地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

いよいよ9月

例年にないくらいの猛暑を記録した夏もようやくピークを過ぎ、少しずつ秋の気配を感じるようになりました。 
振り返ると、今年の夏は異常な高温が続き、クーラーや清涼飲料は大変好調な売れ行きだったようです。 
 
季節商品の売れ行きは、その年の暑さ寒さで違いますが、これまでの経験からすると、暑いときはより暑く、寒いときはより寒い方が、その後の商品の動きが良くなる傾向にあります。 
人の購買に与える精神的な面で言うと、思い切った仕入をさせるには、当然資金の流れが重要なポイントとなりますが、今年の夏のように季節商品がしっかりと動くと、次に来る秋に向けた商材の仕入に弾みがつく事になります。 
 
もちろん、いくら仕入が増えたところで、消費者の方に、実際に購入して頂かなければ売上には繋がりませんが、これから1ヶ月が冬に向けて清酒が動くかどうかの分かれ目になるのではないかと思います。 
 
社内では蔵内の整備や体制固めも終わり、秋の需要期に向けて、いよいよ本格的に稼働します。 
 
現在、地酒VANサービスは新しいカタログの発行に向けて準備を進めており、今月末には加盟店様のお手元に届けることができるよう頑張っております。
また、三輪酒造では、秋期キャンペーンを実施して、新規顧客の獲得に努力しているところです。 
 
各蔵元におかれましても、「ひやおろし」を含め、それぞれ営業努力をされていると思いますが、どのような形であれ、一人でも多くの方に日本酒を飲んで頂けるよう、お互い力を合わせて頑張りましょう。