地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

日本酒不況の時代に

先日、酒造組合の例会での席上、税務署の指導官から、各蔵元 
に対し、 
「頑張ってお酒を売ってください。」 
という発言がありました。 
 
決して手をこまねいている訳ではありませんが、大きな資本力 
を持つビールメーカーの宣伝販売のパワーや、大手量販店の地 
方進出・店舗の拡大によって、中小の地酒蔵が生きる道はどん 
どん狭められています。 
 

正直なところ、現在、我々地酒蔵の商品は、その地域で販売す 
ることさえ至難のこととなっており、各蔵の生産量・販売量と 
も激減しているのが現状です。 
 
しかしながら、日本酒が必要とされなくなったり、飲んでいた 
だける方がいなくなった訳ではないのですから、この【日本酒 
不況】
と呼ばれる苦境を脱する方法が必ずあるはずです。 
その意味からも、今こそ、地酒VANサービスの事業で培っ 
たノウハウを生かす必要があると痛感する次第です。
 
全国には、まだまだ多数の日本酒ファンがいらっしゃいます。 
インターネットを活用し、その方々に美味しい地酒をお届けす 
ることのできる方法のひとつが、地酒VANサービスのシス 
テムです。
このシステムを、もっと多くの方に知っていただき、また、有 
効活用していただけることを願っております。 

コメント (1)

土佐の身内:

ブログにコメントもトラックバックもないと淋しいだろうと思います。
私は去年ブログを始めましたが、出会い系サイトその他のコメント、トラックバックが数多く付けられたのでやめました。
最初は、友人その他にブログを始めたことを知らせて、何か書いてもらうようにしました。
反応がないと続ける意欲が保てません。

ブログをやめてからはミクシィだけです。ブログとミクシィを連動させている人たちもいます。ちょっと検討なさってはいかがですか。