地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

酒の旨み

先週16日、杜氏から、今年の大吟醸を搾るタイミングについ 
て相談がありました。
 
杜氏に

「お任せします。でも、後2〜3日でしょうか?」

と言いましたら、

「そうですね。」

という答えでした。 

結果的には、2日後の18日に搾りました。 
 
お酒を搾るタイミングというのはとっても微妙なことで、最 
終的には杜氏の勘ひとつに頼ることになります。 
その判断が正しかったのか、もしくは早かったのか、遅かっ 
たのかは、それから何日後に結果として分かるものなのです。 
 

日本酒のもろみはとっても気ままなもので、なかなか造り手 
の言うことを聞いてくれません。 
様々な条件が入り乱れてもろみが育ちますが、香りや旨みは 
すべてのバランスの中で評価されるものであり、何一つ欠け 
ても、飲み手においしく感じてもらえないのです。 
 
一所懸命に酒造りをしてくれる人たちの想いを、いかにして 
お客さまに伝えるか、それが私共経営者の仕事です。 
全国のお客様よりいただくいろいろな問い合わせ、叱咤激励 
の中から、弊社のお酒がどのように飲まれているかを感じ取 
り、これからも続く酒造りに活かしてくことが大切であると 
思っています。