地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

地震

先日、またしても大きな地震が起きました。 
今回、能登地域では、いくつかの蔵元が被害を受けられたようです。 
 
一昨年の新潟県中越地震では、私達の仲間であるお福酒造さんを始め、何軒かの蔵元が大きな被害を受けました。 
10年前の阪神淡路大震災の際には、多数の酒蔵が大きな被害を受け、いくつかの蔵が廃業にまで追い込まれました。 
 
当社も、170年の歴史の中で、いくつかの天災や人災に遭っております。 
明治25年の濃尾大震災では、大垣の町が壊滅状態となり、当蔵は残ったものの、主家は全壊しました。 
 
その時は幸いにも残った当社の酒蔵ですが、建てられてから、既に120年余り経っております。 
もし、今度大きな地震に襲われたとしたら、まず無事には済まないことでしょう。 
 
「天災は忘れた頃にやってくる」と言われます。 
いつかは来るであろう大地震などの天災に対して、今、どのように備えておけばよいのか、残念ながら想像すらできません。 
しかし、まずは生命が無事であること。それが一番大切なのではないかと考えております。