地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

酒税調査を終えて

今回の国税局の調査により、当社の社員の酒に対する認識に 
ついて、いろいろなことが分かりました。 
 
日頃から、酒税を含む商品を扱っていることは話していたの 
ですが、具体的に、各担当レベルで何をしなければならない 
かについてまでは、徹底した指導が出来ていませんでした。 
 
法律で定められている事項のひとつに、記帳義務があります。 
 
酒を仕込み、それが製品になるまでには、様々な作業が行わ 
れます。 
酒を壜詰するまでは液体として移動するため、決められた尺 
度でタンクの容量・アルコール分等を測定し、その上で数量 
を確定するという、慎重な作業を要します。 
 
しかしながら、タンクからタンクへと移動すれば、その量は 
微妙ながら変化するものです。 
そのため、実際に製品として詰まる本数も、机上で計算した 
予定通りの数量にはなりません。 
 

今回は蔵内の作業において、壜詰までの工程と、壜詰後の工 
程等、それぞれの作業上における数量確定をしっかりするよ 
うにとの指導を受けました。 
 
ごく当たり前のことのようですが、その基本的なことが徹底 
されていなかったのです。 
今後、各担当者が責任を持ち、それぞれの作業に不備や間違 
いのないよう徹底すること、また、社全体として、酒税に対 
する認識を高めていくよう努めてまいります。