地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

新酒

いよいよ本格的な酒造期に入り、全国の酒蔵で酒造りが始まりました。
弊社では、今年も、早々と9月中旬より「白川郷純米にごり酒」の仕込みを始め、既に、タンク30本程の新酒が出来上がっています。
今月初めから、『白川郷純米にごり酒 新酒』または『純米にごり酒白川郷 出来たて』として出荷しています。

以前は、春までに造ったお酒を、11月末まで使用していましたが、夏を過ぎるとタンク内の原酒に色が出てくるため、秋に出荷する商品は、どうしても黄色っぽくなってしまいました。
本来、日本酒には色があるものですが、一般的に市場に流通しているいわゆる清酒の場合、炭を入れて濾過をし、無色透明に近づけています。
しかし、「白川郷純米にごり酒」は、一切の濾過をせず、醸造後、貯蔵したままの状態で商品化するため、夏を越えたものは、どうしても色がついてしまったのです。
そこで、10年ほど前より、常に、できる限りフレッシュなものを召し上がっていただけるようにと、気温の関係でどうしても醸造に向かない7・8月の二ヶ月間のみ休造し、9月中旬から翌6月末まで仕込みを続けるようにしています。
おかげさまで、今では、年間を通じて、比較的安定した味や色の商品をお届けできるようになりました。
今年度からは、永年、岩手から来ていただいていた南部杜氏さんをお断りし、社員だけで製造します。
これからも、美味しい商品をお届けすることができるよう、社員一丸となり頑張っていきたいと思います。

 

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ