地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

桜島噴火

 先週9〜10日と商用で鹿児島へ行ってきました。 
 9日の3時頃ホテルについてしばらくしてから、ホテルの玄関から桜島を眺めてみると、まっすぐに空に向かって噴煙が立ち上っているのが眺められました。 
 他のお客様と会話をしながら携帯のカメラで写真を撮りました。 
 後で分かったのですが、爆発したのが330分頃だったのですが、私がシャッターを切ったのは36分でした。 
 9年ぶりの噴火だったそうです。 
 
 
 
 
 
 その時はすっかり晴れわたっていましたので、そのまま4時から始まった会議に出席し、会議終了後に再度表を見た時は鹿児島市内は一面真っ黒で先程までホテルの前に止まっていたタクシーはピカピカであったのがどれも灰をかぶって真っ白になっていました。 
 ホテルの人が、今夜街を歩かれるときは傘を持っていかれたほうがいいですよと言われました。 
 以前から鹿児島の人々はたえず桜島の噴煙に悩まされているという話は聞いていましたが、それを目の当たりにして事の大変さに驚かされました。 
 雪国の人々の除雪の大変さはよく知っていますが、火山灰が降ったときの状況はなかなか味わうことの出来ないことだと思います。 
 自然の力は計り知れないものがありますが、私達の地域は永年水の脅威にたえず脅かされてきました。 
それぞれの地方でいろいろな自然災害があります。 
 私達人間は多くの自然の恩恵を受けて生活していますが、時々災害にも遭います。 
 それ等の自然の力と向き合いながら日々暮らしていきたいと思います。 

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ