる所も出来てきました。 
 しかしながら現実には商品力等の違いによって、なかなか売れる所まではいっていないのが現状です。 
 弊社におきましては、道三、白川郷のブランドで商売をさせて頂き、岐阜県を代表する商品として全国へ売らせて頂いているつもりです。 
 以前から大垣ブランドを育てたいと思い「バロンテッシン」という商品を販売しておりましたが、今年は昨年以来上石津町の方々達に協力して頂いて、大垣JCのメンバーが体験農場を開いて田植や、芋掘りを子供達と一緒に活動していましたのでそこで採れたお米を使ってバロンテッシンの仕込みをしてみました。 
 そのお酒が今週出来上がり、25日に上石津町の農家の方々に酒蔵へお越し頂いて実際に絞っているところを見て頂くことになりました。 
 これでようやくバロンテッシンは地元のお米で造った地元のお酒と言えます。 
 今後は、もっともっと研究を進めてどんなお米が適しているかを調べつつ、お客様に喜んで頂けるお酒を醸していきたいと思います。 

2009年02月18日

【更新】地酒道楽推奨のお酒

地酒道楽推奨のお酒を更新しました。

暖かくなったり、いきなり雪が降ったり。。。

最近の天候は、本当に目まぐるしく変わります。

でも。。。

まだまだ、寒い日は続きますよね。

という訳で、今回は、寒い夜にピッタリの『鍋に合う日本酒』をご紹介します。

 

続きを読む "【更新】地酒道楽推奨のお酒" »

2009年02月17日

井戸水

私達の住む大垣市は昔から「水の都」と呼ばれてきました。 
子供の頃には、各家庭の台所に自噴水の井戸水が流れ食物を冷やしたり、洗い物をしたりと大変便利な街でした。 
しかしながら、戦後工業用水が大量に使用されるようになり、井戸が自噴しなくなった為に家庭においては水道水を使うようになりました。 
今でも大垣市の水道水はすべて地下水でまかなわれていますので、水道水と言えども他の都市と比べると大変おいしいように思います。 
弊社においては仕込み水はもちろん、すべての水を2本の井戸からポンプアップをして地下水を利用させて頂いていますが、近年工業用水の利用が減り年末年始や連休が続いた時などは井戸が自噴している事があります。 
私達は普段から豊富な湧水に囲まれて生活している為に、水は当たり前にあるものという感覚で育ちました。 
しかしながら世界中にはこの水がない為に、大変苦労している人がいるということも現実の問題として存在します。 
自然の恵みをあたりまえとしてとらえるのではなく、私達に与えて頂いた恩恵として感謝することが最も大切なことではないかと考えます。 
そしてその感謝の気持ちを少しでも社会にお返しをすることによって、自分の借財を減らすことになるのではないでしょうか。 

2009年02月10日

【更新】特選情報

地酒道楽【特選情報】を更新しました。


今回は、秋田県の阿桜酒造さんの特集です。

『秋田』というと、やっぱり酒どころ。

もちろん、お米もおいしいですよね。

それと。。。

『かまくら!!』

続きを読む "【更新】特選情報" »

通信販売

最近徐々に通信販売でいろいろな物を買求める方が増えている様な気がします。 
通信販売は昔からありますが、近年はインターネットを使ったショッピングモールが出来て、多様多種な方法でいつ、どこからでも商品を取り寄せる事が可能になりました。 
特にヤマト運輸を始め、宅配便の発達もこれに拍車をかけているようです。 
景気のこともありますが、最近百貨店やスーパーの売上げが少しずつ減少しているのはたぶん通信販売にお客様の購買が流れているのが原因ではないかと推察されます。 
私共お酒を含めた消費財を製造販売している者は長年の習慣で卸、小売の流通形態を利用して商品を販売させて頂いております。 
この流通の流れもここ20年位の間に目まぐるしく変化しておりますが、今後はこれらが益々複雑に絡み合って物が流れるようになると考えられます。 
しかしながら私共のような嗜好品を造る者としてはどのような時代になろうと、お客様にご支持頂けるような商品を造り続ける事が最も大切な事だと思います。 
時代感覚を見失うことのないよう、日々努力しつつ事業経営に努力していきたいものです。 

2009年02月09日

酒蔵開放のご案内

 
岐阜県各務原市・菊川さんより、酒蔵開放の案内が届きました。
 
 
  ************************************************* 
 
 
清酒 菊川・篝火 酒蔵開放』 
 
 
211日(水)建国記念日に、酒蔵開放を開催いたします。 
皆様の御来場をお待ち申し上げております。 
 
 
日時 :平成21211日(水・建国記念日) 
    午前11:00〜午後3:00 (蔵見学は午後2時まで) 
 
料金 :入場料無料 
 
場所 :菊川株式会社 
    岐阜県各務原市鵜沼西町1丁目543番地 
    TEL:058-384-1235 

 
内容 :酒蔵見学 
    甘酒・お酒の試飲 
    お酒・酒ケーキ・手打ち蕎麦・各務原キムチ販売 など
 
飲酒運転防止の為、お車でのご来場は御遠慮ください 
  駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください 

 
 
【お問い合わせ】 
菊川株式会社 
TEL:058-384-1235 

 
 
【詳細蔵元WEBサイト】 
http://www.sake-kikukawa.co.jp 

 

2009年02月08日

不況の折



2月です 
 
そう 
俗に言う二八(にっぱち)です 
http://zokugo-dict.com/22ni/nippachi.htm 
 
愛知・岐阜の失業率は 
最悪の数字になっているとか 
 
ト●タ関連の企業が多いこともあり 
その煽りをまともに喰らっているんですよね 
 
地元企業の中には 
週休3日どころか 
いよいよ週休4日体制に入るところもあるらしい 
 
当然 
消費の落ち込みも 
更に拍車をかけることになるんでしょうね 

 
 
ご多分に漏れず 
我が業界も益々厳しくなりそうな予感・・・ 
 
ホント〜〜〜に 
日本酒が売れません(_ _|||)  
 
「このままじゃマジやべえぞぉ」 
 
と思いながらも 
名古屋まで観劇に出掛けました 
 
これを現実逃避とも言う(; ̄ー ̄A  
 
 
で 
観劇後 
姪っ子に会いに行くことになり 
恒例となってしまったお土産を買いに 
三越に立ち寄りました 
 
姪っ子は 
三越にあるサティーのチョコがお気に入り 
http://www.satie-choco.co.jp/index.html 
 
今月やっと4歳を迎える子供が食べるには 
少々お高いチョコですが 
姪っ子の喜ぶ顔を見るのが楽しみで 
つい伯父バカ魂が疼いちゃうんです(; ̄ー ̄A  
 
 
が 
よりによって 
バレンタインデー直前の土曜日だった為 
売り場は想像を絶する人混み 
 
うら若き女性の間に 
申し訳なさそうに並びながら 
やっとの思いで買ってきました 
 
 
それにしても 
バレンタインというイベント事に 
不況の文字は当てはまらないんでしょか? 
 
飛ぶように売れてました 
30個入り¥3,500のチョコレートが・・・ 
 
 
こんなことなら来年から 
【バレンタイン=チョコレート】 
じゃなく 
【バレンタイン=日本酒】 
ってなことになってくれないかな 

 
・・・と切に願ってみたりして 
 
 
********************************************  
 
 
先日観てきた舞台 
 
 
 
shikenkan baby 18th capsule  
『ビッグフット』 
 
200927日(土) 14:00〜 
名古屋市千種文化小劇場 
 
脚本・演出:かこまさつぐ 
出   演:かこまさつぐ / 加藤奈々 / 前田恵子 
      吉森治 / ハタノユキ / 奥村将成 他 
 
 
彼女にプロポーズしたばかりだというのに 
職場が突然無くなる可能性が。 
 
このままでは結婚どころか仕事まで失ってしまう! 
 
どうする?どうしよう?  
そうだ!ビッグフットを見つけよう! 
 
霊長類研究所のおかしな人々は 
京都に行くみたいなノリでビッグフットを探す旅に出る…。 
 
 
============================================ 
 
 
期待通り! 
 
やっぱり 
試験管ベビーは面白い!! 
 
笑った、笑った。゚( ゚^∀^゚)゚。 
 
 
役者の風貌と 
演じるキャラが見事にマッチ 
 
役立たずの所長 
ドSの加藤主任 
むかつくオタクの今井研究員 
ホントにウザイ監査役 
 
途中から 
顔を見てるだけで 
クスッと笑えてしまったことも・・・ 
 
 
今回 
キャラ名=役者名だったが 
これは脚本の手抜きか?(;´▽`A 
 
それはそれで 
かなり粋な計らいだけどね 
 
 
何故だか 
猿の「ウィー」を操っていた黒子だけは 
パンフにも名前が出ていなかったけれど 
彼はいい役者だよね^ω^ 
 
ボケキャラとして
100点満点あげてもいいんじゃないか?
 
 
そうそう 
国本研究員の御御足・・・ 
 
正面最前列で観ていたボクは 
違う意味で笑みがこぼれてしまった 
 
ご馳走さまでした(^m^ ) 
 
 
兄は彼氏との二役だったんだね 
お疲れでした 
 
 
他の皆も 
お見事でした(*・∀-)☆  
 
 
最後の「ウィ〜!」も 
会場全体が盛り上がってましたね 
 
最高の演出でした♪ 
 
 
ひたすら笑わせるだけの舞台 
 
試験管ベビーに 
お涙頂戴は必要ないよね 
 
 
やっぱりさ 
試験管ベビーの舞台って 
コメディーじゃなく 
長編コント・・・だよね?(≧∇≦) 
 
http://stage.corich.jp/my_page.php?member_id=22041 
 
http://www.shikenkan.com/top/ 


 
 
P.S. 
 
去年観たかったのに見逃した『有害図書館http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=4451』と 
オープニングムービーを観て面白そうだった『サヨウナラなら何度でも』 

 
DVDをゲットしてきたので 
ゆっくり楽しみたいと思います 
 
『カラフル3http://colorful3.jp/index.phpでの公演も 
大いに期待していま〜す♪ 


 

2009年02月06日

酒蔵見学会のご案内

 
秋田県横手市・阿桜酒造さんより、酒蔵見学会の案内が届きました。
 
 
  ************************************************* 
 
 
阿櫻の酒蔵見学会 
 
 
山内杜氏の技術の粋を集めた極上の味、『阿櫻』。 
その製造工程をお見せします! 
 
「横手のかまくら」の観光と併せてお立ち寄りください。 


日時 :平成21214日(土) 〜 216日(月) 
 
場所 :阿桜酒造株式会社
     秋田県横手市大沢字西野67-2 
     TEL 0182-32-0126 
 
内容 :日本酒スタイリスト・木村克己氏による講話
        
「秘伝 日本酒の美味しい味わい方」
    製造工程の見学会 
    今だけしか味わえない搾りたての新酒試飲即売 
    他 様々なイベント 
 
 
開催中の3日間は、日本酒スタイリスト・木村克己氏から、「日本酒の美味しい味わい方」のご指導が得られます。 
 
 
かまくら祭り期間中に開催致しますので、送迎無料のシャトルタクシーを運行します。 
横手駅から主要箇所を巡回しますので、お気軽にご利用ください。 
 
 
 
 
【お問い合わせ】 
阿桜酒造株式会社 
TEL 0182-32-0126 
 
 
【蔵元WEBサイト】 
http://www.azakura.co.jp/ 
http://www.azakura.co.jp/cgi-bin/bbs/bbs.cgi 

酒蔵開放のご案内

 
岐阜県美濃加茂市・御代桜醸造さんより、酒蔵開放の案内が届きました。
 
 
  ************************************************* 
 
 
『酒蔵開放 2009』 
 
 
毎年ご好評いただいております酒蔵開放を本年度も開催いたします。 

お客様に喜んでいただけるようにと社員全員で知恵を絞って企画するイベントも盛りだくさんとなっております。 
社員一同、皆様の御来場をお待ち申し上げております。 
 
 
日時 :平成2137日() 〜 38日() 
     両日とも10:00〜15:00 
 
料金 :入場料無料 
 
場所 :岐阜県美濃加茂市太田本町3-2-9 
    御代桜醸造 酒蔵 
 
内容 :御代櫻各種商品の試飲 
    搾ったばかりの当日限定蔵出し純米吟醸の販売 
    こだわりの甘酒・酒粕のふるまい 
    豪華景品がその場で当たるお楽しみ抽選会 
    お子様にわた菓子無料プレゼント    など

    車を運転される方の試飲はご遠慮ください 

 
 
【お問い合わせ】 
御代桜醸造株式会社 事務所 
TEL 0574-25-3428 

 
 
【詳細蔵元WEBサイト】 
http://www.miyozakura.co.jp/ 

2009年02月04日

酒蔵開放のお知らせ

 
 
岐阜県萩原町・天領酒造さんより、酒蔵開放イベントの案内が届きました
 
 
  *************************************************  
 
天領 酒蔵開放のご案内  
 
 
飛騨高山や下呂温泉への観光の折に 
 
天領酒造は飛騨益田街道(現国道41号線)沿いの下呂市萩原町にあります。
飛騨高山から岐阜・名古屋方面へ車で1時間ほど、下呂温泉からは高山へ向かって車で20分ほど。 
そんな場所に位置する天領酒造では、3月1日(日曜日)、恒例となった酒蔵開放を実施致します。 
飛騨高山、下呂温泉へお越しの折は、是非、お立ち寄りください。 

 
 
日時  :平成2131日()午前10時 〜 午後4時 
 
蔵元  :天領酒造株式会社 
      岐阜県下呂市萩原町萩原1289番地の1 
      
TEL 0576-52-1515 FAX 0576-52-3727 

駐車場 :徒歩30秒ほどの場所にある萩原中央駐車場を 
     無料でご利用いただけます
     車の運転をされる方の試飲はご遠慮ください 
 
内容  :酒蔵見学 
      お酒ができるまでの工程を説明します 
     新酒の試飲 
      今年できたての新酒、蔵元秘蔵酒の試飲をし 
      ていただきます 
      未成年者と車を運転される方はご遠慮ください 
      ノンアルコールの甘酒もあります 
     イベント 
      スピードくじ(各種商品が当たります) 
      もちつき(午前・午後)
      利き酒                  他 
 
 
 
交通アクセス 
  東名高速小牧ICから国道41号(約2時間20分) 
  中央道中津川ICから国道257号(約1時間20分) 
  東海北陸道関ICから県道58(約1時間30分) 
  松本から国道158号「安房トンネル」(約2時間40分)
 

  詳細 蔵元WEBサイト  http://www.tenryou.com/open2009.html
 

2009年01月30日

【更新】地酒道楽推奨のお酒

地酒道楽推奨のお酒を更新しました。

今回は、『お燗』『にごり酒』にクローズアップ!!

最近は、夜の冷え込みが激しいです。

そんな時、貴方の身体を心を癒してくれるのは、温かい日本酒。

そう!お燗酒です!!

お燗は、電子レンジでチン、という方法もありますが、あまり、風情がありませんよね。


そこで、簡単にお燗ができる方法をお教えしちゃいます。

大きめのドンブリにたっぷりと熱湯をはり、その中に、徳利にお酒を入れてドンブリの中に入れてください。
2、3分もすれば、丁度良い温度に温まります。
コツは、あまり熱すぎないこと。

そして、にごり酒

 

続きを読む "【更新】地酒道楽推奨のお酒" »

2009年01月26日

酒類業界

22・23日の両日、株式会社日本アクセス主催の2009年春季展示商談会が、さいたまスーパーアリーナで開催され、業者として参加してきました。
一昨年4月に、旧雪印アクレスの流れをくむ日本アクセストと伊藤忠系列の西野商事が合併して、新日本アクセスが誕生しました。
取扱い品目は、チルド・ドライ・乾物・菓子・加工食品・生鮮といった総合食品商社で、総売上も1兆円を超え国内最大手となりました。
もともと、われわれ酒類業界と食品業界は同じ食品ではありますが、酒類免許の関係もありまったく別の業界でした。
ここ数年前からの小売免許の緩和により、食品スーパー等でもどんどん酒の免許がおりて、酒類専門の卸・小売業者が淘汰され、酒類含む大手総合食品卸会社に集約されてきました。
しかしながら、実際の商売においてはこれまでの慣習が残っており、小売業界においてもジャンル別に売場もバイヤーも別れています。
業態別という言葉をよく耳にしますが、一般の方からすれば、同じお店の中で物を買われる場合、それぞれのコーナーの物の仕入や販売等について、特に気にされる事はないと思いますが、我々メーカーの中では同じ食品と言えども、まったくと言っていいほど業界が違います。
特に最近、新しく免許を取得されたスーパー・コンビニ等の業者の中には、酒類の担当者を特別に置かずに加工食品の担当者が兼務しているケースがよく見受けられます。
しかし、そんな方はほとんど酒類について理解されておらず、食品と同じ感覚で商品を扱われるので、こちらも対応に苦慮するケースがたびたびあります。
私は、アルコール飲料についてはもう少し取扱いについて慎重であるべきだと思っています。
アルコールはある意味、麻薬と同じであり広告宣伝や販売価格についても、昔程ではなくても良いのですが、もう少し国が責任を持って指導すべきではないかと思います。
世界中の国々のなかで、日本ほどアルコール飲料を野放しにしている国はないようです。
規制があり過ぎるのもどうかと思いますが、国としての責任のあり方についていろいろ議論する必要があるのではないでしょうか。

2009年01月25日

強く優しく

来月4歳になる姪っ子は 
かなりの負けず嫌い 
 
昨年秋 
「かけっこで絶対に1番になる!」 
と高らかに宣言して臨んだ保育園の運動会 
 
ヨーイ  ドン! 
 
で勢いよくスタートしたものの 
半分も走らないうちに立ち止まってしまった 
 
隣の男の子がフライングで走り出したため 
自身が1番でゴールを駆け抜けることは不可能 
 
そう思って試合放棄してしまったようだ 
 
慌てて駆け寄る先生に抱きかかえられながら 
あまりの悔しさに泣き出す始末 
 
勝ち負けに拘ることも必要だけれど 
最後まで諦めない強い心はもっと大切…ですよね 
 
 
 
ある日の姪っ子との会話 
 
 
姪っ子(以下、姪) 「お兄ちゃん、ジャンケンしよっ!」 
ボク(以下、夢) 「よし、負けないぞぉ。」 
「最初はグーねっ。」 
「は〜い。じゃ、最初は…」 
「ちょっと待ってぇ! 
   う〜んとね、え〜とねぇ…お兄ちゃんはパーね。 
   いくよぉ! 
   最初はグ〜〜〜ッ、ジャンケンポ〜ン!!」 
 
 
姪っ子がチョキを出したのは言うまでもない… 
 
 
勝ったり負けたり 
泣いたり笑ったり 
いろいろな経験をしながら 
強くて優しい子に育ってもらいたいな
 
 
 
 

****************************************************************** 
 
 
先日観てきた舞台

 

少年王者舘 番外公演 
『ライトフレア』
http://www.oujakan.jp/ 

2009124日(土) 14:30〜 
名古屋市中区大須 七ツ寺共同スタジオ 
 
脚本 :虎馬鯨 
演出 :天野天街 
出演 :夕沈 / 白鴎文子 / 虎馬鯨 
    山本亜手子 / 井村昂 / PECO 他 
 
名古屋だけの特別豪華企画公演 
  
光とミジンコのおとぎ話と カタコトの国の宮廷ダンス 
 
 
 
いやはや
何と表現していいのやら…
 
摩訶不思議な舞台でした
 
 
非現実的な人(?)と現世に生きるの者との
まったく噛み合わない世界
 
誰かが見た夢物語なのか
はたまた妄想か
 
 
観ているこっちも夢の中のような
飲みすぎて思考回路が故障しちゃったような…
 
そのまんま
気が付いたら幕が下りてた感じです
 
 
 
レビュー続きはこちら観てきた!」からご覧ください 
http://stage.corich.jp/my_page.php?member_id=22041 

 

2009年01月20日

酒蔵イベントのご案内

 

熊本市川尻・瑞鷹さんより、酒蔵まつりの案内が届きました
 
 
    *************************************************
 
 
川尻の酒蔵まつり2009 
 
川尻の酒蔵まつり実行委員会と瑞鷹株式会社では、恒例の酒蔵まつりを、下記の内容にて実施いたします。 
 
おかげさまで今年で15回目となるこの催しは、地域の方や左党の方だけではなく、広く多くの皆様に愛される「まつり」としておなじみとなり、昨年はあいにくの天候にもかかわらず、約4千名のお客様にご来場いただきました。 
 
今年も、できたての新酒をご用意して、皆様にお酒と人がふれあえる楽しいひとときを提供できればと考えております。 
 
早春の一日、「伝統の町かわしり」へ、皆様お誘い合わせの上お越し下さいませ。 
 
 
 
 
川尻の酒蔵まつり 2009 
 
 
日時 :平成2138日(
    受付 11:00 14:30 15:30 終了)
 
場所 :熊本市川尻 4丁目 6-67
    瑞鷹株式会社川尻本蔵 および 周辺 
 
主催 :川尻の酒蔵まつり実行委員会
 
共催 :瑞鷹株式会社
 
協力 :川尻六工匠 
 
 
《イベント内容》 
■ ご入場のお客様お一人様一杯の新酒の無料試飲
■ 当日限定の特別酒(しぼりたて本醸造、しぼりたて大吟醸)や特製奈良漬等の販売
■ 「瑞鷹川尻本蔵」酒造工程見学
■ 「瑞鷹酒蔵資料館」の開館
■ 「東肥大正蔵(瑞鷹東肥蔵内:くまもと工芸会館隣接)」の開館
■ 特別醸造酒(非売品)の展示&試飲
■ 川尻及び近隣有志の方による各種模擬店
■ 開懐世利六菓匠による和菓子の実演及び販売
■ 瑞鷹主要商品の販売(杯売り、瓶詰め品売り)
■ お茶席 
 
  イベント内容は変更、追加になる場合がありますのでご了承下さい 
 
 
[その他注意事項など] 
入場は無料です 
 (事前に入場整理券を配布しております。お持ちでない方には、当日入口でお渡しいたします)
飲酒を伴うイベントですので駐車場は準備しておりません。公共の交通機関をご利用の上お越し下さい

 (自転車も飲酒運転処罰対象となりますのでご注意下さい)
飲酒運転は犯罪です 絶対におやめ下さい
 
 
 
この件についてのお問い合わせは、瑞鷹(株)(TEL096-357-9671)までどうぞ 
 
 
 
参考元  蔵元WEBサイト http://www.zuiyo.co.jp/news/509/

2009年01月19日

景気減速

昨年以来、マスコミ等で盛んに景気状況について報道されております。 
金融、自動車を始め、最近ではすべての業種に影響が出てきているようです。 
私の周りでも、これは大変だぞという言葉が聞こえてきます。 
100年に一度という言い方をされていますが、要するに現在生きている人々が経験したことのない事が起きているのだろうと思います。 
現実にはまだまだ一般市民には余りピンとこない所があるようですが、一年もたたない内にじわじわと影響が及んでくるような気がします。 
天災であればあきらめもつきますが、今回のような経済状況はなかなか覚悟が出来ないものです。 
しかしながら、私共企業を営む者としては従業員を始め、その家族の生活を守る義務があります。 
どんな状況になろうとも、鋭知を結集して全力で事業経営に取り組まなければならないと思います。 
幸い、私自身は40年前高度成長の頃に自社が最悪の状況から脱した経験を持っており、その時代と比べれば現在の幣社の環境はまだまだ恵まれていると思います。 
これから増々厳しくなるのであろう経済の状態をよく見極めながら余り無理をすることなく事に当たっていくつもりでいます。 
窮すれば何とかと言いますが、こんな時こそ知恵を出し合って、助け合ってそれぞれの事業についてよく考えてみるよい機会ではないでしょうか。 
余裕のある時は以外に気がつかないことが見えてくるものです。 
お互いにがんばりましょう。 

2009年01月13日

酒蔵見学会のお知らせ

滋賀県湖南市・竹内酒造さんより、酒蔵見学会の案内が届きました 
 
 
    ************************************************* 
 
 
酒蔵見学会のお知らせ
 
 
 
毎年恒例の酒蔵見学会の詳細が決定いたしました。
 
竹内酒造の蔵の中を見学していただけるのは年に1度だけ。
通常は解放しておりませんので、この機会に、普段見ることのできない酒蔵の内部を、ご自身の目で確かめてくださいね!
 
当日は竹内酒造の全商品が無料で試飲いただけるほか、湖南市内の名産品などの販売も予定しております。
また、蔵の見学をしていただく中で、フネからしぼりたての日本酒を直接お召し上がりいただくこともできます。(何を試飲いただくかは当日までわかりません)
このお酒を呑んだら他のお酒は飲めないという評判のお酒です。
 
事前のご予約は不要です。年に1度の機会ですので、ぜひご来場くださいませ。
 
 
 
実施日 平成21年2月11日(水祝) 
 
時間 午後1時〜3時30分頃まで
 
※午後2時以降にお越しいただくとあまりお待ちいただくことなく蔵見学をしていただけると思います  
 
 
場所 竹内酒造株式会社 
520-3106 滋賀県湖南市石部中央1-6-5
TEL 0748-77-2001  FAX 0748-77-2963
 
※酒蔵見学当日のお電話でのお問合せには対応できませんので、あらかじめご了承くださいませ 
 
 
内容 蔵内部の見学と、しぼりたて生原酒【無濾過生原酒】の試飲
 竹内酒造自慢の地酒の試飲販売
 やまじょうの漬物試食販売
 
 
 
【お越しになる方へ】
 
※当日お越しの際は、香水、コロンなど、香りの強いものはご遠慮ください 
※納豆、ヨーグルトなどの発酵食品を、できるだけお召し上がりにならずにおいでください
※心置きなく試飲していただくためにも、ぜひJRなど公共の乗り物でおいでください
※地酒の試飲をされる方の車の運転は、ご遠慮くださいませ 
 
 
 
詳細 http://www.kanoizumi.jp/sakazen/kengaku_09.html
 

新年あいさつ廻り

先週1週間は5日の仕事始めより、各地方面のあいさつ廻りをしました。
市役所を支切りに各公共機関、各種団体、業界等一応主な所を廻らせて頂きました。
昔と比べるとあいさつ廻りをされる方も減っているような気がします。
しかしながら、世情を反映して初詣の人手は例年以上に多かったようです。
いよいよ今週から本来の業務にもどりつつありますが、業種によっては計画の見直しをせまられている企業もあるようです。
お陰様で弊社の白川郷純米にごり酒は、全国のお客様にご愛飲して頂いている様で、前年をクリアーする売上げで推移させて頂いております。
やはりお正月はお酒を飲んで頂ける方が多くなるようです。
今年は選挙がいくつか行われます。
現在、岐阜県知事選挙が行われていますが、4月には大垣市長選挙があります。
そしていつになるか分かりませんが、衆議院議員選挙が予定されています。
我々国民の為に、政治家の方々が大変でしょうが頑張ってもらいたいと思います。
世の中の流れに惑わされずに、自分を見失なわないよう気を付けて今年一年事業に取り組む覚悟でいます。
お互いに頑張りましょう。

2009年01月07日

迎春

新年明けましておめでとうございます。 
昨年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い申し上げます。 
お陰様でゆっくりと正月休みをさせて頂きました。 
いよいよ新しい年が始まり、早速慌しく仕事が始まりました。 
世の中の先行きは非常に不透明ではありますが、どのような事態になろうと一生懸命頑張っていきたいと思っています。 今年の目標について昨年来自分自身に言い聞かせています「和して動ぜず」ということをテーマにこの正月の間自分の置かれている立場をゆっくりと見つめ直してなんとなくこれからの生き方が定まったような気がします。 
昨年は還暦という人生の節目を迎えて一つ一つの物事を出来るだけ慎重に行うように心がけました。 
節分までもうしばらくありますが、何とか還暦の本役を大過なく過ごすことが出来ます。 
また、自分の中では最も幸せな一年であったのではないかと思います。 
様々な役を与えてもらう中で、仕事も家庭もそして地域活動も非常に充実した年でした。 
もちろんそれぞれの中では問題も多くありましたがそれらの問題も周りの人々の支えにより、大きな問題に発展することなく過ぎて行きました。 
つくづく私は皆さんに守られているということを実感し、感謝でいっぱいの気持ちになりました。 
今年は経済も政治も大きく変化することが予想されますが「和して動ぜず」という心を私自身がしっかりともって自社や私の所属する団体が皆で努力を合わせて同じ方向へ進んでいける様に努力して行きたいと思っています。 
今日のような不安定な時代こそ組織の全員が一丸となって事業に取り組めるようリードすることが自分自身に課せられた指命ではないかと思います。 
今年一年がお互いに良い年になりますことをご祈念申し上げます。 
どうかご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。 

2008年12月23日

師走

今年も残す所あとわずかとなり何かとお忙しい事と思います。
幣社もお陰様で年末に向けて、社員並びにパートの人達も一生懸命やってくれています。
世の中は未曾有の不況という記事が毎日のようにマスコミで報道されていますが、これだけの円高と原油安ですから中にはその恩恵を受けておられる方もあると思われます。
しかし、輸出中心の日本経済にとっては来年はいったいどうなるのかという事は誰にも予想がつかないのではないでしょうか。
酒類業界も様々な影響が出て来ていますがこういう時こそ、じっくりと事業を行うことが大切ではないかと考えます。
アルコール飲料というのは世の中がどんなに景気がよくても必要以上に売れませんし、どんなに悪いときでもそれなりに飲まれるわけで、この時代に消費者の方がどういうお酒を求めておられるかをよく考えて商品開発に取り組むことが肝心ではないかと思います。
今月は私も飲む機会が多くありましたがとっても情けないことに黙っているとなかなか日本酒を飲んでもらえません。
最近は自分はもちろん、出来るだけ日本酒を周りの人に勧めるようにしています。
どうしてこんなに日本酒を飲まなくなったのかと不思議に思うのですが聞くと「おいしい事は分かっているけれど、飲みすぎてしまうから」という答えが返ってくる人が多いようです。
なかなかお酒をコントロールすることは難しいことはよく分かりますが、もっともっと日本酒を飲む機会が世の中で増えるよう願っています。
残り一週間余りですがお互いに頑張って厳しくなるであろう来年が少しでもよい年であることを祈っています。

2008年12月16日

天命

NHK大河ドラマ「篤姫」が今週の日曜日に最終回を迎えました。
時々観ていましたが、今年のドラマは女性が主人公になっていたにも関わらず、私達男性にもいろいろ教えてくれることがあったような気がします。
亡くなる場面で主人公の篤姫が「天命」という言葉を使っていました。
最近、私の回りで死を迎える人を何人か見る事があり、何となく自分の人生について考える機会が増えています。
篤姫のような天下の将軍の妻になるような人は、もちろんですが普通に平凡に生きている人でもある年齢になれば、誰もが必ず迎えなければならない死ということについて、多かれ少なかれ思うことではないかと思います。
最近の私は両親の介護や、孫の成長を日々見ていると自分がとても幸せな状況にある事に気づかせてもらいます。
確かに毎日回りで起きている事象は、それぞれ一つ一つ観れば結構大変で辛い事がたくさんあります。
しかし、大変だと思う事を毎日感じながら生きている、いや生かされていると思い、又思えるようになった事でそれらの事が余り苦しい事ではなくなってきたような気がします。
若い頃は何か困難にぶつかると、つい焦ったり悩んで失敗する事が多くありました。
今でも決してそれが無くなったのかといえば嘘になりますが、日々いろいろな事が起きてもあせらなくなった事は事実です。
永い人生と思っていたのがいつのまにか残り少ない人生をどう生きるかと考える年齢になってしまいました。
天から授かった命「天命」をこれからも日々大切にしながら悔いのないよう毎日を過ごしていきたいと思います。

2008年12月09日

停電

先週金曜日の朝7時頃、私の自宅のブザーが鳴り製造部長が「社長、ボイラーが止まって蒸しが出来ません」と言って血相を変えて飛んできました。 
早速蔵へ行ってみるとまったく電気がきておらず会社が停電となっていました。 
すぐに電気屋さんの社長に電話をして来てもらったのですが、なんと変圧機の大元のヒューズがとんでいました。 
酒蔵の作業はこの時期毎朝5時過ぎてから始まっており、7時頃には釜に蒸気が入って米を蒸す作業が始まります。 
その工程で停電したのですから蔵内は大騒ぎです。 
すぐに原因を調べてもらったのですがなかなか原因がわからず、とりあえず動力だけ送電してもらい、電灯線はストップしたままにしました。 
仕込みについては2時間遅れてなんとか終わらせましたが、会社内が停電している為、電話やパソコン、FAXが作動せず、お得意様から携帯電話の問い合わせが相次ぎました。 
結局、配電盤の中にあるコンデンサーの老化が原因であったようですぐに新しいものと取替え午後2時過ぎに完全復旧しました。 
電気がないことの不便さを思い知らされました。 
日頃はあたりまえのように利用させてもらっている電気やガスですが、いざ使えなくなった場合はまったくお手上げであることを痛感し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。 
事故はいつ起きるか分かりませんが、万が一の場合の備えについてはいつも心がける必要があるようです。 

2008年12月02日

地産地消

近年、大手量販店の販売力が、益々、強くなっていると共に、全てを中央で決めてしまおうとする国の官僚体質も相まり、いよいよ地方の時代は遠のいている様子です。 
 
私共の「白川郷にごり酒」は、発売当時、白川村での販売が中心でしたが、今では、全国の流通を手がける卸小売業界の方々のお陰で、日本中の酒販店で扱って頂ける商品に育ちました。 
商売としては、大変、ありがたいことではありますが、反面、「地酒」としての希少性は失われつつあります。
 
 
そんな中、“地元で生産されたものを地元で消費する”という意味で使われる「地産地消」という言葉を耳にする機会が増えました。  
 
「地酒」も、本来は、“その土地で造り、その土地で飲まれる酒”であると思います。 
しかしながら、都市部の多くの方が持っていらっしゃる地酒のイメージは、“地方の酒”という感覚ではないでしょうか。 
  
以前ならば、何となく差別用語のような感じがしてならなかった「地方」 という言葉ですが、最近では、地方であることの優位性が強調される機会も増えてきたようです。 
 
私共の専務が活動させて頂いている大垣青年会議所では、今年に入ってから、市内上石津町の田畑を利用して、地元の方々の協力により、稲を始め、いくつかの農産物を生産しました。 
 
三輪酒造としては、そこで出来たお米を使って今酒造期に仕込むお酒を、 「バロンテッシン」という銘柄で販売する予定です。 
また、他業種では、その副産物である酒粕から作るお菓子や、わさび漬けも検討され始めました。
まだまだ始まったばかりの試みですが、田植えから始まって漬物作りまでという、非常に分かりやすい地産地消の活動であると思います。 
  
このような活動が、全国の造り酒屋で繰り広げられるようになれば、今の時代に、日本の酒である清酒が見直されるチャンス到来となるのではないかと期待しています。 

2008年11月26日

冠婚葬祭

最近、冠婚葬祭に関わる事が、めっきり増えてきました。 
自身の年齢的なこともあり、人の生き死に立ち合う事で、より自分の人生について考えることもあります。 
 
先週、大変お世話になった方が亡くなりました。 
病室で、本当に眠る様に息を引きとられるのを静かに見守りましたが、これまで、そんな場面に出会ったことがなく、「こんな死に方があるのだ」とつくづく感動を覚えました。 
 
人間の一生というのは、様々な出来事を経験しながら、日々、生きるために、最大限の努力をしているものだと思います。 
大きな病を経験した人でもない限り、自身の死を意識しながら毎日を送る人などいないのではないでしょうか。 
 
しかしながら、死というのは、いつか必ずやってくるものです。 
その人も、つい一週間前まで、これからの事について話し合っていました。 
とても寂しい想いもありますが、ある意味、幸せであったのかもしれません。 
 
私も、これから何年生かさせて頂けるか分かりませんが、悔いのないよう、精一杯生きていきたいと考えています。 

2008年11月24日

依存しちゃう?

3歳と9ヶ月になる姪っ子には
ボクのことを【お兄ちゃん】と呼ばせてます

お兄ちゃん、遊ぼっ
お兄ちゃん、写真撮って〜
お兄ちゃん、喉渇いたぁ

幸いなことに
彼女はまだ
ボクのことを伯父だとは認識していないようです


「○○ちゃん(姪っ子自身)は、もうすぐ4歳なんだよ。
 お兄ちゃんは、○○ちゃんより大きいから10歳でしょ?」

どうやら今の彼女にとって
最大限の数字は“10”らしい…


そんなある日の 姪っ子との会話

姪っ子(以下、姪)「お兄ちゃん、おしっこ行きたい。」
ボク(以下、夢) 「お母さんを呼ぼうか?」
「お兄ちゃんがついてきて。」
「うん、じゃあ、一緒に行こっ。
「ちゃんと見ててね。○○ちゃん、一人じゃ怖いから…。」
「大丈夫だよ。見ててあげるから。」
「絶対だよ。ドア閉めちゃダメだよ。ずっと見ててね。」
「うん、大丈夫。ちゃ〜んと見てるから。」
「ありがとう!^ω^」


その二週間後

「お兄ちゃん、おしっこ…。」
「じゃ、一緒に行ってあげるね。」
姪「来ないで。○○ちゃん、女の子だから恥ずかしいでしょ!」
「一人で行けるのかなぁ???」
「大丈夫だも〜ん。一人で行ってくるから、そこで待っててね。
  絶対についてきちゃダメだよ。恥ずかしいんだから!!!」
「・・・(絶句)。」


子供の成長は
思ったよりも早い…ね( ̄ー ̄;

果たして
満面の笑顔で“お兄ちゃん”と呼んでくれるのは
いつの日までなんでしょう

 

 

続きを読む "依存しちゃう?" »

2008年11月21日

オーストラリア

昨日からめっきり寒くなり、白川郷では初雪が降りました。 
ようやく日本酒を恋しく感じる季節となり、弊社も、年末に向けて、フル稼働の毎日が続いています。 
 
そんな中、先週9日から13日にかけて、大垣西ロータリークラブの交流先である、オーストラリア「グレンアイラロータリークラブ」21周年記念式典への参加のため、メルボルンを訪れました。 
 
冬本番を迎えた日本とは正反対に、これから夏へ向かうオーストラリアでの3日間は、好天に恵まれ、最終日には、気温30度を越していましたが、湿度の高い日本の夏とは違い、カラッとした天候で、気温の割には暑さを感じることもなく、とても快適に過ごすことができました。 
 
現在のオーストラリアの経済状況は、アメリカの経済問題の煽りを受け、豪ドルが大きく値を下げており、これから厳しさが出てくることが推測されます。 
 
現地での日本酒について言えば、古い日本酒のイメージが強いようで、アメリカのような日本食ブームもありません。 
非常に安くておいしいワインが数多く、それらを中心に飲まれているようです。 
近年、弊社の製品も、アメリカなどへ輸出していますが、まだまだ、世界の市場は広いということを、肌で感じることができました。 
 
滞在中は非常にタイトな日程で、体力的にも厳しい旅行でしたが、お陰様で、無事、日程をこなし、全員、元気に帰国しました。 
久しぶりに貴重な体験をさせてもらい、忙しい中、留守を預かってくれた社員たちに、感謝しています。 
 

2008年11月07日

還暦

115日は、私の60回目の誕生日でした。 

還暦を迎えたものの、お陰様で、普段から病気もせず、健康を保っていることから、これまで、あまり実感がありませんでした。 
しかし、今年に入ってから、同年代の方が定年を迎えたり、病気で倒れたりといった話を耳にする機会が増え、今日まで、元気に過ごせてきたことに対し、改めて感謝しています。 
 
私の家族は、80代の両親、60代の私達、30代の息子夫婦、3才と1才の孫、そして娘達…
それぞれ、皆、毎日を健康に送っています。 
現在、満88才の父は、少し足が弱っているものの、他には特別悪い処もなく、至って元気で過ごしておりますので、本当にありがたく感じております。 
 
60代になった私が、今の父の年齢になるまで、まだ30年近くあります。 
この先、どうやって歳を重ねていこうか、あれこれ考える年齢になりました。 
 
10年くらいは、仕事や、世の中の為にお役に立てると自負してはいますが、その後は、「周りに迷惑にならないよう気をつけなければならない」と、健康に過ごせている今だからこそ、そう実感しています。 
 
これからも、あまり無理をしないよう体と相談しつつ、少しずつペースダウンをしながらも、仕事や、社会活動に頑張る所存です。 
何卒、ご支援、ご協力、お力添えを下さいます様、宜しくお願い致します。 
 

2008年11月02日

秋探し

山々が紅葉に覆われ、秋本番となりました。 
 
毎日、慌しく過ぎていく中、来週から、オーストラリアのグレンアイラロータリークラブの、21周年記念式典に出席するため、メルボルンへ行ってきます。 
これから冬へと向かう日本から、初夏のオーストラリアを訪れるという、同じ時期に、二つの季節を味わえる貴重な体験となりますので、今から、楽しみにしております。 
 
三輪酒造では、9月より、新酒造年度の仕込みを始めました。 
いよいよ、今月からは、新酒の出荷が始まります。 
 
通常、日本酒造りは、春に植えられ、秋に刈り取られた稲を精米したお米を原料として、10月中旬から3月まで仕込みを続けます。 
以降、1年をかけて製品として出荷するという、非常に永いサイクルで行われるのが日本酒の世界なのです。 

 
永年、この仕事に関わらせて頂いていることもあり、私自身、なんとなく、のんびりとした感覚となってしまいました。  
日頃、酒造組合で話をしていても、慌てず騒がずという方が多いようです。 
 
しかし、近年は、非常にグローバルで、慌しい世の中になっています。 
こんな時こそ、自然の営みを充分に感じとりながら、日々を暮らしていきたいと思います。 

2008年10月24日

山形県:酒蔵で新酒を飲んで新そばと馬刺しを食べよう会

山形県の加茂川酒造さんより、とってもおいしそうなイベントの案内が届きました。


【第2回酒蔵で新酒を飲んで新そばと馬刺しを食べよう会】

 
〜しらたか的そば道場〜



◆日時 11月29日(土)正午〜午後3時
◆会場 加茂川酒造の酒蔵(白鷹町)
◆会費 2,000円


続きを読む "山形県:酒蔵で新酒を飲んで新そばと馬刺しを食べよう会" »

2008年10月20日

白川郷どぶろく祭り

先週14日から19日にかけて、世界遺産でもある合掌集落として知られる、飛騨白川郷の「どぶろく祭り」が開催されました。 
 
このお祭りは、白川村にある三つの八幡神社祭礼の際、氏子が造ったどぶろくのご神酒を参拝客に振舞ったことから、「どぶろく祭り」と呼ばれるようになったと言われています。 
 
今でこそ誰もが知っている白川郷ですが、かつては交通の便が悪く、人里離れた山間の集落というイメージがありました。 
 
しかし、近年、世界遺産として登録されたこともあり、一年を通して観光客が訪れる賑やかな集落となりました。 
また、今年7月には東海北陸自動車道が全線開通し、益々、訪れる人が増えているようです。 
 
30年前、私が初めて訪れた頃は、景観の美しい、とても素朴な村でしたが、今では、数多くの売店が立ち並ぶようになりました。 
村の方々の努力により、永い間、原風景を守り続けてきたことから世界文化遺産に登録された白川郷ですが、このまま放置すると、せっかくの景観が崩れてしまうことも危惧されています。 
 
16日、ご挨拶のため村へ伺った際、元村長の和田さんとお話をさせていただきました。
和田さんは、近年のような観光客の増加が、今後の白川村に、どのような影響を及ぼしていくのか分からないことについて、大変心配していらっしゃるご様子でした。 
 
村の方々はもちろん、ここを訪れる多くの人々の協力を得ながら、これからも、日本のふる里としての地位を守っていってもらいたいと思います。 
「白川郷純米にごり酒」醸造元である三輪酒造として、これからも、白川村と白川郷のために、出来る限りの協力させて頂く所存です。 
 
世界中の多くの方々に、白川郷の、本当の良さを知っていただければ幸いです。

2008年10月15日

金融不安

サブプライムローンに端を発した金融問題は、アメリカのみならず、ヨーロッパ、アジアなど、世界中の経済を悪化させました。 
その結果、世界同時株安を招き、最悪の事態として、世界恐慌まで噂される程の状況となっています。 
 
実経済の中に身をおく者として、常に、政治も経済も順調であることを望んでいますが、天災を含めて、世の中は、いつ何時、何が起こるか分かりません。 
企業でも、家庭においても、何が起きても動じない強い精神力を持っていなければならないと思っています。 
 
しかし、戦後生まれの私達は、この60年余り、平和であり続けたことに慣れてしまったようです。
そろそろ何か大変なことが起きそうな予感がしますが、命ある限り、何事にでも対処していかなければなりません。 
 
ソビエト連邦の崩壊後、しばらく続いたアメリカ中心の経済は一段落しました。 
今後の世界経済が、果たしてどちらの方向へ進むのかは定かではありません。 
 
今こそ、英知を結集して乗り越えていきたいものです。 
慌てず、騒がず、世の中の流れをよく見ながら、間違えないよう頑張っていきましょう。 

2008年10月07日

大垣市制90周年

今年は、大垣市が、大正7年(西暦1918年)41日に、全国で71番目の市として市制施行されてから、ちょうど90周年にあたります。 
 
周年記念を祝い、今年の春から、市内各所で様々な行事が催されてきました。 
そして、今週末の11日土曜日には、記念式典と、大垣市出身の俳優・細川茂樹さんなどをゲストとして迎える特別なイベントも計画されています。 
 
特別イベントである『市制90周年記念大垣市民の集い』では、大垣祭りの際に巡行する山車を、十ヶ町総出で、特別に曳き揃えすることになり、その準備のため、船町「玉の井山車」も、先週末、山車飾りの準備をしました。 
 
当日は、午後030分に、全ての山車が駅前通りに集まり、掛芸を披露した後、4時に曳き分かれとなる予定です。 
 
翌日12日は、例年通り、十万石祭りが催されますので、2日続きのイベント開催となりますが、何とか、両日とも好天に恵まれることを祈っています。 
 
せっかくの機会ですので、一人でも多くの方に見ていただければ幸いです。 
 

2008年09月30日

奥の細道むすびの地

大垣市の船町湊は、江戸時代から、美濃路大垣宿と東海道桑名宿を結ぶ水運の要所として栄えました。 
 
当時、生活物資の多くが船町港を拠点とし、水門川の川船で運ばれていたといいます。  
しかし、鉄道や自動車の時代となった現在、昔の面影は、川燈台を残すぐらいになってしまいました。 
 
江戸時代は十万石の城下町として、大正以降は産業都市として発展してきた大垣ですが、大戦時の空襲により、国宝大垣城を含め、市内全域が焼け野原となりました。 
そのため、街の中には古い建物がほとんど残っておらず、わずかに私達が住んでいる船町地区に、戦火を逃れた明治時代から続く家々が現存する程度です。 
 
街の景観は、近代的な建物が多く、観光のために古い街並みを保存するという意識も非常に希薄な住民感情になってしまいました。 
しかし、最近では、大垣の町興しの一環として、俳聖松尾芭蕉の「奥の細道結びの地」として売り出そうと頑張っています。 
 
私はこの件について、20年以上前から先輩諸氏と様々な機会を通じ、街の中で提言してきました。 
市内には、様々な歴史的遺跡が多く存在し、それらを何とかしたいという気持ちで有志の方々と活動をしています。 
 
一昨年の6月には、船町湊に2棟のマンション建設が決まり、もうだめかと思ったこともありましが、市民の熱意と、街を代表する方々の努力に対し、マンション業者が理解を示してくださり、最終的は、1400坪もの広い土地を、大垣市が買い上げることで決着しました。 
 
この度、市会議において「奥の細道むすびの地整備構想」が了承され、いよいよ次年度から、本格的な整備がなされることとなりました。 
 
遅ればせながら、衰退した中心街の中で、何とか昔の面影を残している船町地区をこれからも守り続けるためにも、今回の決定は、今後の大垣市発展に大変良い結果をもたらすと思っています。 
これから10年、20年かけて、「訪れてよかった」と言われるような街になることを願っています。 

2008年09月24日

特攻の町 知覧

先週、台風13号の真っ只中、鹿児島へ行ってきました。 
 
今回の主目的は、商工会議所情報委員会の役員会でしたが、予てより、一度訪ねてみたかった知覧をコースに組み込みました。 
知覧は、先の大戦時、本土最南端の特攻基地となった町です。 
 
戦後生まれの私には、太平洋戦争そのものがよく理解できません。 
中でも、生還の可能性の無い体当たり攻撃である【特攻】という行為は、全く分からない事です。 
  
沖縄戦では、1000人余りの若者が、国や国家の為と自分自身に言い聞かせて出撃し、尊い命を失いました。 
皆、17〜23才という若さだったのです。 
今の時代、誰もが、何故、そこまでやらなければならなかったのかと考えることでしょう。 
 
特攻平和会館に展示してある多くの遺書には、必ず「お母さんありがとう」という言葉が書かれていました。 
これからの人生、何をして生きようかと、希望に満ちている年代の人々が、さぞ残念だったであろうと思います。 
 
終戦から60年以上経過した現在、私達は、とても平和な毎日を送らせてもらっています。 
今回、知覧を訪れて、戦争で犠牲となった多くの人々の想いを無にしてはいけないと痛感しました。 
 
戦後生まれの私も60才になろうとしている今日、これからの人生を大切に生きていかなければいけないと思っています。 
 
 

2008年09月17日

事故米転売問題

大阪の三笠フーズに端を発した事故米の食用転売が大きな問題となっています。 
 
問題発覚後、我々アルコール業界にその一部が流れたという事実が発覚したことにより、弊社にも、関係各社から問い合わせがありました。 
おかげ様で、三輪酒造はもちろん、地酒NANサービスの加盟各社共、問題となっている米とは一切関わりはなく安堵しております。 
 
今回は、問題となっている業者側が、最初から相手を騙すつもりでやったことであり、騙され方々は、誠にお気の毒と言わざるを得ません。 
しかし、これには、多くの米流通制度上の問題点が隠されているように思います。 
 
米の流通は、20年程前より自由になったはずが、実際には、今も全農の管理下にあり、農林水産省共々、国内の米流通を支配し続けています。 
 
近年、清酒業界では、純米酒・本醸造酒といった特定名称酒が多くなりました。 
今回、問題となっている米は、一般に「くず米」と言われるものですが、特定名称酒を製造する上で使用する米は「3等米以上であること」という厳しい制約があるため、そのような米を利用することは不可能となっています。 
 
私達清酒メーカーは、現在、全国に1500社程あり、その1500社が使用する米の量は、国内の年間米生産量の、約一割程にもなります。 
今回の問題を契機に、国内の米生産量を今以上に増やすと共に、良い米が適正な価格で流通するよう、農林水産省及び全農の、更なる努力を期待したいと思います。 
 

2008年09月15日

THE WINDS OF GOD〜零のかなたへ〜

先日、どうしても観たかった舞台を観てきました 
 
 
THE WINDS OF GOD〜零のかなたへ〜』  
 
脚本・演出 /今井雅之 
出演    /今井雅之 松本匠 岡安泰樹 他 
 
http://wog-stage.com/index.html 
 
 
 
 
どうしても…と言うわりに 
前売り券の申し込みを忘れていたという 
何とも間抜けな大失態を犯し 
当日券を手に入れるため 
開場2時間前から並ぶ羽目に… 
 
でも 
立ちっぱなしで並んだ苦労なんて 
コロッと忘れてしまうくらい 
凄い舞台を観せていただきました 
 
 
何故、この舞台が20年もの間 
その内容をほとんど変えないまま続いているのか 
 
何故、海外でも高い評価を得ているのか 
 
生で観て、感じて 
その答えがわかったような気がします  
 

続きを読む "THE WINDS OF GOD〜零のかなたへ〜" »

2008年09月09日

世論 

91日、福田総理が、突然の辞任を表明しました。  
昨年の安倍総理に続き、日本国を預かる総理大臣が、何の前触れも無くその職務を放棄するという事態は、やはり異常なことだと思います。 
 
最近は、テレビのワイドショーでも政治について取り上げる機会が多くなり、昔に比べると、お茶の間の関心が高くなっているようです。 
 
しかし、その取り上げ方が、「劇場型」などと言われるように、視聴者受けするような作り方ばかりであるために、本来、議論されなければならない問題が表に見えてこないのと同時に、政治活動が、人気取り優先になっているのも、否めない事実です。 
 
戦後60年を過ぎて、今、世の中は変わろうとしています。
そんな中、政治体制はというと、官僚と政治家との対立や、バブル時に積み重ねた莫大な借金のツケ、グローバル社会への対応の遅れなど、様々な要因が重なり、世の流れに大きく遅れをとっているのではないでしょうか。 
 
世論とは、世の中の人々がどう考えるかという事ですが、それをどう感ずるかが、それぞれの組織を預かる者にとって、最も大切なことだと思います。 
世論をコントロールすることは難しく、それに惑わされないことの方が大切なのですが、人間は弱い動物であり、ついつい強いほうに流されがちです。 
 
最近、私は、その世論を感じつつ、バランス感覚を持ちながら事を処すよう心がけています。 
事業の運営はもちろん、社会人として行動する場合に、何が正しいかを決めるについて、このバランス感覚は、非常に大切であり難しいことだと思います。 
 
 

2008年09月02日

集中豪雨

いよいよ9月に入りました。 
 
この10日くらいの間にめっきり秋らしくなり、お盆前の猛暑が嘘のように和らぎ、夜の寝苦しさもなくなりました。 
日本の四季のありがたさを感じています。 
 
一方、先週は各地でゲリラ的な豪雨があり、記録的な大雨となった愛知県岡崎市では、二人の女性が亡くなるなど、大きな被害を齎しました。 
被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 
 
集中豪雨といえば、昭和51912日、長良川の堤防が決壊し、この地域に大変大きな被害が出たことを思い出します。 
 
この時は、一週間程前線が停滞して雨が降り続き、廻りの河川は、どこも危険な状態となっていました。 
当時、地元の消防団に属していた私は、他の団員と共に、連日、警戒にあたるため出動していましたが、長良川が決壊する前夜には、消防団の車庫まで水が入ってきたため、各自、自宅へ戻りました。 
 
その夜中に、木曽三川の一つである長良川が切れたのですが、それによって揖斐川の水位が下がり、そこに繋がる他の中小河川が流れを取り戻し、市内の水位も徐々に下がり始めたのです。 
しかしながら、それまでの増水により、市内全域に亘って床上・床下浸水の被害が出るなど、大変な災害となりました。 
 
また、長良川右岸に面した地域では、一階の軒以上に水が浸かりました。 
水が引いた後も、各家々から、ダンプカーに12杯のゴミが出るほどで、元の生活に戻るまでに、数ヶ月の時間を要したようです。 
 
濃尾平野に位置するこの地域は、昔から、水による被害をたびたび受けており、部落ごとに「輪中」と呼ばれる堤防で囲い、その被害から田畑を守る工夫をしてきました。 
輪中のおかげで被害を免れる度、先人の知恵として、すごいことだと実感しています。 
 
しかし、いつの世も、天災は、いつ何時やってくるかわかりません。 
常日頃から、気をつけたいものです。 

2008年08月26日

北京オリンピック

様々な問題を抱えつつ開催された北京オリンピックですが、何とか無事に閉幕し、同時に、暑い夏の夜が終わったような気がします。 
 
国内予選、全国大会を勝ち抜いた者が日本代表としてオリンピックの晴舞台に立ち、世界のトップクラスと競い合った結果、何人かの選手がメダルを獲得しました。 
テレビの前で、熱い声援を送った方も大勢いらっしゃることでしょう。 
 
もちろん、日本選手団だけではなく、各国を代表して頑張る選手達の姿は、観る者に多くの感動を与えてくれました。 
メダルを獲った者、敗退した者、また、オリンピックに出場できなかった者… 
人知れず努力を積み重ねていたであろう選手達ですが、悔しい思いをした人達も多勢いるはずです。 
 
世の中の成功失敗は、それぞれの努力の結果なのですが、その努力の方向や方法が、ほんの少しずれただけで、大きな差が出来てしまいます。 
同じように、私達の商売の中でも、どのような場面で戦うかによって、その内容も大きく変わってきますが、何とか日本一、出来れば世界一と言われる商品を造り出すことがれば、この上ない幸せです。 
 
オリンピック選手たちに負けないよう、日々努力していきたいものです。  

2008年08月19日

桑名石取祭り

三重県桑名市では、毎年8月の第一土曜・日曜の両日、日本一騒がしいと称される『石取祭』が行われます。 
 
桑名は、私の亡母の生まれ故郷であり、私が幼い頃、毎年のようにこの祭りに連れて行かれ、以来、あの音色が大好きになりました。 
20年位前からは、この時期、墓参りを兼ねて、祭り見物に出掛けています。 
 
土曜の午前0時、30数台の山車に付けられた大きな太鼓と鐘の音が一成に鳴り響き、 その後、丸二日間、飲みっ放しの行事は、お酒も祭りも大好きな私にとって、羨ましい限りです。 
 
一概には言えませんが、海の近くの祭りには勇壮なものが多いような気がします。 
例えば、博多の祇園祭り、岸和田のだんじり、浜松の凧揚げ祭り、半田の潮干祭り等、海岸に近い地域の祭りに、誰もが開放的な雰囲気を感じることでしょう。 
  
対する京都、高山、私の地元大垣など、内陸にある街では、静かな祭りが多いようです。 
やはり、その地域に住む人々の気性が、そのまま祭りの雰囲気に表れているのかもしれません。 
 
どんなことでも、心を燃やすものがあるということは、とても大切なことです。
仕事や社会生活の中で、何か一つでも一生懸命になれることを見つけ出して、これからも頑張っていきたいと思っています。 

2008年08月13日

お盆

誠に勝手ながら、三輪酒造ならびに地酒VANサービスは、今週、14日より17日までの日間、夏休みの為、休業とさせていただきます。 
大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。 
 
お盆を迎えるこの時期、帰省や旅行に出掛ける人達で、各交通機関、全国の行楽地など、どこも大変な混雑になることと思います。 
皆様も、事故、怪我等には充分ご注意ください。 
 
 
我が家でお盆といえば、昔は、親戚の方が大勢こられて、母や家内が大変な思いで持て成しをしていました。 
しかし、近年は、お盆だからといって訪れる人もめっきり少なくなり、楽になった反面、少し寂しい気がしないでもありません。 
やはり、年に一度、お盆の時くらいは、ご先祖様にご挨拶をすることも大切だと思います。 
 
西濃運輸の創業者、故田口利八さんは、生前、何か自分の中で迷いがある度、両親の墓前に出向き、その場で一時、瞑想にふけると、それまで迷っていた心がすっきりしたという話を聞いたことがあります。 
お墓の前というのは、言葉では言い表すことのできない、何か特別の空間なのかもしれません。 
 
人は、物事が上手くいかない時、それを他人のせいにしてしまうことが多々あります。 
そんな時、ご先祖様の前で、じっくり心を鎮め、深く考えることによって、先が開ける事もあると思います。 
 
お盆を機会に、「私達は生かされている」ということを、改めて考えてみようではありませんか。 


2008年08月01日

会社設立20年

おかげ様で、本日、株式会社地酒VANサービスは、設立から満20年を迎えることが出来ました。 
 
今から20年前、平成元年81日に、VANの“バ”の字も分からない状態ながら、今日の、インターネットを始めとするIT時代の到来を見据え、この事業をスタートさせました。 
 
VAN(Value Added Network)=付加価値通信網とは
「電話回線等の公衆通信網を利用し、特定の情報処理データサービスを行うもの」
という意味ですが、現在では、その言葉も死語になりつつあります。 
その後、マルチメディア、インターネットと様々な言葉で表現され、最近は、ユビキタス時代の到来が叫ばれています。 
  
国をあげての情報インフラの整備により、私達の生活環境は大変なスピードで変化していますが、残念ながら、多くの方がこの流れについていけてないように感じます。   
特に、清酒業界には昔ながらの感覚の人が多く、時代に取り残されているイメージが否めません。 
 
しかしながら、我々の業界が慌てる必要はないと思います。 
というのも、情報社会の流れは、あくまで世の中のインフラ整備が中心であり、本来の酒造りについては、これまで通り、充分に機能するはずだからです。 
むしろ、この新しいインフラ機能を使って、酒造りの文化をどのように伝えるかが問題なのではないでしょうか。 
  
その為にも、満20年
を迎えた株式会社地酒VANサービスの存在意義は、現在の新しい機能を使いこなし、酒造りの文化を更に広めるよう努力する事だと考えております。
私共に課せられた次の30周年に向けて、いよいよ頑張らねば、と誓いを新たにしています。 
  
何卒、今後とも宜しくお願い申し上げます。

2008年07月29日

特別純米酒 大地の輝き

商品名 特別純米酒 大地の輝き
蔵元 滋賀県 川島酒造(株)
希望小売 1,571円
商品特徴 日本の米(近江米100%)とカナダの氷河深層水との出会いをコンセプトにした手づくり純米酒。地球上で最もピュアな自然水を割水に使用しました。そのコンビネーションは予想外に米の旨味を引き出すのに成功し、コクのある酒に仕上がっています。食卓を飾る氷河をイメージした涼しげなボトルも人気です
色・香・味に関する特徴 日本の米(近江米100%)とカナダの氷河深層水との出会いをコンセプトにした手づくり純米酒。地球上で最もピュアな自然水を割水に使用しました。そのコンビネーションは予想外に米の旨味を引き出すのに成功し、コクのある酒に仕上がっています
料理との相性 さばの味噌煮、エリンギのバター炒め
アルコール度数 15.4
日本酒度 +4
酸度 1.2
アミノ酸度 1.0
使用酵母 協会7号系
麹米(使用米) 玉栄
麹米(精米歩合) 60%
麹米(産地詳細) 滋賀県
掛米(使用米) 日本晴
掛米(精米歩合) 60%
掛米(産地詳細) 滋賀県
杜氏名(流派) 向守三郎(能登)
仕込水 カナダ氷河深層水使用
JANコード 4512121728030
特別純米酒 大地の輝き 氷河深層水との出会い
500ml やや辛 やや淡
ロック 冷やで ○ 室温 ◎ ぬる燗 ◎ あつ燗

インターネットショップ紹介
取扱店紹介


 

無濾過吟醸生貯 櫂のしらべ

商品名 無濾過吟醸生貯 櫂のしらべ
蔵元 山形県 加茂川酒造(株)
希望小売 800円
商品特徴 酒造好適米としては日本有数の山田錦を麹米に、山形県オリジナルの酒造好適米出羽燦々を掛米に使用し、より優れた特徴を醸し出す吟醸酒です
色・香・味に関する特徴 山田錦の華やかな香りと、出羽燦々の豊かな味わいの特徴を兼ねそろえた吟醸酒です。飲み口あっさりしながら、口の中で広がる淡い香りと味わいが調和したお酒で
料理との相性 白身刺身などに合います
アルコール度数 14.8
日本酒度 +5
酸度 1.5
アミノ酸度 1.3
使用酵母 山形酵母
麹米(使用米) 山田錦
麹米(精米歩合) 55%
麹米(産地詳細) 岡山県
掛米(使用米) 出羽燦々
掛米(精米歩合) 55%
掛米(産地詳細) 山形県
杜氏名(流派) 鈴木七四郎(13代当主襲名)
仕込水 朝日連峰伏流水
JANコード 4935926131292
無濾過吟醸生貯 櫂のしらべ 山田錦と酒造好適米出羽燦々を使用した吟醸酒
500ml やや辛 やや淡
ロック 冷やで ◎ 室温 ○ ぬる燗 あつ燗

インターネットショップ紹介
取扱店紹介


 

純米 国士無双 虚空

商品名 純米 国士無双 虚空
蔵元 北海道 高砂酒造(株)
希望小売 945円
商品特徴 北の大地が育んだ酒米・吟風ときらら397を原料に、リンゴ酸酵母を使用して醸造したワイン感覚の爽やかな低アルコール純米酒。日本酒の新しい愉しみ方を提案します
色・香・味に関する特徴 ちょっと甘酸っぱい、爽やかでさらっとした飲み口のワイン感覚のお酒
料理との相性 和食はもちろん、洋食とも相性が良く、特にチーズなどの組み合わせも意外に合います
アルコール度数 12.2
日本酒度 -9
酸度 1.9
アミノ酸度 1.2
使用酵母 リンゴ酸高生産性多酸酵母
麹米(使用米) 吟風
麹米(精米歩合) 60%
麹米(産地詳細) 北海道
掛米(使用米) きらら397
掛米(精米歩合) 60%
掛米(産地詳細) 北海道
杜氏名(流派) 西和夫(自社)
仕込水 大雪山伏流水
JANコード 4969715311381
純米吟醸 越後 無濾過原酒 ワイン感覚の爽やかな純米酒
500ml 辛口 やや淡
ロック 冷やで ◎ 室温 ぬる燗 あつ燗

インターネットショップ紹介
取扱店紹介


 

2008年05月12日

長野酒メッセ in 東京

長野県の麗人酒造さんより、長野酒メッセ in 東京の案内が届きました。

日時:2008年5月20日(火)
    13:00〜20:00 業界関係者
    15:00〜20:00 一般
会場:グランドプリンスホテル赤坂
内容:長野県80蔵の試飲
入場料:2,000円
主催:長野県酒造組合

長野県の蔵元、80社のお酒を試飲することができます。

お近くの方は、是非!!

2008年04月11日

和リキュール

日本酒蔵が醸す「リキュール」のご案内です。

これまで、焼酎ベース日本酒ベース「梅酒」は、あちこちの蔵元で商品化していました。
それが最近では、いろいろな材料を使った個性豊かな「和リキュール」が世の中に出てきています。

梅はもちろんのこと。
ライムだったり、だったり、ゆずだったり、ブルーベリーだったり・・・

そんな個性豊かな「和リキュール」のご案内です。

続きを読む "和リキュール" »

2008年03月07日

花見酒

桜の花びらを浮かべて花見酒

ぼちぼち、桜の開花情報が出てくる様になりました。

気象庁によると、東日本は「平年並み」、西日本は「平年並みか遅くなる」との事です。

予想開花日(気象庁3月5日発表)
  • 3月26日:静岡、高知、大分
  • 3月27日:東京
  • 3月29日:名古屋、和歌山、徳島
  • 4月 1日:大阪、神戸、甲府、鹿児島

「桜」と言えば、当然、お花見ですよね。

お花見は、桜を愛でることはもちろんですが、満開の桜の元で、おいしい料理と、おいしいお酒。
そして、何よりも気のおけない仲間たちとの語らいが楽しいですよね。

という訳で、今年のお花見は、『桜』の銘がついた日本酒はいかがですか?


花見酒には、このお酒!

続きを読む "花見酒" »

2008年03月03日

イベント情報

長野県諏訪市の麗人酒造さんより、イベント情報が届きました 
 
  
2008 上諏訪街道 春の呑みあるき 
 
日時 : 2008322日(土)15:00〜19:00 
場所 : 長野県諏訪市 国道20号線沿い 酒蔵街 
内容 : 舞姫・麗人・本金・横笛・真澄 
      市内5軒の酒蔵の呑みあるき 
     各蔵特製の粕汁や漬物等の振舞いや催しが盛り沢山 
     麗人酒造では、しぼりたての大吟醸生原酒などのキキ酒や地 
     
ビールの試飲(1100円)、社長特製の豚汁のサービスなどを 
     
行います 
参加費: お一人様 2,000円 
     ご予約は不要です 
     当日、販売所でパスポート(お猪口付)をお求め下さい 
催 : 上諏訪街道21
問合先: 麗人酒造 Tel. 0266-52-3121 
 
※飲酒運転は絶対にやめましょう 
20歳未満の方の試飲はお断りします
 

2008年02月28日

蔵元紹介:岐阜県 御代桜醸造

岐阜県美濃加茂市に、御代桜醸造(みよざくら)があります。

岐阜県:御代櫻

ここのお酒は、決して派手なお酒ではありません。
いやむしろ、地味なお酒ではないかと思います。

でも、この地味なお酒が、実は忘れられなくなるんです。

例えば、
おいしい肴を口にほおばった時。。
仕事に疲れて、フト、お酒を口にしたい時。。


「あぁ、御代桜の純米酒を呑みたいなぁ。」

そう思わせるお酒。

それが、御代桜のお酒です。

続きを読む "蔵元紹介:岐阜県 御代桜醸造" »

2008年02月21日

酒蔵開放(見学会)のご案内

ほんの一部だけですが 地酒VANサービス会員蔵元様の酒蔵開放情報をご案内します 
 
仕込みの様子を見学したり、搾り立て新酒の試飲・販売他、様々なイベントが行われるようです 
 
ご興味のある方、
お近くの方… 
是非、訪れてみてください 
 
※恐れ入りますが、詳細につきましては各蔵元様に直接お問合せ願います 
 
 
 
秋田県横手市:阿桜酒造株式会社さん 
 2月23日(土)13:30〜16:30 
 その他の日程においても随時受付しております(要予約) 
http://www.azakura.co.jp/cgi-bin/bbs/bbs.cgi 
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%BD%A9%C5%C4%B8%A9%B2%A3%BC%EA%BB%D4%C2%E7%C2%F4%BB%FA%C0%BE%CC%EE67-2&lat=39.30216444&lon=140.58410972&type=&gov=05203.66.12.1 
 
 
 
岐阜県美濃加茂市:御代桜醸造株式会社さん
 3月1日(土)〜3月2日(日)両日共10:00〜15:00 
http://www.miyozakura.co.jp/news/#1200042101-950034 
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%B4%F4%C9%EC%B8%A9%C8%FE%C7%BB%B2%C3%CC%D0%BB%D4%C2%C0%C5%C4%CB%DC%C4%AE3-2-9&lat=35.43551111&lon=137.01716278&type=&gov=21211.3.3.2.3    
 
 
 
長野県諏訪市:麗人酒造株式会社さん 
 3月1日(土)13:30〜16:00 
http://blog.reijin.biz/ 
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%C4%B9%CC%EE%B8%A9%BF%DB%CB%AC%BB%D4%BF%DB%CB%AC%A3%B2%A1%DD%A3%B9%A1%DD%A3%B2%A3%B1&lat=36.03921222&lon=138.12391556&type=&gov=20206.39.2.9.11 
 
 
 
岐阜県下呂市萩原町:天領酒造株式会社さん 
 3月9日(日)10:00〜16:00 
http://www.tenryou.biz/news/kaihou.html 
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%B4%F4%C9%EC%B8%A9%B2%BC%CF%A4%BB%D4%C7%EB%B8%B6%C4%AE%C7%EB%B8%B61289-1&lat=35.87274194&lon=137.21221806&type=&gov=21220.53.191.1 
 
 
 
熊本県熊本市:瑞鷹株式会社さん 
 3月9日(日)受付11:00〜14:30(15:30終了) 
http://www.zuiyo.co.jp/news/416/ 
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%B7%A7%CB%DC%BB%D4%C0%EE%BF%AC4-6-67&lat=32.73400417&lon=130.68479056&type=&gov=43201.74.4.6.20  
 
 
 
長野県佐久市:千曲錦酒造株式会社さん 
 4月19日(土) 
http://www.chikumanishiki.com/19.html 
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%C4%B9%CC%EE%B8%A9%BA%B4%B5%D7%BB%D4%C4%B9%C5%DA%CF%A4&lat=36.28241694&lon=138.46735722&type=&gc=80&gov=20217.120.250 
 
 
 
滋賀県高島市新旭町:川島酒造株式会社さん 
 お盆、年末年始を除く随時10:00〜16:00(要予約) 
http://www.matsu87.jp/framepage_rekishi.html 
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%BC%A2%B2%EC%B8%A9%B9%E2%C5%E7%BB%D4%BF%B7%B0%B0%C4%AE83&lat=35.35491083&lon=136.04673417&type=&gov=25212.86.20 
 

2008年02月18日

酒蔵開放!!(岐阜県:御代桜)

酒蔵開放の情報が届いておりました。(少し前ですが・・・)

◎ 日時:
   2008年3月1日(土)、3月2日(日)
   2日間とも10:00〜15:00


◎ 場所:
 御代桜酒蔵

御代桜と言えば、最近では、「パンダカップ」が有名ですが、私は個人的にここの純米酒が大好きです。

まだ30代の社長と、社長と同じ年の杜氏さんが、頑張って、蔵を切り盛りされています。
とっても元気な蔵元さんです。

続きを読む "酒蔵開放!!(岐阜県:御代桜)" »

2008年01月29日

バレンタインに最適!!(PART2)

このお酒、バレンタインに最適だと思いませんか? 
 
 
ソフト純米原酒 小粋な奴  
 
 

秋田流雅酵母(AK-4)が醸し出す、新感覚の純米原酒 

 
ユニークなネーミングと、個性的で可愛いボトルデザインが目を引きます 
 
アルコール度数11%台のソフト清酒(アルコールが低く軽いタイプの清酒)ですが、果実を想わせる華やかな香りと、少し甘めの口あたり、上品且つ、しっかりとした味わいをご賞味ください 
食前酒として、また、お酒に強くない方にもお薦めしたい一品です 
 
 
 
 商品コード   No.5820557
 内容量     
180ml 
 
 
  
  醸造元:秋田県秋田市  (株)那波商店 
 

続きを読む "バレンタインに最適!!(PART2)" »

バレンタインに最適!!(PART1)

とっても可愛いビンに入って、タンブラー付です。 
 
 
純米辛口 神渡 (みわたり)  
 
 

 

喉越しすっきりキレがある辛口純米酒を、180mlのお洒落でスリムなボトルに詰めました 
ラベルは諏訪湖をモチーフにデザインされ、女性に好まれる落ち着いた色彩のカートンにタンブラーを添えてお届けします 
バレンタイン、父の日、ブライダルなどのシチュエーションで気軽にお使いいただける、お客様の個性が光る一品です 
 
 商品コード   No. 5840958
 内容量     180ml 
 
 

  
  醸造元:長野県岡谷市   (株)豊島屋 
 

続きを読む "バレンタインに最適!!(PART1)" »

2007年12月22日

【お蔵訪問】 宮城県気仙沼:男山本店

2007年某月某日  宮城県気仙沼市にある『男山本店』さんへ行ってきました。

男山本店

残念ながら、当日は曇り空だったため、上記の写真は男山本店さんにお願いして、別の日に撮って頂きました。

続きを読む "【お蔵訪問】 宮城県気仙沼:男山本店" »

2007年10月01日

岡山:収穫祭

岡山県の利守(としもり)酒造さんより、収穫祭の案内が届きました。

利守酒造さんでは、幻の酒米『赤磐雄町米』(あかいわおまちまい)でお酒を醸してられます。

この『赤磐雄町』を一緒に収穫しませんか。

さらに、その収穫した赤磐雄町で仕込む【田植酒】を購入する事が出来ます!!


自分で収穫したお米を仕込んだお酒。

さぞやおいしいでしょうね。

先着順ですヨ!

詳細は、コチラ

2007年09月25日

酒サムライ

京都 伏見の老舗蔵元:北川本家さんから、「きき酒会」の情報が届きました。

今回のきき酒会は、「酒サムライ」きき酒会。


*酒サムライ
全国の若手蔵元で組織する日本酒造青年協議会が、日本から日本人の“誇り”が失われつつあるとの危惧から、日本酒の誇りを取り戻し、日本酒文化を日本国内のみならず、広く世界に伝えていくために、日本酒を愛し育てるという志を同じくするものの集いとして、平成17年に結成。

下記の2会場で、一般公開されるそうです。
お近くの方は、是非是非!!

京都会場:10月20日(土)

東京会場:10月26日(金)

詳細は、コチラ

北海道:高砂酒造 物産展

北海道 旭川の蔵元:高砂酒造さんから、物産展の情報が届きました。

会    期:9/20(木) 〜10/2(火)
会    場:東武百貨店 池袋店 10F催事場(1・2番地)
営業時間:午前10時〜午後8時
                    ※9/26(水)は午後6時閉場、最終日は午後5時閉場。


いろいろと、目玉商品を用意している様です。

行かれる前に、是非、高砂酒造さんのブログをチェックしてみてください。

2007年09月07日

北海道:北の誉 酒蔵まつり

今度は、北海道から蔵開放の情報が入ってきました。


第11回 北の誉酒蔵まつり


開催日:平成19年9月30日(日)

毎年、この『酒蔵まつり』をやられていて、今年で、11回目!

お近くの方は、是非、行ってみてください。
(私なら近くに住んでいたら、絶対、行きます!)


詳細は、コチラです。

 
 

2007年09月05日

蔵開放:打ち立てのお蕎麦とおいしい日本酒

長野県の黒澤酒造さんから、蔵解放の情報が届きました。


= 日本酒の日  蔵開放 =


日本酒の日、と言えば、10月1日。
黒澤酒造さんでは、毎年、この日に蔵開放をされているそうです。

サブタイトルは、


〜 秋あがり 月の宴 〜


9月になり、徐々にではありますが、涼しくなってきました。
ぼちぼち、日本酒が恋しくなる季節ですね。

 
 

続きを読む "蔵開放:打ち立てのお蕎麦とおいしい日本酒" »

2007年08月31日

トップ画像

8月31日から9月1日になった瞬間に、トップのイラストが変わります。

今の画像は、コレ。

ジィジィの家での夏休み

さぁ、これがどんなイラストになりますか。

お楽しみに!(^_-)-☆

2007年08月28日

一服の清涼剤

相変わらず、暑い毎日ですが。。。

秋田県の浅舞酒造さんのブログで、とっても涼しげな記事の投稿がありました。

毎日暑いですが、季節は着実に秋に向かっているのですね。

 
 
そういえば。。。

 
 
 

続きを読む "一服の清涼剤" »

2007年08月21日

酒造りに必要なこと

酒造りにかかせない事。

水は、もちろんですよね。

杜氏の匠の技も重要です。

そして、もう一つ!


そう!

お米です!!

 
酒造りの詳細は、こちらで
 
 
 
 

続きを読む "酒造りに必要なこと" »

2007年08月17日

猛暑の中の蔵元

昨日、岐阜県多治見市では、これまでの日本国内の最高気温の記録を塗り替える暑さでした。
当然、ここ大垣市でも、暑いです。     トッテモ・・・・・

で、フト、思いました。

この猛暑の中、蔵元さんはどうされてるんだろう。

という訳で、ここ2,3日の蔵元さんの記事を集めてみました。

皆さん、それぞれ夏を過ごしていらっしゃいますヨ。


 
 
 

続きを読む "猛暑の中の蔵元" »

2007年06月13日

海中貯蔵酒

宮城県気仙沼の男山本店さんから、凄い取り組みの情報が入りました。

その名も、『海中貯蔵酒』!

『雪中貯蔵』は、聞いたことがあります。
『海洋深層水』を使用したお酒もあります。

しかし、

海の中で貯蔵したお酒は、聞いたことがありません。

男山本店さんに聞いてみたら、

「多分、日本で初めてじゃないですかね。」

との事。

という事は。。。。。


世界初  海中貯蔵酒 

って、ことですよね。

ただ。。

 
 

続きを読む "海中貯蔵酒" »

2007年06月06日

北海道 酒蔵祭り2007

北海道 旭川の蔵元さんから、情報が入りました。

『北海道 酒蔵祭り 2007』


北海道酒造組合の主催で、今年で4回目だそうです。
北海道内18の蔵元が集まって、試飲販売。

6月20日(水)、21日(木)の2日間。


お近くの方は、是非是非!

2007年05月16日

日本酒フェア

日本酒フェアって、ご存知ですか?

東京・池袋で6月7日(木)午後3時から8時まで開催されるイベントです。
詳細は、コチラ

簡単に言ってしまうと、「全国の日本酒を飲み比べする事ができる」イベントです。

ですが、この日本酒フェアは、普通の日本酒のイベントとはちょっと違います。


毎年、5月に「独立行政法人 酒類総合研究所」の主催で、『全国新酒鑑評会』が開催されています。
これは、日本全国の清酒蔵元が、自慢の日本酒を出品して、その優劣を競うものです。

これまでも、この鑑評会での入賞酒のきき酒会は、開催されてました。

しかし残念ながら、醸造関係者を対象に、広島で開催されていたのです。

この全国新酒鑑評会の入賞酒を、東京で業界関係者以外の人にも味わってもらおう、というのが、この『日本酒フェア』なのです。


以下に、開催概要をご案内します。

続きを読む "日本酒フェア" »

2007年05月11日

シーズンオフ

ゴールデンウィークも終わり、多くの蔵元は酒造りを終了しています。

大手の蔵元は別として、大体の蔵元は、10月頃から翌年の3月頃までが酒造りのシーズンです。
という事は、今は、酒造りの「シーズンオフ」

その昔、酒造りの道具が木製だった頃は、このシーズンオフの頃に、道具のメンテナンスやら、蔵の修繕をやっていたそうです。

もちろん、今でも、蔵内の修繕や整備等を実施している蔵元も多いと思います。

そして。。。。。

続きを読む "シーズンオフ" »

2007年04月17日

仕込みが終わり。。。

気がつけば、4月も半ば。。。
ゴールデンウィークの予定は決まりましたか?

さてさて、全国の蔵元では、仕込みが終わり、蔵人たちも故郷に帰り始めています。

多くの蔵では、昨年の10月あたりから仕込みをはじめ、今年の3月頃には仕込みを終え、蔵の中の片付けやら掃除やらをして、今年の10月まで仕込みはお休みです。

もちろん、蔵元自体は4月以降も営業をしています。
仕込みが終わったお酒を管理し、お酒をビンに詰めて商品として出荷し。。。。。
仕込みは終わっても、仕事はたくさんあります。

これまで、主に仕込みの模様を記事にして頂いていた『酒蔵ぶろぐ』

これからは、また、別の一面を見る事ができると思います。

2007年03月28日

蔵元有志楽しむ会

岡山の利守酒造さんより、『蔵元有志楽しむ会』の案内が届きました。

以下、引用==========


◆◇◆◇━━━蔵元有志楽しむ会━━◆◇◆◇


 蔵元有志11社(ワインメーカー2社)による春の楽しむ会


を開催致します。《今回で、12回目となります。》


今回は、人気店を貸しきって盛り上がりたいと思います!
(利き酒コンテスト等も予定しております)


会場は、ブログでもよく出てくる”魚屋”さんこと”魚真”さんです。


 ◆日時:2007年4月14日(土) 17:00〜19:00
 ◆会場:魚真 乃木坂店   東京都港区赤坂9-6  TEL : 03−3405−0411


   〔最寄り駅〕
   乃木坂駅(2番出口)より徒歩3分、


 ◆会費:5,000円
 ◆定員:100名   
 ◆ご参加には前もってお申込が必要です。
  (尚、定員になり次第締切とさせて頂きます。)
   お早めにお申込下さい!


■参加蔵元
  酒一筋(岡山)・富久長(広島)・天山(佐賀)・
  東力士(栃木)・夜明け前(長野)・自然郷(福島)・
  刈穂(秋田)・鶴齢(新潟)・開運(静岡)・
  蔵王スター(山形)・井筒ワイン(長野)



==========引用終わり

続きを読む "蔵元有志楽しむ会" »

2007年02月23日

100年貯蔵

長期熟成酒研究会という蔵元の集まりがあります。

この研究会会員でもあります岡山県の利守酒造さんより、100年貯蔵に関する情報が届きました。

長期熟成酒研究会と、酒類総合研究所で2005年12月から取り組んでいる「日本酒の100年貯蔵プロジェクト」の様子が、テレビ放映されることになったそうです。

 番組名:出没 アド街ック天国
 放送局:テレビ東京
 放送日:2月24日(土) 夜9時から

東京都北区滝野川の特集のひとつとして、赤レンガ地下の、100年貯蔵の様子を見ることが出来るそうです。

実は、この『100年貯蔵』のことは、恥ずかしながら今回初めて知ったのですが、

それにしても。。。。。

続きを読む "100年貯蔵" »

2007年02月21日

京の食文化を味わうイベント

京都の老舗蔵元『北川本家』さんより、試飲販売の情報が届きました。

今回は、【京の味ごちそう展】です。

日時:2月21日(水)から2月27日(木)

場所:高島屋 京都店 7階グランドホール


京都伏見の清酒はもちろんの事、京都府下全域の蔵元の銘酒の試飲販売だそうです。

【京の味 ごちそう展】というタイトルからもわかる通り、日本酒以外にも京都の味と食文化を伝える料亭や寿司屋など約40店が集まるイベントだそうです。

お近くの方は、是非是非、行かれてみてはいかがでしょうか。

京都の味に舌鼓を打ちつつ、京都の清酒を味わう。

なんて、雅な・・・

2007年01月31日

社長ブログ

早いもので、2007年も一ヶ月が過ぎようとしております。
今年の冬は、本当に暖かく、我々日本酒業界の人間にとって、この暖冬は、いろいろな意味でイヤなものです。

日本酒は、寒くなった方が売上が伸びるんです。
暖冬は、売上に悪影響を及ぼすんですねぇ。。。

そして、
造りに関しても、悪影響です。

今の時期は、どの蔵元も造りの最盛期を迎えています。
この時期に、外気温が下がらないと、醪(もろみ)の温度調整が大変なんですね。
技術が発達した現在でも、やはり、自然環境に左右される。
それが、日本酒の酒造りなんです。

前置きが長くなってしまいました。。。

実は、この度。。。

続きを読む "社長ブログ" »

2007年01月05日

新年明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

本年も、何卒、よろしくお願い申し上げます。

という訳で、地酒VANサービスは、本日から2007年の営業開始です。
今年の正月は、こちらの地域では比較的暖かかったのですが、今朝は、冷え込んでいます。
『冬!』という感じです。

今年は、いろいろと新しいことを進めていきたい、と考えております。

どうぞ、よろしくお願い致します。

2006年12月22日

東京:地酒催事のご案内

秋田県の浅舞酒造(あさまい)さんから、『小さな蔵元の隠れた地酒まつり』の情報が届きましたので、ご案内します。

期間:平成18年12月26日(火)〜平成19年1月10日(水)
場所:東武百貨店 池袋店
       中央館地下2階酒売場(B2F5番地)

浅舞酒造さんは、『天の戸』(あまのと)を醸す蔵元さんです。
今年の全国新酒鑑評会では、見事、金賞を受賞されました。
上記の催事では、この「金賞受賞酒」も持って来られる様ですが、早目に行かないと売り切れになってしまうかもしれませんヨ。

お近くの方は、是非是非、足を運んでみてください。

こちらの、ブログもご覧下さい。

2006年12月20日

酵母のお話

日本酒は、米と米麹と水で醸される事は、ご存知だと思います。

お米を蒸し、室(むろ)に入れて麹菌を培養させる事で、お米から糖分を引き出す。
その糖分を酵母が食べて、お酒になります。

お酒造りで重要なものの一つに、この酵母があります。

よく、「協会9号」とか、「アルプス酵母」なんてのを聞かれた方もあるか、と思います。

で、その酵母、ご覧になられた事ありますか?

続きを読む "酵母のお話" »

2006年12月08日

京都:試飲即売会情報

京都伏見の老舗蔵元   富翁 (とみおう)さんから、試飲即売会の情報が届きました。

---------------------------------------------------------------------------------------------
期間:12月8日(金)から12月14日(木)
場所:近鉄百貨店 京都店(プラッツ) 地階 「和洋酒」売場

商品ラインナップ
  富翁 大吟醸 金賞酒
     富翁 大吟醸 山田錦
     富翁 大吟醸原酒 斗瓶採
     富翁 大吟醸純米 吟凛
     富翁 大吟醸純米 吟麗
     富翁 純米吟醸 純金酒
     米焼酎 はんなり 他

大正9年京都駅前に京都物産館(丸物)として誕生して以来、86年の歴史を持つ近鉄百貨店京都店は来年2月末で閉店します。

〒600-8651
京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町702
TEL 075-361-1111(代表)
---------------------------------------------------------------------------------------------

富翁さんは、今年の「全国新酒鑑別評会」で金賞を受賞されました。
その金賞受賞酒もラインナップの中に入ってます。

是非是非、お立ち寄り下さいませ。


但し!
お車ではなく、公共交通機関をご利用下さいませ。

米にこだわる

秋田県の横手市に、浅舞酒造という蔵元があります。

製造石数:1000石
銘柄:天の戸(あまのと)








天の戸の由来は、
国学の素養があった創業者:柿崎宗光(そうこう)が、

天の戸は静かに明けて神路山 杉の青葉に日影さすみゆ」

という古歌から名づけた。
『天の戸』とは天照大神の逸話で知られる「天の岩戸」のことで、ラベルの中などに勾玉 (まがたま)を使うのもここがルーツとなっている。

浅舞酒造ホームページより)





決して、大きな蔵ではありません。


むしろ、浅舞酒造さんのホームページの中の記載にもあるとおり、小さい蔵だと思います。


しかし、小さい蔵だからこそできることもある。と思います。


ホームページの中でも、こんな記載があります。









そんな天の戸の酒造りは、いまだ人の手に多くをたよっています。
古い木の道具を使い、じかに感じる香りや手触りを大切にしています。



そして、『お米』にも大変こだわっています。

続きを読む "米にこだわる" »

2006年12月06日

日本酒度の測り方

日本酒の味は、表現がとっても難しいです。
地酒道楽内にもたくさんの商品があり、それぞれ味わい等に関する商品コメントをご紹介しています。

でも。。。

「飲んでみないとわからない。」

というのが正直なところです。


そんな日本酒ですが、味の目安となる数値があります。

そう!

『日本酒度』です。


日本酒度はエキス(糖分・アミノ酸・カルシウムなど)の比重濃度を示したもので、エキス分のほとんどが糖分であるため、一般的にはプラス数値が大きいほど辛口、マイナス数値が大きいほど甘口と解釈されているようです。
実際には、共存する他のエキス分と関係して味をつくっていますので、日本酒度だけで一概に甘辛は特定できませんが、一つの目安になります。

で、この日本酒度。

どうやって測るか、ご存知ですか?

続きを読む "日本酒度の測り方" »

2006年12月01日

冬の旬な酒

 冬季限定商品発売 

“歌舞伎の町”、“勧進帳の郷”として知られる石川県小松市にて、江戸末期より酒造りを続けられている蔵元さまが、冬の時期のみ製造発売する、“旬”な酒をご案内いたします。

蔵元にて、仕込みがおこなわれている、今この時期のみにしか味わうことのできない、正真正銘、生きたまんまの“旬”なお酒です。是非とも、一度、ご賞味ください。おススメです!

 

続きを読む "冬の旬な酒" »

2006年11月24日

京都:試飲即売会情報

京都伏見の老舗蔵元   富翁 (とみおう)さんから、試飲即売会の情報が届きました。

期間:11月28日(火)から12月4日(月)
場所:JR京都 伊勢丹  地下1階 「和洋酒」売場

商品ラインナップ
  山紫水明 大吟醸
  富翁 大吟醸 金賞酒
  富翁 大吟醸純米 吟凛
  富翁 大吟醸純米 吟麗
  富翁 大吟醸原酒 斗瓶採
  富翁 大吟醸原酒 源蔵G徳利
  米焼酎 はんなり
  米焼酎 はんなり源蔵G徳利 他

できたての富翁 無濾過生原酒やギフト商品の販売もいたします」との事。

富翁さんは、今年の「全国新酒鑑別評会」で金賞を受賞されました。
その金賞受賞酒もラインナップの中に入ってます。

是非是非、お立ち寄り下さいませ。

2006年11月17日

蔵の朝は早い

気がついたら、11月も半ば。

今年も残すところ。。。。。

なんて、会話が出始めましたね。

最近は、朝晩はめっきり冷え込んで、私の周りには風邪をひいてらっしゃる方もチラホラ。。

そういえば、『風邪』って、風で邪気を運んでくるから、『風邪』って書くそうですヨ。

 

そんな今日この頃ですが。。。。。。

 

続きを読む "蔵の朝は早い" »

2006年11月13日

越後銘酒 【精撰 謙信】

精撰 謙信

醸造元 新潟県糸魚川市・池田屋酒造株式会社

 

来年2007年(平成19年)は、日本を代表する小説家である、井上靖の生誕100周年にあたります。

それを記念し、代表作のひとつである『風林火山』が、大河ドラマにて放送されることになりました。

戦国の世、天下統一を目指す“甲斐の虎”武田信玄と、それを支える軍師・山本勘助。そして、その前に立ちはだかる最強の敵“越後の龍”上杉謙信。

「川中島の決戦」を舞台に繰り広げられる壮大な戦国物語を描いた、原作『風林火山』に、胸を躍らせた文学ファンの方も多いのではないでしょうか。

 

 

今回、ご紹介させていただくお酒は、越後の銘酒【精撰 謙信】です。

戦国時代、信州松本へ塩を運んだ街道は、「塩の道」と呼ばれ、その出発点となったのが、現在の糸魚川市であり、当時、越後の名将上杉謙信が、好敵手であった武田信玄に塩を贈った美談は、余りに有名です。

この「敵に塩を贈る」という諺の語源ともなった、謙信公ゆかりの地糸魚川市にて、銘酒【謙信】は醸されています。

大河ドラマ『風林火山』を観ながら、越後銘酒【謙信】を味わい、戦国ロマンにどっぷり酔いしれてみるのはいかがでしょう。

 

参考小売価格 1.8L: 1,800円(消費税込) 720ml: 765円(消費税込)

 

 

2006年10月26日

酒蔵ぶろぐ

朝晩はめっきり涼しくなってきて、日本酒が恋しい季節になりました。

寒くなってくると、全国の蔵元では、酒造りが始まります。

地酒道楽でご紹介している『酒蔵ぶろぐ』でも、酒造りに関する記事が多くなってきました。

地酒道楽では、蔵元自身が運営しているブログをご案内しておりますので、是非、ご覧下さい。


酒蔵ぶろぐ

2006年10月19日

造りが始まる

滋賀県の蔵元さんからの新着情報です。

いよいよ、竹内酒造さんでも造りが始まるそうです。

 

最近は、ここ岐阜県では朝晩はめっきり涼しくなりました。

お米の収穫も、ぼちぼち終わり、全国のあちこちの蔵元で造りが始まっています。

 

続きを読む "造りが始まる" »

2006年10月07日

好きです 新庄 p(*^-^*)q

" I Love SHINJYO "

純米酒 好きです新庄

醸造元 山形県新庄市・最上川酒造株式会社

 

今年のプロ野球パ・リーグは、【北海道日本ハムファイターズ 】が大躍進。

6月後半から7月初旬にかけ、チーム最多タイ記録となる『11連勝』を記録。その後も、福岡ソフトバンクホークスとの熾烈な首位争いを繰り広げ、「熱パ」の台風の目となりました。

そして迎えたレギュラーシーズン最終戦。【北海道日本ハムファイターズ】は、この大事な一戦を、見事、勝利で飾り、シーズン第一位を確定させました。

その大躍進の原動力のひとつとなったのが、『新庄選手』の活躍ではなかったでしょうか。

球界屈指の強靭な肩と俊足を生かした華麗な守備。伸るか反るかの豪快なバッティング。ファイターズファンのみならず、日本中のプロ野球ファンを、存分に沸かせてくれました。

その『新庄選手』が、シーズン途中に、突然、今期限りでの引退を表明。

ファンを魅了した『新庄選手』を最後まで応援したい!!

そんな熱い想いを込め、山形県新庄市の蔵元が、このお酒を商品化しました。

これから始まるプレーオフ、そして、日本シリーズへ向けて、【純米酒 好きです新庄】を飲みながら、最後まで「新庄選手」を応援しましょう!!

頑張れ 新庄! 好きです 新庄!!

 

2006年10月01日

日本酒の日!!

10月1日は、日本酒の日です。

十二支の十番目、酉の月の「酉」の字は、もともと壷を表す象形文字で、お酒を表します。

またこの頃から新米が収穫され酒造りが始められることから、10月はお酒の月、10月1日が日本酒の日となりました。

ご存知でした?

 

続きを読む "日本酒の日!!" »

2006年09月14日

岡山:テレビ出演!!

岡山の蔵元、利守酒造(としもり)さんから、テレビ放映の連絡が入りました。

是非、ご覧下さい!!

以下、蔵元さんからの情報です。

=========

「朝だ!生です 旅サラダ」(朝日放送)《毎週土曜日8:00〜9:30》

の取材がありました。「ゲストの旅」のコーナーで女優の叶和貴子さんが

備前(岡山)の旅の途中で蔵に立ち寄られる場面の撮影です。

913 「赤磐雄町米」の試験田、熟成酒貯蔵庫、蔵をみられたり

と・・・・是非、TVでご覧下さい!

 

叶さんには、昔から和のイメージがあったのですが、今回お会いして

本当にお綺麗で日本酒が似合う方だなと確信致しました。

9131 私も放送が楽しみです。是非、ご覧になって下さい!

◆放送予定日

  9月23日(土) 8:00〜9:30

京都:試飲販売のご案内

京都の蔵元 北川本家さんが、高島屋 京都店で、試飲会を開催されるそうです。


日時:2006年9月15日(金)〜9月21日(木)

場所:高島屋 京都店 地下1階「和洋酒」売場

「京都の酒まつり」という事で、京都の蔵元5社共同試飲販売です。

北川本家さんからは、

・ 富翁 大吟醸 金賞酒
・ 富翁 純米吟醸 ひやおろし 他

の、試飲販売をされるそうです。

ひょっとしたら、「金賞受賞酒」が飲める・・・・・かも。