地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

酒類免許

先日、名古屋国税局酒類管理官(昔の関税部長)にお越しいただ 
く機会があり、最近の業界の状況などのお話をする中で、特に 
【酒類免許の緩和】による影響ついてが話題となりました。  
 
昨年の9月より、酒類小売免許が完全自由化されることとなり
ました。 
申請さえすれば順次免許が付与されるこの制度により、全国の 
コンビニやスーパーを始め、多くの申請が出されています。  
 
私たちは、永年に亘り、国の管理のもと酒類業界に携わってき 
ましたが、近年、国の酒類に対する扱いの感覚は、諸外国と比 
比べ、余りに容易過ぎるのではないかとさえ感じます。 

もちろん、未成年者の飲酒防止や、飲酒運転に対する規制・罰 
則の強化など、社会問題として取り上げられるようになりまし 
た。 
しかし、酒類の持つ特性として、飲酒そのものを止められな 
い」
という重大な事柄が疎かにされているような気がします。 
 
酒類を管理する国税局として、酒税の徴税のみではなく、飲酒 
そのものについても、もう少し責を持った対応をしていただき 
たい旨、私の考えをお伝えしました。