地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

水都まつり

今週2日から5日にかけて、大垣市の中心街で『水都まつり』が開催されます。

大垣市は昔から自噴水が豊富で、市民の生活の中に、ごく当たり前に水があふれている風景が見られ、また、その水は、地元産業にも多く利用されてきました。
戦前・戦後には、日本の七大紡績会社がこの地に進出し、そこで働く多くの女工さん達で、街中、大賑わいでしたが、繊維産業の衰退と共に、一時は、街の活力が失われていました。
その後、新たに自動車産業やIT産業が起きて、現在の産業都市大垣を形成していくことになるのですが、反面、市民の水への思いは、徐々に薄らいでいきました。
しかし、近年、大垣の水の良さを聞きつけ、遠くからわざわざ自噴水を汲みにくる人が増えたり、改めて井戸を掘るなど、水に感謝しようという気持ちが再び強くなってきたように思います。
特に最近では、大垣独特の和菓子である「水まんじゅう」が大変な人気となっています。
この時期、市内の和菓子屋さんでは、店頭に造られた屋形に井戸水をどんどん流し、そこに浮かべられた涼しそうな水まんじゅうを買い求めるお客様が行列を作っている様子が見られます。
この水まんじゅうは、常に12〜13度で保たれている大垣の地下水と一緒に食べるのがとても美味しく、他の地域では見かけることはないのではないかと思います。
水都まつり』は、大垣に湧き出でる豊富な地下水に感謝するお祭りであり、期間中、多くの催し物が街中で繰り広げられ、浴衣がけの人々で賑わいます。
また、奥の細道むすびの地記念館一帯では、たらい舟による川遊び、映画上映、コンサートなど、夏の暑さを忘れる涼やかで楽しいイベント『むすびの地納涼まつり』が行われています。
この機会に、大垣へ来ていただき、美味しい水をお試しください。

 

 



過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ