地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

J.フロントリテイリング

株式会社大丸と、株式会社松坂屋ホールディングスは、9月3日、株式移転方式により、共同持株会社「J.フロントリテイリング株式会社」を設立し、経営統合されました。 
 
弊社は、永年に渡って、この両社に大変お世話になっております。 
お取引額としては大変小さなものですが、私の気持ちの中では、とても大切な両社なのです。 
 
今から30年前の昭和51年9月、初めて「白川郷純米にごり酒」の仕込みを行い、10月のどぶろく祭りに何とか間に合わせることができました。 
そして、翌11月、東京八重洲の大丸百貨店酒売り場にて、あらかじめお約束してあった試飲会を開催したのです。 
これが「白川郷純米にごり酒」にとって、最初の試飲宣伝販売でした。 
 
試飲販売というと、試飲していただいた10人中、1人の方に購入していただけるかどうか、というのが酒業界の常識です。 
しかし、その時には、半分以上の人にお買い求めいただきました。 
 
大丸のご担当者が大変驚かれ、当時の係長さんから、 
「1年間、首都圏での販売をうちに任せてほしい。」 
と言われました。
実際、その後の1年間、料飲店までの配達もしていただいたのです。 
 
また、20年前、地酒VANサービスを始める際には、松坂屋さんに大変お世話になりました。 
 
当時の仕入課長さんに、私が考えていた、現在の地酒サプライウェブシステムの原型とも言えるシステム作りについてお話したところ、 
「地下の酒売り場でやってみたらどうでしょう。」 
というありがたい言葉をいただきました。 
 
そして、昭和63年7月の中元期、松坂屋銀座店にて、実験的な販売をさせていただいたのです。 
これが、地酒VANサービスの、事実上のスタートとなりました。 
 
その後、「白川郷にごり酒」誕生から30年、地酒VANサービス立ち上げから20年が経過しました。 
それぞれ、時代と共に変化してきましたが、あの時のご恩は、未だに忘れることができません。 
 
今回の両社の統合が、是非ともいい結果に繋がりますよう、陰ながら応援している次第です。