地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

新酒鑑評会

全国の酒蔵では今年度の仕込みはほとんど終了しています。
しかし、弊社の仕込みはまだ続いており、この連休後に10本程残っています。

十数年前より、何とか社員だけで仕込が出来るように努力して来ましたが、白川郷にごり酒については何とか可能となっていました。
しかし、吟醸については何となく心配で岩手から杜氏さんに一人きてもらっていましたが、昨年より思い切って社員に任せる事にしました。
今年は2年目で、特に若い社員を杜氏として頑張ってもらっています。
大吟醸はたった1本の仕込みでしたが、先日の岐阜県新酒鑑評会において入賞しました。
同じく昨年から、国税庁鑑定官室のOBとなられた先生を顧問にお迎えして、毎週お酒をみてもらっていますが、先生の評価によれば、くせのないお酒が出来ているので現在審査が行われている全国の新酒鑑評会においてもぎりぎり入賞ラインにあるのではないかという事です。
まだまだ杜氏として始まったばかりですので、じっくりと見ていこうとおっしゃって頂いています。
酒造りの技は奥の深いものがあり、これまで蔵へ来てくれた杜氏達も皆、異口同音に毎年勉強ですと言っていました。
吟醸造りだけが、酒造りではありませんが、全国の杜氏さん達が自分達の技術を結集して造り出したお酒の品評会において、入賞する事はこの上ない誉れであると思います。
ますますの努力を期待します。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ