地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

能の観賞

3月21日に、私が在籍する大垣西ロータリークラブの、45周年記念式典が行なわれました。
 
各記念事業発表の後、京都からお越しいただいた観世流能シテ方である「吉田潔司先生」の能を観賞させていただくことができました。 
 
私は町内のお祭りの為に、少しだけ謡を練習していますが、本物を間近で見るのは初めてのことで、大変感動しました。 
 
伝統芸能を守り続けることがいかに大変なことであるか。 
酒造業を営んでいる私達にも、少なからずその苦労は察することができます。 
 
当日は、オーストラリアから10名程のロータリーアンの来訪があり、彼らも感激していました。 
 
そのオーストラリア人の方々には、午前中、当社の酒蔵見学もしていただきました。 
築後130年程の古い酒蔵を目の当たりにし、これにもまた感激された様子で、なかなか帰ろうとされなかったため、案内のメンバーが困っていたくらいです。 
 

日本の伝統や文化には、世界中の人々が、大きな関心と理解示しています。 
反面、欧米の文化ばかりを羨む日本人が多い最近の傾向に、もう少し、日本人自身が、日本の伝統文化に誇りを持ってくれたらと願います。 
 
観能の際、鳴り物の演者を含め、何人かの若い人が、本当に一生懸命演じていらっしゃる姿を目にしました。 
そんな若者達も姿を見て、まだまだ日本も捨てたものではないと、心より喜ばしく思えた一日となりました。