地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

大型店

今月27日に、当社の南約2q程の場所に、「イオン大垣ショッピングセンター・JUSCO大垣店」がオープンします。 
これまで農地だった所に、突然、売り場面積1万坪を超える大型店舗が出現し、地元の人達も、皆驚いています。 
 
今回、元々出店計画がありながら、延び延びになっていたものを、“街づくり3法”の見直しにより、かけ込みで間に合わせたようです。 
 
大垣市は、人口16万人程の小さな街です。 
 
そんな所に、昨年11月に「平和堂」が、5千坪の店舗を新装オープンさせました。 
また、今年9月には、ユニー系の「アピタ大垣」が、同じく5千坪の新店をオープンさせます。 
 
今回の「イオン」と合わせ、この1年間だけで、新しく2万坪の売り場ができあがるのです。 
 
既存の大中店舗まで合計すると、実に、3万5千坪という巨大なの売り場面積が、この小さな大垣市に集中するという事態に、地元商店街の方々は、戦々恐々の感を拭えません。 
 
おそらく、オーバーストア地域として、全国でも一、二を争うこととなるであろうこの街で、地元の商業者は、どのように生き残っていけばよいのでしょうか。 
 

そんな中、市内中心市街地活性化に向け、常日頃から、商工会議所にて話し合いがもたれ、最近では、大垣城を中心とした歴史文化を表現し、広めるべく、地元を挙げて努力しています。 
 
その中心街に酒蔵を持つ当社としては、全国の量販店や、酒販店で売っていただいているお酒とは別に、大垣に来ていただかなければ買えないお酒、ここだけのお酒を作っていくこ
とも考えております。 
それを、地域活性化のお役に立てるものとして育てていけるよう努力してまいりたいと思っています。