地酒道楽 JIZAKE-VAN SERVICE 400銘柄以上の地酒を皆様にお届けします

社長ぶろぐ|お知らせ|

組合事業

来月に開催される「西濃酒造組合」と「岐阜県酒造組合連合会」の総会に先立ち、それぞれ理事会が開かれました。

組合事業は、各蔵元にとって、普段からお世話になっているという感覚はあるものの、そこで何かをやってもらいたいという期待が薄く、これまで、これといった改革も出来ずに今日に至っています。
私の父が連合会長をしていた時代には、西濃酒造組合の中で青年会を立ち上げたり、連合会とは別に、岐阜県銘醸会を作り、いろいろな活動をしました。
地酒VANサービスを創業したのは、ぎふ銘醸会を全国組織にし、地酒振興を図るのが目的でもありました。
当時、まだまだ働き盛りの30代、40代の若さで、自分ながらよく頑張ったと思います。
近年は、日本酒の販売不振もあり、それぞれの蔵元にも余裕がなくなってきて、組合活動や地酒振興といった自社以外のことに時間を費やすことの出来る人が非常に少なくなりました。
酒造業界だけではなく、世の中全体の風潮かもしれませんが、大変さびしい限りです。
企業人として、自分の会社を成長させるために努力することは当然ですが、それ以外に、地域や業界のために様々な協力をするのも大切だと常に考えています。
これから残り少なくなった人生において、何か社会にお返しすることが私に与えられた時間だと思います。
今後も、焦らず、騒がす、自分の出来る範囲で頑張っていくつもりです。

過去の記事

社長ぶろぐ
お知らせ