地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

google(グーグル)

 昨日の日経新聞の一面に「グーグル創業者の覚悟」という記事が掲載されていました。 
 近年、IT業界においては、ヤフー、マイクロソフトといった大企業が出現しましたが、ここにきてグーグルの存在が大きくなっています。 
 グーグルは2人の天才創業者によって2004年に創立されてましたが、彼らはそれまでの常識を破って、誰もが参加できるコンピュータネットワークの社会を実現させ、人間の行動様式を変えていこうという、とてつもない理想の元に、検索エンジンとしてのグーグルを基本として、今も進化し続けています。 
 我々企業人は、事業は何の為にあるかということをいつも考えながら会社経営を行っています。 
 もちろん、利益を追求するというのは当然のことでしょうが、それとはまったく違う次元で、社会の為になるかどうかは大切な要素の一つだと思います。 
 しかし、グーグルの2人の創業者は、もっと大きくコンピュータネットワークを使って社会を変えようという、大きな理想に向かって突き進んでいます。 
 グーグルの世界に集まるエンジニア達は、その理念に共感して、世界中からグーグルのネット社会に参加しています。 
 私は、この20年間、コンピュータのネットワーク社会の進化を間近にみてきました。 
 IT革命と言われて久しいのですが、ようやくその革命が完了する日が近づいているように思います。 
 人間の知恵は際限なく進化しますが、そこには欲得がついてまわります。 
 会社経営においても、どうしても利益中心主義にならざるを得ません。 
 しかし、グーグルのようなとてつもない理想は、無理にしても自分たちが是非とも実現したいという目標は、もっと地域の為、社会の為になるような事に向かって努力することも大切なように思います。 
 甘いと言われるかもしれませんが、人間の一生なんていうのは、本当に短いものです。 
 残されたわずかな人生を、社会の為に何かお役に立てるという気持ちを忘れないで今後頑も張りたいと思う今日この頃です。 
 

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ