地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

大村益次郎(村田蔵六)

最近、司馬遼太郎の「花神」という作品を読みました。
日本の幕末には、西郷隆盛や坂本竜馬を始め、誰もが知っている英雄が数多くいます。
しかし、「花神」を詠み進めるうちに、主人公である村田蔵六ほど、まったく目立たずに、日本の明治維新に大きな役割を果たした人はいないのではないかと思うようになりました。

人間は概して、華々しく活躍して死んでいった人を英雄扱いしますが、ずっと脇役にいながら、世の中の為に尽くした人がいかに多いかと痛感します。
確かに、人間の生き様は、本人が自覚するかどうかは別として、後世の人によるそれぞれの人の評価によって決められる事が多いのですが、生存中、変わり者扱いされたような人ほど、後になってあの人は素晴らしい人であった、ということが住々にあります。
司馬遼太郎は、作家としていろいろな人を書いています。
読んでいく内に、本当にそうであったのではないか、と思わせるようにも書かれています。
実際には作者の推理が多分に盛り込まれており、本当にうまい書き方をするものだといつも感心します。
司馬遼太郎の幕末の作品をいくつか読んでいる内に、大垣藩で活躍し、弊社にとって大切な人である小原鉄心が、大垣藩を大政奉還させたことが、果たして良かったのかどうかについて最近考えるようになりました。
当時の大垣藩は、徳川方の最前線に位置し、藩長に対峙していました。
世の中の流れとして、率先して寝返りをする必要があったのか、流れに任せておいた方が良かったのではないかと考えるのはおかしいでしょうか。
大垣藩が大政奉還をした為に、その後、東海道の各藩は右へ習えと動き、最終的には、江戸城の無血開城まで行くことになりました。
歴史に「たら・れば」ということはないのですが、村田蔵六がいなかったら・・・、という事も、今となっては確も知るよしのないことです。
しかし、陽の当たらない所で活躍している人がたくさんいる事は、今も昔も変わらない事実だと思います。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ