地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

第1号仕込み

夏の間に実施した建物の修理や機械の保守点検が終わり、社員達にも、いよいよ始まるという思いが高まってきた様子です。 
 
そして今週、今酒造年度の第1号の仕込が始まりました。 
三輪酒造では、これから来年6月までという永い間、仕込が続くことになります。
 
来月19日に南部杜氏が蔵入りするまでは、製造部長を中心とした社員の手により、1週間に1本半のペースで仕込み、順調にいけば、今月中には1本目の新酒が出来上がる予定で、『白川郷純米にごり 出来たて』として販売が可能となります。 
 
また、来週からは、白川郷にごり酒拡売のための「白川郷秋期キャンペーン」が
始まります。 
10月に入れば、需要期に向けて、益々慌しい日が続くことでしょう。 
 
清酒業界全体の流れとしては、まだまだ売れ行きが芳しくないようですが、弊社
の『白川郷純米にごり酒』は順調に売上を伸ばしており、本当にありがたいこと
です。 
 
先日来、時々話をしている『冷凍にごり酒』についても、いくつかの得意先様から、扱ってみたいというお話をいただく機会が増えました。
2本目以降の仕込みではその一部を冷凍し、いつでも出来たての味を味わってい
ただけるように準備しております。 
 
私は、『白川郷 冷凍にごり酒』を、密かに「酒スウィート」と名づけ、他にはないその味わいを自画自賛しています。
 
ご興味がおありの方は、三輪酒造もしくは地酒屋のサイトをご覧頂いて、一度お
試し下さい。 
 
株式会社三輪酒造
日本銘醸会地酒屋