地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|

つくつくぼうし

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、朝晩はめっきり涼しくなりました。 
ふっと気が付くと、つくつくぼうしや鈴虫といった秋の虫の声が聞こえてきます。 
 
この時期、お酒を飲むシーンでも、冷酒だけではなく、熱燗を飲む人が少しずつ増えていることと思います。 
 
先日、税連協(税務連絡協議会)の会合の中で、日本酒で乾杯していただく様、税務署長や法人会長にお願いしました。 
日本酒がおいしいということは皆さんよくご存知なのですが、どうも飲み過ぎるとか、車があるとか、色々な理由で飲まれないことが多くなっています。 
 
暑い時に、冷えたビールを飲むのは私も大好きです。 
しかし、一杯目のビールの後に、他の酒、特に日本酒に変えるという方が非常に少なくなってしまいました。 
 
初めから全て日本酒で、とは言いませんが、料理によって、場面によって、アルコールの酒類変えるという趣を楽しむことを、もっと多くの方に知ってもらいたいと思います。 
 
日本の四季は情緒があり、また、本当にありがたいものです。 
 
日本という国はそういう点において、とても豊かな感情を持つ国であったはずなのですが、どうも最近の日本人は、情緒ということを理解できる人が少なくなってきたのではないかと寂しく思っています。 
 
せっかくの楽しい酒の席なのですから、四季折々の料理、和洋中といった料理、様々な場面ごとに、その飲み方にも変化をもたせてほしいものです。