地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

残暑御見舞

残暑御見舞申し上げます。

少しずつ秋の気配が感じられるようになってきました。
しかし、まだまだ暑い日が多く、我々日本酒業界にとって、はもう暫く辛抱しなければならないようです。

最近、市議会議員の先生方から「大垣の地酒を飲める店を支援する会」という組織を作ろうとお話を頂きました。
本来であれば、酒造組合からお願いしなければならない事であり、大変有り難く思っています。
私達の街「大垣」は、日本の真ん中に位置し、東西の拠点として、いつの時代も様々な影響を受けてきました。
地域の人間性をみると、東を見たり、西を見たりと、絶えず強いと思われる方になびくという特性があります。
そのため、昔から、自分達の意見をはっきりと言う人が少なく、長いものに捲かれよう的な人が多く住んでいます。
また、経済的にも、地域だけで生きる事が難しく、外に出て商売をする事になります。
地元を愛する気持ちが今一つの低いが故に、言葉や食といった文化面に目を向けても、東西両方の文化が混在した形となっています。
昔から東西交流が激しく、関ヶ原を基点として、東海道、中仙道、北国街道、伊勢街道と、すべての方面に向かう事が出来る地点でした。
現在でも、交通網は大変便利であり、外からの流入も激しくなります。
しかし、最近ようやく地元の物を愛する感覚の人が増えてきました。
今回の「大垣の地酒を飲める店を支援する会」が発展するよう一生懸命努力したいと思っています。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ