地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

吟醸造り

年初めより本格的な吟醸造りが始まり、それぞれのもろみが順調に醗酵しています。

お陰様で毎日寒い日が続き酒造りにとっては大変良い環境で推移しています。
指導に来られた先生方も、今の所きれいに出来ているようだと指摘をうけました。
これから1ヶ月余り、鑑評会への出品までの間が杜氏達にとっては一番緊張する時期です。
どこで手を抜いてもそれが結果として製品にあらわれるので、吟醸造りは毎日が勝負となるようです。
弊社の地方では先月から雪が降りそうで降らずにいてくれ、大変助かっていますが、昨日、
秋田の浅舞酒造さんのブログを拝見していたら、著者のごんべーさんが、「もう雪はいりません。」と書いておられました。
長岡のお福酒造さんの専務さんに電話でお尋ねしたところ、「屋根まで雪があってもうなんともなりません。」という答えが帰ってきました。
本当に大変だと思います。
私なんかは一日雪どけをしただけで参ってしまいますが、これが連日となればどんな状態であるかは何となく想像がつきます。
昔から雪国育ちの方は辛抱強い理由がよく分かります。
どちらにしても、各蔵でいいお酒が出来て、早く暖かい春が来ることを待ちましょう。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ