地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

年末のご挨拶

いよいよ今年も終わろうとしています。
今年一年いろいろお世話になりました。来年も何卒よろしくお願い致します。

今年印象に残った事は、何と言っても、4月に奥の細道結びの地記念館がオープンした事です。
永年の夢であった大垣の街における観光の拠点が出来た事は、私は元より、市民にとっても素晴らしい事だと思います。
オープンしてからは。各方面から多くの方が訪れていますが、来年以降、もっと大垣の街に来て頂ける人を増やす努力をしていきたいと考えています。
その為には行政に任せておくだけではなく、意識のある人達に呼びかけて、次なる政策を提案し、実行していかなければなりません。
街づくりは息の長い仕事であり、多くの人達の力が結集して始めてな試しうる事ではないかと思います。
もう一つ忘れてならないのは、ぎふ清流国体の成功ではないでしょうか。
最終的には、天皇杯、皇后杯の獲得をいう結果で終わりましたが、それまでの道のりはそれぞれの競技団体や県、市町の努力が実ったものと確信します。
私は大垣市で開催された水球競技を担当し、お陰様で無事結果を残す事が出来ました。
先日の水泳連盟の総会において、今年度をもって会長職を辞する事を伝えました。
永年私を支えて下さった関係者の方々に深く感謝申し上げる次第です。
会社の方は相変わらず厳しい業界の中での事業運営となっていますが、徐々に専務中心の組織になる様流れを作っており、何とか上手くバトンタッチが出来るように願っています。
専務も今年一年、大垣JCの理事長を務めながらの業務でしたので、さぞや大変な一年であったと思いますが、この経験は、必ず後々役に立つことと信じています。
私も同じような状況で一杯一杯仕事をしていた時期もありましたが、今となってはいい思い出です。
昔から、「男40にして惑わず」という言葉があるように、一番力の発揮できる年齢ではないかと思います。
来年以降も、二人三脚で会社の為、地域の為に頑張ってまいりますので、何卒変わらずご支援下さいます様お願いします。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ