地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

酒税

私達が製造している商品には酒税がかかっています。

先週一週間、名古屋国税局から4名の方が調査にこられ、いろいろとチェックして頂きました。

お陰様で大きな問題はなく調査は終わりましたが、社内は一週間落ち着かない様子でした。

 

日頃から帳簿等の管理や、商品管理について気を付ける様に言っているのですが、忙しさの中でついついおろそかになってしまうものが常です。

おおよそ3年に1度の調査が行われますが、いつ調べられても大丈夫なように努力してもらいたいと思います。
私達酒類製造業者は、昔から国の定める酒税を商品代金に上乗せしてお客様に販売し、その酒税分を一度お預かりする形で、国税局に納付する役目を負っています。

感覚的には、税務署の仕事の一部をお手伝いしているという感じで、普通の人が考える税務署とは少し違ったイメージでお付き合いをしています。

税務署の酒税課の方々とも、監督官庁というよりも、仲間のような雰囲気があり、以外と気楽なお付き合いをしています。

その代わり税金という公金を扱うわけですから、その 分他の商品と比べて非常に厳しい在庫管理が求められます。

酒税は現在、蔵出し課税となっており、会社から出荷された段階で税金がかかりますが、製造された商品すべてが税の対象となる為、蔵内の商品についても同様に厳しい在庫管理が義務づけられています。

今回の調査で指摘を受けた点について改善をし、今後の社内管理をより厳格にできるよう指導していきたいと思っています。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ