地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

善因善果

各社で、いろいろな朝礼のやり方があると思います。 
私は、毎朝全社員が顔を揃え、挨拶を交わすことは、とても大切なことであると考えています。 
 
当社では朝礼の際、社員が毎日交代で簡単な本を読んだ後、その日の内容に私が解説を加え、皆に話しをしています。 
 
以前は、私の父である会長がその役をしていました。 
87才になった会長は、耳が遠くなり、足元もおぼつかない状態となったため、寒い日や、暑い日には、無理をしてまで朝礼に出てもらわなくてもよいのですが、本人にその意思があるうちは、健康の為にも、毎朝顔だけは出してもらうことにしています。 
その代わりとして、数年前より、朝礼の際は私が話しをすることになりました。 
 
先日、その話しの中で、「人間の善と悪」についての話題がありました。 
 

人間の心の中は、誰しも、良い考えと悪い考えが入り交じっています。 
楽をしたいと考えてしまうのが普通であり、困難なことや、面倒なことは、ついつい避けようとしてしまうものです。 
 
過日社内で起きた様々な問題も、社員一人一人が決められた事を、まじめにきっちりとやってくれていたならば、起き得なかった問題でした。 
しかし、これが当たり前のようで、当たり前でないのが、世の常です。 
 
善因善果、悪因悪果と言われる通り、当社の全ての社員が、いつも善人であってくれることを望んでいます。 
勿論、私自身も含めて…です。