地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

山口国体

910日〜12日の3日間、山口県山口市に於いて開催されている、山口国体水泳競技の大会に岐阜県水泳連盟の役員として参加してきました。

来年はいよいよ岐阜国体ということで、選手団50名とは別に岐阜県、岐阜市、大垣市から多数のメンバーが視察をかねて山口の会場に集まっていました。
国体は今年で66回目を迎え、山口県も、岐阜県も2回目の開催となります。
山口県では10月の本大会を控えて、各地で道路工事が進んでおり、新しい道が出来ていました。
会場となったきらら博記念公園には、新しいプールも造られ、素晴らしい環境で連日熱戦が展開されています。
残念ながら、岐阜県は財政が厳しいということで、新たな施設はほとんど出来なかったのですが、屋根のないプールでの開催となる為に、先週のように台風がくれば、大変な事になりそうです。
来年は大会開催中、何とか天気が良いことを願っています。
山口県もそうですが、全国のそれぞれの県はいろいろなイベントを誘致して、全国から人を呼ぶ努力をしており、国体もその一つをなっています。
しかし、そろそろそういった方法も限界に来ているように感じます。
日本水泳連盟主催の全国役員懇談会の席上でも、今後は県単位の開催ではなく、ブロック単位の開催でもよいのではないかという意見もありました。
国で議論されている、道州制のあり方も含めて行政改革が待たれる所です。
戦後70年近くになり、様々な分野で制度疲労を起こしているような気がします。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ