地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

シンガポール

2021日の両日、シンガポールで開催された岐阜県主催の飛騨牛並びに地酒フェアに参加してきました。

昨年の香港に続いての東南アジアへの出張でしたが、どちらの国も国際的な交流拠点として非常に賑わっています。
今回、往復の飛行機はすべて満席であり、尚且つ、乗客の半数以上は、シンガポールを経由し様々な国へ向かう人のようです。
シンガポールは世界中のあらゆる文化が融合している国で、東京を小さくしたような雰囲気を感じました。
日本製品もあらゆる物が輸入されており、たまたま見学させて頂いた所が高島屋や伊勢丹等、日本の店であった事もありますが、日本人が生活をしても、まったく不自由しないだろうと思います。
アルコールに関していえば、ワイン中心の文化圏とはいえ、たくさんの日本酒も入っており、様々なお酒が売れているようです。
お陰様で弊社の「白川郷 純米 にごり酒」は、10年程前より、日本酒類販売様を通じて、シンガポールの酒販店である誠屋様にお世話になっており、今回、ようやくご挨拶する事が出来ました。
消費者にとって、にごり酒にはまだ違和感があるようでしたが、すすめると「おいしい。」といって飲んで頂けたので、これから試飲会等を開催し地道に売っていけば、面白い売り場になりそうです。
今回もつくづく感じましたが、世界が小さくなっていて、日本という国だけでは何ともならないという事をしみじみ感じさせられました。
シンガポールのタクシーは、この数年で8割近くが韓国のヒュンダイ車に変わったそうで、他の業界も、いろいろ競争が激しくなっているようです。
私たちの日本酒業界も、グローバルな社会にどのように対応していくのか真剣に考えなければいけないのではないでしょうか。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ