地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

ひやおろし

業界では最近、9月9日を「ひやおろし解禁日」として、売り出そうという動きがあるようです。 
 
以前から、10月1日の「日本酒の日」、2月の「しぼりたて」など、色々なチャレンジをしていますが、実際には、なかなか定着をしていません。 
しかし、どんな事でもコツコツと続けることが大切であると思います。 
 
「ひやおろし」の意味はよく分かりませんが、蔵内で夏を越したお酒を、涼しくなった頃に壜に詰めて出荷する商品を指して言われてきたものではないかと思います。 
 
「秋あがり」という言葉もありますが、これはすべてのお酒にあてはまる訳ではなく、冬に仕込まれて半年ほど貯蔵されたものの中で、秋になって味がのって美味しくなったものを、「秋あがりの酒」と呼んでいました。 
逆に、夏を越して旨味がなくなった酒は「秋落ちした」という言い方をしたものです。  
 
最近は冷蔵で貯蔵される酒も多くなり、昔と比べ、熟成のスピードがゆっくりしています。 
そのお酒にとって、どの時期が一番良い味になっているのかという的確な見極めをし、商品として完成させる... 
それは、蔵元にとって、利き酒の能力を大いに試されるところであり、お酒は生き物である実感するのは、正にこんな時ではないかと思います。 
 
吟醸酒の類の中には、特に秋あがりをする酒が多く含まれます。  
また、大吟醸のようなお酒は、一年ほど貯蔵した後、上手く濾過をして商品にすると、本当に美味しく飲んでいただけます。 
 
一年を通して、いろいろな変化をする日本酒を、是非じっくり味わってください。