地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

賞与

先週、弊社も、遅ればせながら、社員に賞与を支給しました。
社員にとっては、満足できる額でないことは充分承知していますが、弊社の現状を考えれば、何とか我慢してもらいたいと思うのは、社長の勝手な言い分なのかもしれません。  
 
昔、大学を卒業して数年もしない頃に、学生時代の友人が、
「ボーナスが立った。」 
と言って、私に自慢をしました。 
 
その頃の私は、給料もろくに貰えず、三輪酒造のために走り回っていた頃で、その友人は、外資系の企業に勤めていたのですが、その会社は、当時は歩合給であった為に、営業実績を認められて、20代の若さでお札が立つような金額のボーナスを貰ったようです。 
その時私は、彼のことを羨ましく思う反面、企業のバックがあればこそと考えました。 
 
最近では、業界の方に、三輪酒造の存在を認知していただけるようになり、ブランドとしての“白川郷”を、ある程度確立することが出来ました。 
今後は、商品の中身を、もっともっと美味しいものにすると共に、社員の資質を高め、企業として、社会に恥ずかしくない会社にしていくことが必要だと痛感しています。 
 
弊社の『白川郷純米にごり酒』を飲んでいただいた方が、健康で楽しく暮らして頂くことと、それを造っている我々が、誇りを持って働けるような会社になれば、と思います。 
 
その結果、社員にも、満足できる給料と賞与の支払いができれば、これこそ“三方良し”となります。 
少しずつ、焦らずに努力していきたいものです。