地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

自民党大敗

今回の参議院議員選挙は、選挙前のマスコミの大方の予想通り、与党自民党の大敗という結果となりました。 
 
前回の衆院選では、小泉前首相の思い切った発言や行動によって自民党が圧勝しましたが、あれから2年も経たっていない今回、まったく逆の結果に終わり、選挙というのは本当に怖いものだと改めて感じさせてくれました。 
この結果により、今後の国政に様々な影響が出るのは間違いないことでしょう。 
 
2大政党制を目指した選挙制度の改革によって、我々国民は、白か黒かのどちらかの選択を余儀なくされ、グレーであることは認められない状況となりました。 
元々日本人は、どちらかというと中道的な政治を望む国民性を持つ民族であるように思うのですが、近年では、状況が明確に表れる時代のもとで、企業活動や生活をしていくことが求められています。 
 
私が住んでいる岐阜県は、“自民党大国”とも言われてきた地域ですが、こんな田舎でも、住民の政治に対する考え方が、少しずつ変ってきました。 
 
政治というものは、決して政治家や役人だけがするものではないと思うのですが、ついつい彼らに任せてしまい、自分たちには関係がないと思う人が多く見受けられます。 
街を造っていくのには、そこに住む住民一人ひとりの思いが大切ですし、その思いが、それぞれの選挙や普段の行政に反映されるべきではないでしょうか。 
 
これからの時代は様々な意見を持った人達が増え、物事を決めることが益々難しくなりますが、こんな時代だからこそ、強い信念と思いをもったリーダーが必要です。 
 
時代の変わり目に生活し、事業を営ませて頂いている私達は、目先のことばかりに囚われることなく、社会のニーズを的確に捉え、世の中に必要とされる企業人であり市民でありたいと思います。