地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

地酒太平記

地酒道楽では現在、「地酒太平記」という企画を立案中です。
なかなかトンネルから抜け出せない地酒業界を、なんとか少し違った角度から攻めてみようという事で、昨年から、いろんな方の意見を聞きながら練り上げています。

昨年の事業説明会において、酒蔵探訪ラリーをやってはどうかという提案があり、計画することになりました。
消費者の方々に、日本全国にある地酒道楽会員の酒蔵を順に訪ねながらシールを集めてもらい、応募して頂くというところが最終目標です。
しかし、これでは多くの方に参加頂くのは難しいのではないかということで、お酒にシールを付け、何種類を集めて頂くことで応募が出来るようにと、ハードルを下げました。
又、この企画にゲーム性を持たせる為に、酒蔵の戦国時代を演出します。
各地の酒蔵をお城に見立て、その酒蔵を酒匠と位置づけた蔵取りゲームを、携帯端末で行えるような事を考えています。
バーチャルとリアルを組み合わせた感じにして、これまで日本酒に興味のなかった若い人にも関心をもってもらうような企画にしたいと思います。
世の中は、インターネットを使った様々なハードやソフトが、日々新たに生み出されています。
私達のような伝統産業も、この新しい流れになんとか乗っていかなければ、益々、世の中から取り残されてしまいます。
酒造りの伝統を守りつつ、新しいチャンネルに向けて商品や蔵をアピール出来る事を期待しながら、「地酒太平記」なる新企画が新たな地酒ファンを掘り起こしてくれたらと思っています。

コメント (1)

なお:

こんにちは。

なかなか時間に余裕のある人もすくないので、
さすがに各地に出向いて楽しめるのは一部の人になってしまいますよね。

シールは集めやすく応募もかんたんでいいですね。
でも かなり時間かかりそうで、面倒な私には向かないかもしれません。(もともとポイントカードとかすら面倒なタイプなもんで・・)

携帯ゲームはとても興味を持ちました。
詳しくしりたいですね。

妄想・・
ハイスペックな人と取り合うゲームももいいけれど、
すぐれたゲームがたくさんあるので、
私などはシールあつめのかわりに、
(シールもしくはその他の部分にナンバーがあり、
それをいれるとその蔵は制覇でき、自分が制覇したものがわかりやすい映像になっていて、
全部制覇すると、応募をそのサイトもしくはメールから可能だといいなあ なんて思います。
かなりのゲームでないと人と蔵取りもたのしいものは難しいですし、だれかが敗北するのでは面白くなく、(目的からいくと?)
ラリー要素がたかくて個人がマイペースでとれていくほうがたのしいかもしれませんね。
ゲームに参加する人がお酒を飲む人に結びつかなくてはいけませんものね。
ひとつ制覇したり、飲みたくなったとき、よいタイミングで次にすぐ観れるページにすぐいけたり、
コメントがでたりするとたのしいですね・・・)
欲をいえば(予算もあるでしょうし、すでにできあがっていたら関係ありませんが、制覇した時に感想やコメントを任意でいれてもらえたら参考になりますね。)

と詳細もわからず、妄想がつづく なおでした。
失礼いたしました。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ