地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

停電

先週金曜日の朝7時頃、私の自宅のブザーが鳴り製造部長が「社長、ボイラーが止まって蒸しが出来ません」と言って血相を変えて飛んできました。 
早速蔵へ行ってみるとまったく電気がきておらず会社が停電となっていました。 
すぐに電気屋さんの社長に電話をして来てもらったのですが、なんと変圧機の大元のヒューズがとんでいました。 
酒蔵の作業はこの時期毎朝5時過ぎてから始まっており、7時頃には釜に蒸気が入って米を蒸す作業が始まります。 
その工程で停電したのですから蔵内は大騒ぎです。 
すぐに原因を調べてもらったのですがなかなか原因がわからず、とりあえず動力だけ送電してもらい、電灯線はストップしたままにしました。 
仕込みについては2時間遅れてなんとか終わらせましたが、会社内が停電している為、電話やパソコン、FAXが作動せず、お得意様から携帯電話の問い合わせが相次ぎました。 
結局、配電盤の中にあるコンデンサーの老化が原因であったようですぐに新しいものと取替え午後2時過ぎに完全復旧しました。 
電気がないことの不便さを思い知らされました。 
日頃はあたりまえのように利用させてもらっている電気やガスですが、いざ使えなくなった場合はまったくお手上げであることを痛感し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。 
事故はいつ起きるか分かりませんが、万が一の場合の備えについてはいつも心がける必要があるようです。 

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ