地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

白川村村長選挙

今回の統一地方選挙では、岐阜県大野郡白川村で、8年振りとなる村長選挙が実施され、現職の谷口村長に、新人の板谷さんが挑戦しましたが、現職が勝利という結果となりました。 
 
思い返せば31年前、初めて白川村を訪れ、「にごり酒」のお話をさせて頂いた時に大変お世話になったのが、今回新人として立候補された板谷さんのお父さんでした。 
村議会の議長さんとして、熱心に村の人達を説得して頂いた結果、今の「白川郷純米にごり酒」が誕生したのです。 
 
その頃のエピソードですが、実は、この時も、村を二つに分ける村長選挙がありました。 
本来であれば、白川村にて「にごり酒」を製造することも考えられていたのですが、選挙の結果、それが認めらないことになり、大垣で製造する「白川郷にごり酒」となってしまいました。 
 
人口2000人という小さな村ですので、人間関係が非常に複雑で難しく、今回の選挙でも、村民の方々は、どちらに投票していいのか非常に困られたことと察します。 
投票日前に、村で酒屋を経営なさっている一軒のお宅に伺ってみたところ、5人いる家族で上手く分けて投票するとのことでした。 
 
私は、当選された谷口村長、残念な結果となった板谷さんともよく存じ上げております。 
結果は結果として、お二人共々、今後は協力し合いながら、白川村の発展の為に頑張っていただきたいと思います。