地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

お知らせ|地酒道楽雑記|

魂の酒、秘伝の技 『プロフェッショナル 仕事の流儀』

波瀬正吉氏(『開運』静岡県大東町・土井酒造場 )、三盃幸一氏(『満寿泉』富山市・桝田酒造店 )、中三郎氏(『天狗舞』石川県松任市・車多酒造 )と並び、能登四大杜氏として知られる、農口尚彦氏(『常きげん』石川県加賀市・鹿野酒造 )が、NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演されます。

大河ドラマはもちろん、紅白歌合戦すら観ないほどNHK嫌いのボクですが、これだけは見逃しちゃいけないな…とあせあせ

放送は、来週9日火曜日22時から。是非ご覧あれ。 



『プロフェッショナル 仕事の流儀』 第139
NHK総合 39日(火)22:0022:50放送予定 
 
魂の酒、秘伝の技 〜杜氏・農口尚彦〜

日本酒造りの世界で広く尊敬を集める杜氏(とうじ)がいる。農口尚彦、77歳。16歳でこの道に入って61年、酒文化の発展に尽くした功績を評価され、現代の名工、黄綬褒章(おうじゅほうしょう)を受章。全国新酒鑑評会での金賞受賞は、11年連続を含む25回。「日本酒の神」の異名も取るカリスマ職人だ。

農口が目指すのは、米のうまみを濃厚に感じさせながらも、のど越しの切れが良く、いくらでも杯が進む日本酒造り。そのため、常に米の手触り、温度、味、香りに神経を研ぎ澄ませ、米の状態に合わせたち密な仕事を心がける。米に含まれる水の量を調整するため、米を洗う時間を秒単位で調整するほどだ。一日中、深夜もいとわず米をかみ続けてきたため、次第に歯が溶け、42歳で総入れ歯となった。それでも「米は毎年変わる。この年になっても、米がわかったとは、とても言えない」と、今も謙虚に米と向き合い続ける。

77歳となった農口は、今年が最後かもしれないという思いを抱いて、大吟醸造りに挑んだ。だが昨年の異常気象で米が極めて硬く、悪戦苦闘を強いられる。それでも農口は、最後まで最高の酒を造りたいと、これまで培ってきたあらゆる職人技を尽くして挑み続ける。極寒の北陸で繰り広げられる大吟醸造りに密着。あらゆる労苦をいとわない、ひたむきな職人の姿を描く。

過去の記事

お知らせ
地酒道楽雑記